人気ブログランキング |
ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクロスオーバー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

<   2019年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

水郷の町・柳川市にある「椛島菖蒲園」の菖蒲が見ごろを迎えています。

ここは、個人の方が非営利で管理されていて入園も無料ですが、約3万本の菖蒲が植えられています。
水郷に菖蒲は、よくマッチしますね。
水郷のすぐ横にあるので、どんこ船に乗って見てみるのも絵になるでしょう。

場所は、ちょっとわかりにくいところにあるのですが、柳川駅から堀川バスか西鉄バスに乗って「市役所前」のバス停で降りて。徒歩3分くらいでした。

マイカーで行く場合は、市役所の駐車場が解放されています。
(5月31日撮影)
e0093903_20501995.jpg
e0093903_20503650.jpg
e0093903_20504614.jpg
e0093903_20505870.jpg
e0093903_20510832.jpg




by j-machj | 2019-05-31 20:53 | 植物 | Trackback | Comments(2)
今月に入って、天気のいい日が続いています。
しかし記録的な猛暑で、昨日は大分県竹田市で最高気温35℃を記録したそうです。
今から、この暑さではこの先が思いやられます。

先日、湯布院へ行ってきました。
南由布駅付近では半分くらいの田んぼに水が入り、これから本格的な田植えのシーズンが始まりそうです。

由布院駅の近くは、いつも人でごった返していますが、南由布駅の近くは静かな農村地帯で、美しい田園風景の先に雄大な由布岳が見えています。

湯布院へは、13時ごろ着いたのですが、風が強く水田にさざ波が立っていたので、夕方まで粘ってやっと水鏡に由布岳が写り始めました。
e0093903_10071543.jpg
e0093903_10072585.jpg
e0093903_10070358.jpg




by j-machj | 2019-05-26 10:08 | | Trackback | Comments(2)
筑肥線・加布里~一貴山の沿線にレンゲソウの咲いている所を見つけました。
以前は、もっと広い範囲で咲いていたように思いますが、これだけピンクに染まっているところは、あまりないです。

田んぼのレンゲソウは、窒素を土の中に取り込むために秋の稲狩りが終わった後に植えられます。
e0093903_20283467.jpg
e0093903_20282130.jpg
e0093903_20280812.jpg


by j-machj | 2019-05-21 18:27 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)
日本人は、どうも富士山が好きなようですね。
それも、わからなくもないです。
世界的に見ても、富士山のように形の整った山は珍しいと思ます。

それゆえに、三角形の形をした全国の独立峰は〇〇富士と呼ばれる山がたくさんありますね。
この可也山は糸島半島の西の方に位置し、標高は365メートルでお気軽に登れる山としてハイカーに人気があります。
僕は、この山は頂上まで登ったことがないのですが、色々な場所から手前の景色を入れて眺めるのが好きです。

糸島半島は、春は麦、夏以降は稲を植える二毛作のところが多く、その他にも色々な野菜が栽培されています。
1枚目は、加布里からで、このあたりではねぎ坊主をよくを見かけます。

2枚目から4枚目までは、泊という場所から見たところで、僕はこの位置から見る可也山の形が一番好きです。
5枚目の写真は、岐志というところから見た星景です。
e0093903_20273095.jpg
e0093903_20271554.jpg
e0093903_20293163.jpg
e0093903_20270597.jpg
e0093903_20263009.jpg






by j-machj | 2019-05-16 20:32 | | Trackback | Comments(0)
今年もゴールデンウィークは、恒例のめぐりに行ってきました。

東松浦半島には、正面に日が沈む棚田がいくつかあります。
最も人気があるのが、玄海町の「浜ノ浦の棚田」と長崎県松浦市の「土谷の棚田」ですが、どちらもゴールデンウィークは100人以上のカメラマンが、三脚を立てて日が沈むのを待っています。

その点、ここはまだ、あまり知られていないのか?人は少ないです。
それでも、だんだん人は増えてきているようです。

福岡市の中心部から休日に行楽に出かけると、どうしても都市高速と九州自動車道の太宰府~筑紫野間で渋滞にひっかかるのですが、唐津方面なら昼過ぎに出て、暗くなってから帰れば、行きも帰りも渋滞はなくスムーズに走れます。
それが、毎年ゴールデンウィークには唐津方面へ棚田めぐりに行く理由です。
e0093903_17150214.jpg
e0093903_17153282.jpg
e0093903_17151675.jpg



by j-machj | 2019-05-11 17:19 | 棚田 | Trackback | Comments(6)
これは、久留米市・旧田主丸町にある珍スポットです。

田主丸で植木卸売業を営む方が、2013年から地元農家から畑を借りて土を盛り上げて富士山をかたどったのが始まりだそうです。
高さは4メートルで道路のすぐ横にあり、4月下旬まで通りかかった人の目を楽しませていました。

それにしも、よく出来ています。
白いシバザクラもあるのですね。
そのかいあって、雪化粧した富士山が、忠実に再現されています。

ところで田主丸といえば、観光フルーツ園の発祥の地だそうです。
今の季節は、畑に何も咲いていませんでしたが、秋になると巨峰狩りや柿狩りが楽しめます。
e0093903_17344882.jpg
e0093903_17352329.jpg
e0093903_17350055.jpg




by j-machj | 2019-05-06 17:42 | 植物 | Trackback | Comments(3)
福岡市東区にある「海の中道海浜公園」は、メチャクチャ広いです。

参考までに、代表的なテーマパークの面積をあげると、東京ディズニーランド・73.5万平方メートル、東京ディズニーシー・58.6万平方メートル、ユニバーサルスタジオジャパン・54万平方メートル、ハウステンボス・152万平方メートルです。

これに対して、「海の中道海浜公園」は、293.3万平方メートルです。
大半は芝生の広場ですが、小規模ながら遊園地や動物園も備えています。

これで入場料450円は、かなり安いです。

この「海の中道海浜公園」が最も力を入れているのが、四季を彩る花たちです。
4月中旬から下旬にかけては、15000平方メートルの敷地に150万本のネモフィラが咲いていました。

これからは、ポピーに続いて薔薇が咲きはじめます。
e0093903_17383491.jpg
e0093903_17384068.jpg
e0093903_17384517.jpg
e0093903_17384994.jpg
e0093903_17385329.jpg



by j-machj | 2019-05-01 17:40 | 植物 | Trackback | Comments(5)