人気ブログランキング |
ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクロスオーバー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

<   2019年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今月の満月は、「ストロベリームーン」でした。

そこで、当日は百道浜に昇る満月を撮るために、能古島へ渡りました。
昇り始めは、本当にピンクに見えるのですね。

しかし、この名前の由来はネイティブアメリカンにとって、6月はイチゴの収穫期であることから、そういわれるようになったそうです。

そのロマンティックな呼称が拡大解釈されて、「恋が叶う月」とか「幸福になれる月」とか、言われるようになったようです。
昇り始めは、ピンクでも、やがてオレンジに変わり、高度があがるにつれて白く見えてきます。

細い月と夜景のコラボを撮るのは、比較的簡単ですが、満月の場合は明るいので真っ暗になってからでは、輪郭がボケてしまいます。
1枚目は、まだ薄明るいので夜景が綺麗に見えません。
もっと暗くなれば、夜景がハッキリと見えて来るのですが、月の輪郭を丸く写すには、3枚目の明るさが限界でした。
e0093903_14102331.jpg
e0093903_14101230.jpg
e0093903_14100413.jpg





by j-machj | 2019-06-30 14:12 | 星景写真 | Trackback | Comments(9)
これらの写真は、相島、姫島、志賀島で撮影しました。

相島は、2年前にNHKの「ダーウィンが来た」で取り上げて以来、いっそう観光客が増えています。
10連休の時は、積み残しが出ていたそうです。

今月中旬の平日に行ってみましたが、定員180名のフェリーの乗船率は8割程度でした。
フェリーが島に着くと、猫目当ての観光客が猫を取り囲んで、なでなでしているので、猫ポートレートどころではありませんでした。
そのかわり、港から少し離れた所へ行くと、岩合光昭さん風に、背景に島の風景を取り入れて猫を撮影することが出来ました。

一方、糸島市に属する姫島の猫は、少し警戒心が強く、どこかへ隠れていますが、1匹見つけると餌でおびき寄せれば、すぐに10匹くらい集まってきました。
こちらは人も少ないので、猫目線でゆっくり撮影することが出来ました。

猫を撮影するときは、出来るだけカメラを低い位置に構えるために、バリアングルファインダー付のカメラでモニターを見ながら撮影しています。
ちなみに、使用したカメラはキャノン・EOS・M5です。
e0093903_08200779.jpg
e0093903_08205164.jpg
e0093903_08203974.jpg
e0093903_08201681.jpg
e0093903_08195787.jpg
e0093903_08214185.jpg
e0093903_08211794.jpg
e0093903_08210624.jpg
e0093903_08212923.jpg
e0093903_08202823.jpg






by j-machj | 2019-06-25 08:23 | 動物 | Trackback | Comments(7)
2019年・初夏の阿蘇、最後の写真です。

早朝は、無風状態で阿蘇盆地の水田が水鏡になっていましたが、夜はかなり風が強くこの時期にしては星が綺麗に見えていました。
5月下旬とはいえ、日が暮れると阿蘇山の山頂まで行ける阿蘇パノラマラインは、さすがに寒く気温は13℃でした。

阿蘇パノラマラインは、1976年に3つのルートが開通した、観光道路で開通当初は有料でしたが、現在は償却を終えて無料となっています。
2018年4月まで、熊本地震の影響で通行止めになっていましたが、現在は全線復旧しています。

あたり一面が牧草地で、昼間は牛や馬が草をついばんでいますが、夜は星がとても綺麗にみえます。
e0093903_17432510.jpg
e0093903_17433398.jpg
e0093903_17434278.jpg




by j-machj | 2019-06-20 17:44 | 星景写真 | Trackback | Comments(6)
どうも旅行中は、神経が高ぶって必要もないのに朝はやく目が覚めます。
この日も、朝5時に目が覚めたので、ホテルの非常口の窓から外を眺めてみると、近くに水を張った田んぼがありました。

そこで朝食の前に朝6時ごろ、その田んぼまで行ってみました。
この時間は、ほぼ無風状態で阿蘇の山々が、見事に水鏡に映っていました。

一番上の写真の、左側に見えている電柱の右側に建っているのが、今回泊まった阿蘇の司ビラパークホテル&スパリゾートです。
幸い部屋は8階だったので、部屋からでも阿蘇の山々が、よく見えていました。
ここは、国道57号線のすぐ横にあり、カドミードミニオンも徒歩圏にあり、阿蘇パノラマラインへの近道もあります。

朝7時30分まで水鏡を撮影していましたが、この時期は早くも風が吹き始めて、田んぼにさざ波が立ち始めたのでホテルに戻って朝食をとり、温泉に入りにいきました。
e0093903_11293799.jpg
e0093903_11292582.jpg
e0093903_11294744.jpg
e0093903_11295914.jpg




by j-machj | 2019-06-15 11:32 | Trackback | Comments(2)
2016年4月に起きた熊本地震の影響で、ここのところ阿蘇方面には、すっかりご無沙汰になっていますが、5月下旬に1年3か月ぶりに阿蘇に行ってきました。

今なお国道57号線の立野付近は、通行止めとなっており大津町から阿蘇市へはミルクロードへ迂回して行きます。

新しい国道57号線は二重峠の下を3・7キロのトンネルが通り、大津町から阿蘇市抜けます。
今年、2月にこのトンネルが貫通し、完成は2020年度とのことです。
この二重トンネルが完成すれば、大津~立野付近の渋滞が解消されるでしょう。

今回は、3年ぶりに仙酔峡道路が復旧したので、仙酔峡まで行ってみました。
ミヤマキリシマの見頃は終わっていたけども、仙酔峡の遊歩道から阿蘇の根子岳が綺麗に見えていました。

国道57号線の迂回路として阿蘇市へ向かう途中にある「阿蘇の涅槃像」のビューポイントです。
e0093903_09283121.jpg
仙酔峡から見た根子岳。あともう少し早く来ていれば、ミヤマキリシマが見ごろを迎えていたと思います。
ここは、大分県の久住連山、長崎の雲仙とともにミヤマキリシマの美しいスポットです。
e0093903_09273480.jpg
e0093903_09275849.jpg
e0093903_09263205.jpg
やまなみハイウェイの出発地点ともいえる城山展望所から。ぼちぼち水田に水が入り始めていました。
この後の更新も、阿蘇の風景はまだまだ続きます。
e0093903_09270251.jpg





by j-machj | 2019-06-10 09:52 | | Trackback | Comments(6)
今年も、ホタルの季節がやってきました。

今年は、初めての場所として犬鳴川のホタルを見に行ってきました。
宮若市を流れる犬鳴川の上流には、脇田温泉があります。

ここは、奈良時代からの歴史をもつ古い温泉で、福岡市から最も近い山里の温泉です。
その脇田温泉から犬鳴川をさらに上流に登って行くと、ホタルの乱舞が見られます。

たまたま条件がよかったのか? 今まで見に行ったホタルのスポットとしては、一番多かったです。

ホタルは、薄暗くなりはじめたころに草や木の葉の中で点滅しはじめて、20時ごろから45分間くらい飛び続けますが、そのあとは数が少なくなります。
しかし、ここは22時過ぎても、まだ乱舞していました。

ただ、初めての場所なので、どこから撮ったらいい背景になるのかわかりませんでした。
今回、場所はだいたい特定できたので、来年は北斗七星とのコラボを狙ってみます。
e0093903_23414857.jpg
e0093903_23421966.jpg
e0093903_23420302.jpg



by j-machj | 2019-06-05 23:43 | 動物 | Trackback | Comments(4)