ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクロスオーバー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

車が重大トラブルに見舞われて、入院しているので遠くへ出かけられません。
そこで電車とタイムズのカーシェアリングを組み合わせて、近場で水鏡を撮っています。

渋滞する区間は電車を利用して、目的地に最も近いカーステーションで車をチャーターしています。
この方法も、ありですね。
僕は腰痛持ちなので腰への負担が軽くなります。

写真は、福岡市西区のカントリーエレベーターです。
今年の6月は、雨が少なくてすぐに田んぼが干上がり、しかも風の強い日が多かったので悪戦苦闘していました。
桜や紅葉などの見頃時期などは、ネットで情報が得られますが、田んぼに水が入った時というのは、いちいち現地に見に行かなければなりません。

一般的に夜から早朝にかけて風が弱く、日中に風が強くなる傾向があります。
一枚目は早朝に、二枚目は夕暮れ時に撮影しました。
e0093903_20274066.jpg
e0093903_20274867.jpg



[PR]
# by j-machj | 2018-06-29 20:28 | 建造物 | Trackback | Comments(0)
平成筑豊鉄道の崎山~源じいの森駅間に紫陽花の咲いている場所を見つけました。
ここは、崎山神社のすぐ横で、線路の横に鳥居が見えています。

できれば鳥居も入れたかったのですが、横にガードレールがあります。
実は、ここは菖蒲もたくさん咲いているのですが、もうすでに終わりかけていたので、菖蒲とのコラボは来年の宿題にしました。

平成筑豊鉄道のみやこ町エリア(内田~東犀川三四郎間)は、1年を通して美しい自然が見られます。
内田駅はホームが桜並木になり、犀川~東犀川三四郎間は蓮華畑の中を列車が走ります。
しかし、今年はどちらもタイミングを逃してしまいました。
e0093903_20380199.jpg
e0093903_20381761.jpg
e0093903_20382659.jpg
e0093903_20380928.jpg
今年の6月は雨が少ないようで、どうも紫陽花の色づきがよくないように思えます。
結局、紫陽花を撮ったのはここだけでした。

今は、田んぼの水鏡を狙っていますが、いつもさざ波が立っていて完璧な水鏡は,未だに成功していません。
雨が少なくて田んぼも水が少なくなっていますが、ここ数年は降る時には一気に降るので7月に入ってからが怖いです。
e0093903_20383821.jpg



[PR]
# by j-machj | 2018-06-24 20:48 | 鉄道 | Trackback | Comments(4)
佐賀県東松浦半島の旧肥前町地区(現唐津市)は、大小多くの棚田があります。
ここは、町の大半が海に突き出した半島になっており、この「瓜ヶ坂の棚田」の特徴は棚田の中に集落があります。
棚田を俯瞰して見下ろすことが出来る道路からでは、集落の向こう側の棚田は見えないので1枚目の写真はドローンを飛ばして、静止画を撮りました。

また、動画を撮影するために集落の向こう側の棚田まで行ってみましたが、本当に海面のすぐ横まで棚田が続いていました。
あらかじめドローンを海の方へ300メートルほど飛ばして、そこからドローンが戻ってくるところを撮影しましたが、ここは海の方から見た方が絶景です。

ドローンで撮影した動画を見てみると、道路から全く見えない船着き場と神社があるのが解りました。
家に帰って、Googleの航空写真で調べてみたところ舗装された道があって、かなり回り道をすれば、なんとかそこまで行けそうです。
梅雨が明けたら、その船着き場と神社まで行ってみようと思っています。
e0093903_20561357.jpg
e0093903_20562161.jpg



[PR]
# by j-machj | 2018-06-19 20:58 | 棚田 | Trackback | Comments(2)
姫島は、玄界灘に浮かぶ周囲3.8キロ、人口180人の小さな島です。
かっては黒田藩の流刑地でもあって、幕末の女流歌人・野村望東尼(のむらぼうとうに)が流された島でもあり獄舎跡に彼女の記念碑があります。

ここは、相島ほどメジャーではありませんが、たくさんの野良猫が棲んでいます。
舟を降りると、すぐに野良猫を見つけたので途中スーパーで買ってきた餌をあけたら、どこからともなく1匹、また1匹と現れて、いつのまにか9匹になっていました。

ここの猫は、相島の猫よりは警戒心がありますが、餌がなくなってもしばらくは後ろからついて来ました。
何故か? ここの猫は、ほとんどが生後1年以内の猫のようでした。

何も無いところ(失礼)ですが、猫に癒され、高台に上がって潮風に吹かれていると、本当に「命の洗濯」になりました。
e0093903_17375921.jpg
e0093903_17385216.jpg
e0093903_17394712.jpg
e0093903_17391938.jpg
e0093903_17390686.jpg
この島に来た目的は猫よりも、このモダンな木造建築の小・中学校の校舎が見たかったからです。
現在・生徒数は9人くらいで職員の方が数が多いそうです。
e0093903_17383974.jpg
e0093903_17381700.jpg
姫島に渡るには、岐志港からフェリーに乗ります。
行きを11時50分のフェリーに乗れば、姫島を廻るには帰りは14時20分に乗ってちょうどいいくらいの時間です。
http://www.city.itoshima.lg.jp/s006/010/020/020/090/tosen.html
e0093903_17400194.jpg

[PR]
# by j-machj | 2018-06-14 18:01 | 動物 | Trackback | Comments(4)
2年ぶりに、福岡県鞍手町の八剱神社へヒメボタルを見に行ってきました。
ここは、もはやカメラマンのためのホタル観賞スポットですね。

ヒメボタルが光り始めるのは19時50分頃からですが、その1時間以上前からホタルの光るスポットには、三脚がずらりと並んでいます。
何故ならば、明るいうちに構図を決めてピントを合わせておかないと、ホタルが光り始めてからでは何も見えないからです。

ヒメボタルの場合は、飛ぶというよりも光ると表現した方が適切です。
飛んでいるホタルもいるのですが、点滅するスピードが速いので移動している様子は解りにくいです。
まるで、暗闇の中に無数のフラッシュが点滅しているように見えます。
実際は、真っ暗で木や茂みは全く見えていないのですが、ISO感度を12800まで上げることで、辛うじて背景が写っています。

僕は、ホタルを撮る時はなるべく空を入れないようにしています。
ホタルの光を写すくらいISO感度を上げると空が薄明るくなって、不自然な写真になるからです。

今年は、玉ボケがもっと写ることを期待して出かけたのですが、あまり玉ボケは写りませんでした。
ヒメボタルの光が玉ボケになるためには、レンズの30cmくらい前をホタルが飛んでくれなければなりません。
e0093903_20440334.jpg
e0093903_20443457.jpg

[PR]
# by j-machj | 2018-06-09 20:47 | 動物 | Trackback | Comments(4)
2年ぶりに石釜地区のホタルを見に行ってきました。
今年は、あらゆる花の見頃が早かったようですが、ホタルが飛び始めるのも早かったようです。
福岡市の都心から15キロ程度の距離でホタルが見られるというというのも意外ですが、ここは地域の人がホタルが生育できる環境を大事に守っているからです。

ここは、有名豆腐店が2件あり、他にも蕎麦屋さんなどがあるので元々水質は良いのでしょう。
ホタルが生育できる条件としてはカワニナが生育していて、なおかつホタルの幼虫が棲みやすい条件でなくてはなりません。

ここは、都会に近いとあってホタル鑑賞に来る人はたくさんいますが、駐車場はありません。
今年は、今週が見ごろのようですが6月9日(土)と6月10日(日)に西鉄バスが、ホタルの鑑賞スポットへ臨時バスを運行します。

ホタルの鑑賞スポットでは懐中電灯は照らせませんが、ここは都会に近いので比較的明るくて足元はうっすらと見えています。
ちなみに鞍手でヒメボタルを撮る時はiso感度を12800に設定して撮りましたが、これらの写真は全てiso感度800で、絞りf4、シャッタースピードは30秒です。
e0093903_11034386.jpg
e0093903_11032892.jpg
e0093903_11031690.jpg

[PR]
# by j-machj | 2018-06-05 11:08 | 動物 | Trackback | Comments(2)
これらの写真は、4月末から5月末に撮影したものです。

糸島市は、春から初夏にかけては麦を、初夏から秋にかけては米を植える農家が多いです。
糸島市では、旧二丈町と可也山付近に広大な田園地帯が広がっています。

麦と稲穂では、風に揺られる光景は麦の方が美しいですね。
4月は比較的、風の強い日が多く、秋になると風は穏やかになる傾向があります。
風に揺られる麦を表現するなら、動画の方が効果的だと思って動画も撮影しました。

そろそろ麦の刈り取りが終わり、やがて水が張られて田植えが始まります。
しかし、水は1つずつ田んぼに張られて、すぐに田植えが始まります。
田んぼに張られたときに、この場所で水鏡に映る星空や列車を狙っていますが、雨の多い時期でもあるのでそのタイミングは難しいです。

6月は、この場所と朝倉郡で水鏡ら映る風景を撮りに行こうと思っています。
e0093903_13180557.jpg
e0093903_13182963.jpg
e0093903_13184318.jpg
e0093903_13181659.jpg
麦の刈り取りが終わり、田植えがは始まる前にトラクターで畑を耕しますが、その時土中から掘り起こされた虫やもみ殻を食べるコサギの姿が見られます。(2016年6月撮影)
e0093903_13175508.jpg
こちらは、朝倉市の麦畑です。
e0093903_16565850.jpg




[PR]
# by j-machj | 2018-06-01 13:28 | 田畑 | Trackback | Comments(0)
国道204号線は、唐津市瀬田原交差点を起点に、海岸線をほぼ一周しながら伊万里・平戸方面へと続きます。
途中には「立神岩」「浜ノ浦の棚田」など風光明媚な景色が続いています。
ところが、旧肥前町を過ぎたあたりから緩い山道になります。

石高山の隣には、自動販売機もありトラックも停められる広い駐車スペースがあります。
ここからは広大なお茶畑と、遠くには風力発電の風車が見えています。
お茶畑の隣には、玉ねぎ畑とジャガイモ畑があり新緑の今が最も美しい景色が見られます。
e0093903_08102121.jpg
e0093903_08100797.jpg
これはドローンで撮影した画像です。
e0093903_08103180.jpg
お茶畑の右側にある玉ねぎ畑(2017年6月撮影)
e0093903_08095533.jpg
お茶畑の左側にあるジャガイモ畑(2017年5月撮影)
e0093903_08094404.jpg

[PR]
# by j-machj | 2018-05-28 08:40 | 田畑 | Trackback | Comments(4)
筑豊は、かって石炭で栄えた町ですが、田川地区には石灰岩の山も多く残っています。
後藤寺線・船尾駅の周辺には石灰岩の山がいくつかありますが、現在はほとんどが閉山となっています。
そんな中で、「麻生セメント田川工場」は現在でも操業を続ています。
この「麻生セメント」は、現財務大臣が、かっては代表取締役を務めていた会社です。

この船尾駅は、まるでセメント工場への引き込み線のように、工場に取り囲まれるような場所にあります。
かっては駅舎もある有人駅で、KIOSKまであったそうです。
ここは廃墟ではないけども、とてもインパクトのある駅で廃墟マニアにもお薦めしたい駅です。
平日はトラックが忙しく行き来していて、風の強い日は砂塵が飛んでくるので日曜日に訪れた方が無難です。

工場の手前に見えているのは「麻生専用踏切」と言って、その先は工場の敷地となっているので立ち入り禁止となっています。
e0093903_17331782.jpg
現在は駅舎は取り壊されていて、ホームにはベンチだけが残っていますが、セメント工場から飛ばされてきた石灰岩の砂塵が積もっていて、とても座れたものではなかったです。
e0093903_17332889.jpg
夜の撮影は、正直いって怖かったので車のすぐ横に三脚を立てて撮影しました。
e0093903_17334584.jpg
e0093903_17333690.jpg


[PR]
# by j-machj | 2018-05-23 17:50 | 鉄道 | Trackback | Comments(3)
ゴールデンウィークの後半は、「土谷の棚田」に続いて、唐津市旧肥前町地区の「犬頭の棚田」へ行ってきました。
ここは、決して大きな棚田ではありませんが、平成23年に開通した「鷹島肥前大橋」が見渡せるのが特徴です。

田植えの時期は、太陽が右側に沈むので夕日を入れて撮ることができませんが、天気がよければ空が青から赤へのグラデーションに染まります。
今回は、かなり天気がよかったので星が見えて来るまで待っていました。

棚田から、橋までちょっと離れているのが惜しいのですが、橋の渡り口に「道の駅・鷹ら島」があるので、橋はそこから見るとよく見えます。
e0093903_09090586.jpg
e0093903_09091335.jpg



[PR]
# by j-machj | 2018-05-19 09:09 | 棚田 | Trackback | Comments(2)