人気ブログランキング |
ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクロスオーバー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

こちらは、筑豊地区に今も唯一残る住友忠隈炭鉱のボタ山です。
この写真はフォトコンテストに入選しました。
e0093903_21214548.jpg

旧国鉄筑豊本線飯塚駅
e0093903_21223393.jpg

桂川町の方から見たボタ山
e0093903_21231820.jpg

# by j-machj | 2007-06-11 21:24 | 都市・町並み | Trackback | Comments(8)
かって、土門拳という高名な写真家が「筑豊の子供達」という写真集を発表しました。
土門 拳といえば、晩年、車椅子で弟子達に支えられながら撮影した「古寺巡礼」が有名ですが、この写真家は若き日には、ライカを構えて筑豊の炭坑を舞台にそこで生きている子供達をエネルギッシュに写しだしていました。

この写真は、かなり古い時代のもののように見えますが、子供たちの服装を見ればあるていど時代がわかると思います。ここにいる子供達は、現在30歳~35歳くらいになっていると思いますが、おそらく筑豊炭鉱を知る最後の世代でしょう。
e0093903_21344896.jpg
e0093903_21345959.jpg
e0093903_21351097.jpg
e0093903_21352314.jpg

# by j-machj | 2007-06-08 21:37 | 都市・町並み | Trackback | Comments(0)
家の中を片付けていたら、25年前に撮影した写真の貴重なネガが見つかりました。さっそく、写真屋さんへ行ってCDに書き込んでもらいパソコンへ取り込んでみました。この写真は、閉山寸前の筑豊炭鉱です。これから、3回にわたってこのネガから選んだ写真をアップしていきます。

今は完全に取り壊されて跡形もなく消えてしまった、貝島炭鉱の竪坑と炭住です。
e0093903_0301847.jpg

e0093903_030294.jpg

この頃は、炭鉱もかなり縮小されて「風前の灯火」でしたが、炭住に住んでいる人は結構多く、ガスが当たり前になっても石炭や豆炭で生活している人がかなりいました。
e0093903_0303978.jpg
e0093903_0305031.jpg

# by j-machj | 2007-06-05 00:40 | 都市・町並み | Trackback | Comments(16)
これで5回目の棚田の撮影に行って来ました。
ここは、長崎県福島町にある「土屋の棚田」です。
ここは夕日がとても綺麗なところで、サンセットドライブにはもってこいの場所です。
e0093903_21152291.jpg
e0093903_21153624.jpg

# by j-machj | 2007-05-24 21:16 | 棚田 | Trackback | Comments(7)
5月は潮干狩りにいい季節です。これは、室見川河口の潮干狩り風景です。ここは人口に対してアサリの数が絶対的に追いつけないので3月ごろでないと、食べられる大きさのアサリはあまり取れません。
e0093903_2133525.jpg

# by j-machj | 2007-05-20 21:04 | その他 | Trackback | Comments(4)
新緑がまぶしい季節です。
先日は、阿蘇登山道路、ミルクロード、ヒゴダイロードを走ってきました。
写真は、外輪山からみた阿蘇市です。
霞んでいましたが、水を張ったばかりの田んぼがとても綺麗でした。
e0093903_21141092.jpg
e0093903_21142230.jpg

こちらは、産山村から久住方面を見たところです。
e0093903_2115561.jpg

# by j-machj | 2007-05-15 21:16 | 動物 | Trackback | Comments(12)
国道57号線沿いの波野村と豊後竹田市間に、こんな場所がありました。新緑の方はイチョウの木でした。
e0093903_21361965.jpg

ついでに阿蘇の仙酔峡に行ってみました。もうミヤマキリシマは五部咲き程度でした。
この調子なら、20日ごろが見ごろになると思います。
e0093903_21381170.jpg

# by j-machj | 2007-05-11 21:39 | 植物 | Trackback | Comments(4)
Kieth-odor さんのアドバイスを受けて、下の三枚目の写真をフォトショップで加工してみました。さすがは鋭い指摘ですね。確かに後ろの家がボケていたらノスタルジックな写真になりますね。
e0093903_21375096.jpg

# by j-machj | 2007-05-07 21:40 | その他 | Trackback | Comments(6)
今や、定番となった川の上を泳ぐ鯉のぼり。
ここは、佐賀市旧大和町の川上峡です。スケールの大きさなら熊本県小国町の杖立温泉の鯉のぼりには及びませんが、ここは国道のすぐ横を鯉のぼりが泳いでいるので車からでもよく見えます。
e0093903_2143439.jpg

e0093903_23463416.jpg

[
e0093903_215982.jpg

# by j-machj | 2007-05-05 21:05 | その他 | Trackback(4) | Comments(17)
ここは、八女市と広川町の中間に位置する、「八女中央大茶園」です。
ここは昭和48年頃、農業経営の多角化を目指した「県営パイロット事業」として山林を開発したもので、面積は茶畑だけでおよそ65haにも及びます。
観光スポットではありませんが、ドライブには是非おすすめしたい場所です。

五社神社のある展望台から眺めると八女、広川の市街地や、さらに遠くには有明海まで見渡せる180度の大パノラマが展開しています。
e0093903_21264820.jpg


正面に見える小高い丘が展望台で、ゆるい坂道を車で登って行くと、道の左右にお茶畑が一面に広がっています。
e0093903_21303124.jpg
e0093903_21304588.jpg

# by j-machj | 2007-05-01 21:43 | 田畑 | Trackback | Comments(10)