人気ブログランキング |
ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクロスオーバー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

2月は、平年よりも暖かい日が多かったので、今年は桜の開花も早いだろうと期待していましたが、3月に入ると雨が多く荒れた天気の日が続きました。
雨が止んだ後は、かならず風が強くなり福岡の海岸はサーフィンも出来ないほど大荒れでした。

波をぶらして撮るためにスローシャッターにしましたが、頑強な三脚を使ってもカメラがしっかり固定できずに、少しカメラブレを起こしています。

一枚目の写真は、志賀島の「海の中道」です。
まるで砂嵐のような天気で、車に海水が飛んできたので帰りにコイン洗車場で車を洗って帰りました。

一方、お彼岸は一転して気温が上がり4月中旬並みの暖かさとなりました。
おかげで、福岡市は全国で二番目に早い桜の「開花宣言」となりました。
e0093903_20371720.jpg

e0093903_20362529.jpg
e0093903_20361760.jpg
e0093903_20360980.jpg
e0093903_20364080.jpg





# by j-machj | 2019-03-22 20:44 | | Trackback | Comments(2)
今年も、菜の花を求めて平成筑豊鉄道へ行ってきました。
平成筑豊鉄道は、沿線に菜の花が咲いているところが多くありますが、今年は豊津~今川河童駅付近が最も早く菜の花が咲きまたした。
この区間は、数キロにわたって線路の両脇に菜の花が咲いています。

平成筑豊鉄道は、全ての車両の色が違うのが魅力的です。
どの車両もカラフルで、菜の花とよくマッチします。
e0093903_17225906.jpg
e0093903_17202276.jpg
e0093903_17224447.jpg
e0093903_17201293.jpg
e0093903_17200384.jpg
3月21日から運行予定のはずの「ことこと列車」に出会いました。
おそらく試運転していたのだと思います。
「ことこと列車」は、「ななつ星」「或る列車」を手掛けた水戸岡鋭治氏のデザインで、3月21日から土・日・祭日に直方~行橋間を2時間30分程度かけて運行されます。
e0093903_17203508.jpg









# by j-machj | 2019-03-17 17:49 | 鉄道 | Trackback | Comments(2)
福岡市の早良区と西区の境を流れる室見川で、シロウオ漁が始まっています。
シロウオはハゼ科の魚で、春になると産卵のために川を上ってきます。
室見川では、簗(やな)という仕掛けを作り、上って来たシロウオを「ウケ」という籠で捕まえます。

潮が満ちている時は、この簗に打ち込まれた杭に、たくさんのユリカモメが羽を休めています。
ユリカモメは福岡市の鳥に指定されています。
e0093903_17463601.jpg
e0093903_17465487.jpg
室見川の河畔は公園整備されていて、ジョギングや犬の散歩をする人で賑わっています。
室見川のユリカモメは、とても人懐こく餌を与えると、このようにユリカモメや鳩がたくさん飛んできます。
e0093903_17470966.jpg
e0093903_17474633.jpg
e0093903_17461302.jpg
これがシロウオ漁をしているところです。
しかし、このシロウオ漁も存続の危機にたたされています。
現在、シロウオ組合の会員は4名まで減り、全員が70歳以上だそうです。
そう遠くない将来は、杭に留まって羽を休めるユリカモメの姿は見られなくなるかもしれません。
e0093903_17460065.jpg
2011年3月撮影
干潮と夕焼けが重なれば、このような光景が見られます。
今年も狙っていたのですが、ついにチャンスは訪れませんでした。
e0093903_17462281.jpg





# by j-machj | 2019-03-12 18:03 | 動物 | Trackback | Comments(2)
三隈川は筑後川の本流で、玖珠川をはじめ花月川や高瀬川などの多くの支流が日田市で合流して三隈川となります。
かっては、切り出された材木の輸送経路として利用されていました。
今は、下流に夜明ダムが出来て材木もトラックで運ばれるようになりましたが、今でも材木の集積地として製材所がたくさんあります。

また、鮎釣りの名所としても知られていて、毎年5月に鮎釣りが解禁となります。
「川開き」の時は、花火が上がり多くの屋形船が川に出ます。

一方、日田市は江戸時代は幕府直轄の「天領」の町として栄えたので、今でも古い町並みが多く残っています。
特に豆田町は、古い商家や造り酒屋などが並び、今では日田市屈指の観光スポットとして賑わっています。

もう一つの日田市の顔が、この三隈川の川沿いにある隈町界隈の街並みです。
昔のままの建物で残っている商店や造り醤油屋などがあり、とても趣があります。

この写真の家並み上流側には日田市の温泉街があり、下流側には亀山公園があります。
日田市の温泉に泊まったら、早起きして三隈川の川沿いを散策してみることを薦めします。
e0093903_21160488.jpg
e0093903_21161481.jpg
e0093903_21163735.jpg




# by j-machj | 2019-03-07 21:19 | 都市・町並み | Trackback | Comments(0)
志賀島の東海岸にある岩礁には、たくさんの海鵜が羽を休めている光景を目撃することがよくあります。
中には、カモメやサギもいっしょに交じって休んでいます。

本来なら、こういう動く被写体はなるべく高速シャッターで撮りますが、1枚目~3枚目は波を流して撮るために、NDフィルターを使って、シャッタースピード5秒、絞りF22で撮影しました。
スローシャッターなので、どうしても鳥がブレてしまうので、何枚も撮影してその中から比較的、鳥がブレていないものを選びました。
いずれも、目いっぱいトリミングしています。
e0093903_09365803.jpg
e0093903_09365148.jpg
e0093903_09364254.jpg
e0093903_09370914.jpg
e0093903_09371902.jpg
ついでに、岩の上にミサゴのつがいが巣を作っていました。
ミサゴは、鷹の仲間で体長は55cm~63cm、羽を広げると157cmから174cmにもなります。

3月から抱卵期に入り、4月から6月にかけて巣内で育雛期に入ります。
雌は巣の中で外敵から雛を守り、雄は雛に与える餌を探しに行きます。

哺乳類は、つがいで子育てをする動物は数パーセントしかいませんが、鳥類は90パーセントがつがいで子育てをするそうです。
それは、雛は飛べるようになるまでは自分で餌を捕ることが出来ないので、夫婦で役割分担をして子育てをするのです。
e0093903_09374012.jpg






# by j-machj | 2019-03-02 09:52 | 動物 | Trackback | Comments(0)
西鉄大牟田線の中島駅を降りると、すぐ横に矢部川にかかる鉄橋があります。
矢部川は、八女市旧矢部村の三国山を源を発し、柳川市で有明海に出ます。
ここは、有明海に注ぐ河口付近なので、有明海で漁をする漁船が、たくさん停泊しています。

ここは柳川市の最も南に位置し、駅から歩いて2分の大徳商店街では毎日朝市が行われていて有明海の採れたて海の幸や新鮮な野菜が売られています。
鉄道マニアには、ぜひともお勧めしたい撮影ポイントですが、午前中から行って朝市を楽しまれるのも良いと思います。
e0093903_20551780.jpg
e0093903_20552532.jpg
e0093903_20554827.jpg
e0093903_20553599.jpg








# by j-machj | 2019-02-25 20:58 | 鉄道 | Trackback | Comments(1)
桜滝は、JR天ヶ瀬駅から歩いて15分、車で行く場合は専用駐車場から歩いて5分で行ける、かなり交通のアクセスの良い場所にあります。
入り口から滝つぼまでの遊歩道もきちんと舗装されており、高低差もないので健脚でなくても楽に行けます。

滝の落差は25メートル、幅は15メートルで、雨の少ない時期でも水量は豊富で、どうどうとしたものです。
滝つぼへ向かう途中に、桜の木がたくさん植えてありますが、実はそれがこの滝の名に由来するものではありません。

ここの滝は、けっこう離れたところまで、水しぶきが飛んできます。
それが、風に舞う桜の花びらのようであることから、「桜滝」と命名されたそうです。
確かに、ドローンで空撮するときは、カメラが水しぶきで濡れないようにかなり気をました。
e0093903_21163333.jpg
ドローンで動画を撮影する際に、同時に5秒間隔で静止画も撮影しました。
e0093903_21164373.jpg
e0093903_21165558.jpg



# by j-machj | 2019-02-20 21:21 | 川・滝 | Trackback | Comments(2)
芥屋の海水浴場は、「日本の海水浴場88選」に選ばれています。
海水浴場にしては、透明度も高く水質が良いのが人気の理由で、夏は「海の家」がたくさん営業されています。

海水浴場の東側の海岸には、糸島市を代表する景観地「芥屋の大門」があり、西側には立石山があります。
これらの写真は、立石山登山道の途中から降りて行ける磯で撮りました。

以前は、海水浴場から簡単に行けたのですが、今はそのルートが私有地となっているので、遠回りをしなければ行けなくなりました。
海が穏やかな時は、エメラルドグリーンの海が見られるのですが、冬はいつも海が荒れて波が高いので、スローシャッターで波をブレらして撮りました。
e0093903_12331462.jpg
e0093903_12330577.jpg
e0093903_12325409.jpg
e0093903_12323473.jpg
e0093903_12332901.jpg
立石山中腹から見た、芥屋の海水浴場。
海が穏やかな時は、こんなに綺麗な色をしています。(2017年7月撮影)
e0093903_12334341.jpg

# by j-machj | 2019-02-15 12:39 | | Trackback | Comments(6)
牧ノ戸峠を後にして、やまなみハイウェイを湯布院まで走りました。
牧ノ戸峠から湯布院まで40キロありますが、そのうち15キロは圧雪路でした。
特に朝日台を過ぎたあたりから雪が深く、途中に電信柱に激突してボンネットがV字型に凹んでいる車がありました。

湯布院の町を過ぎると、やまなみハイウェイは由布岳を登って行きます。
狭霧台展望所は、その途中にあり、ここは由布岳と湯布院の町を見るビュースポットです。
湯布院の町が霧で包まれている時は、早朝に雲海を見ることもできます。
e0093903_20202166.jpg
e0093903_20210416.jpg
e0093903_20204421.jpg
e0093903_20203423.jpg




# by j-machj | 2019-02-10 20:24 | 星景写真 | Trackback | Comments(0)
今年は暖冬で、1月の下旬にやっと雪が降りました。
1月27日は、福岡市でヒョウが観測されました。
この日は、夕方から雷を伴って急激に雪が降りだし、1時間で雪が積もりましたが、みぞれ交じりの雪だったので、1時間で溶けました。

大分自動車道は、日田~別府間が雪のために通行止めになりました。
しかし、28日には雪による通行規制は解除されたので、やまなみハイウェイを牧ノ戸峠から湯布院まで走ってきました。
28日はすぐに気温が上がったので、大雪が降った割には期待したほど雪は積もっていませんでした。

一枚目と二枚目は、道路に雪が積もっていれば、道路をもっと長く入れて撮影していましたが、道路の雪が溶けていたので、道路を入れるのは最小限にしました。
これは、筋湯温泉から長者原へ通じる泉水グリンロードです。

ススキの中を走る快適な道を、長者原にむかって走っていると、突然三俣山が見えてきます。
e0093903_21050740.jpg
e0093903_21084673.jpg
長者原から見た三俣山
e0093903_21044026.jpg
牧ノ戸登山口から見た三俣山
e0093903_21045799.jpg



# by j-machj | 2019-02-05 21:15 | 雪景色 | Trackback | Comments(0)