ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクロスオーバー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

<   2018年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

長らく続いた晴天も、ようやく落ち着いたのか?
台風に囲まれて高気圧の勢力が弱まったようですね。

福岡市は、12日に夕立で久しぶりにまとまった雨が降り、15日は台風15号の影響で終日ぐずついた天気でした。
この雨で、百道浜の防波堤には大きな水たまりが出来ていました。

これらの写真は、APS換算で10mm~18mmの間でカメラを水たまりから20cm程度の高さに、自作の三脚を立ててバリアングルファインダーを見ながら撮影しました。
こういうシチュエーションでは、バリアングルファインダーは便利ですね。
ちなみに撮影に使ったカメラはキャノンEOS・M5です。
e0093903_11434024.jpg
e0093903_11433083.jpg
e0093903_11435578.jpg


[PR]
by j-machj | 2018-08-16 11:52 | 夕景・夜景 | Trackback | Comments(2)
西鉄貝塚線に、猫の可愛いイラストをラッピングした電車が走っています。
西鉄貝塚線の終着駅、新宮町にはアメリカのCNNから「世界6大猫スポット」に選ばれた相島があります。
これは、相島をアピールするために、西日本鉄道と新宮町おもてなし隊がタイアップして企画されたものです。
この相島へは、西鉄貝塚線・新宮駅からバス、新宮町営渡船と乗り継いで行くことができます。

余談ですが、この西鉄貝塚線は、かっては宗像郡津屋崎町まで続いていました。
貝塚から新宮までは住宅地の中をスレスレに走りますが、新宮駅を過ぎて津屋崎までは松林の中を走っていました。
それは、まるで神奈川県の湘南海岸を走る「江ノ電」のようでした。

この「にゃん電」のダイヤですが、発着時刻が前後することが多いので、出発前に西鉄に問い合わせた方が良いです。
e0093903_17591889.jpg
e0093903_17591112.jpg
e0093903_17592999.jpg
e0093903_17593801.jpg




[PR]
by j-machj | 2018-08-12 08:00 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)
平戸市は、鎖国前はオランダやポルトガルとの貿易港で、キリスタンも多く世界遺産に登録された教会もあります。
観光の中心は、平戸城やザビエル教会など町の中に集中しています。

川内峠は、そこからわずか5キロで行ける大草原です。
ここは、「日本の百名道」にも選ばれていて、車のCMにもよく登場します。

今夏は、あまりにも暑く晴れの日が多かったのですが、夜になると雲が広がって来るので、先日あまり期待せずに天の川を見に行ってきました。
今月は、「火星の大接近」というオマケまでついて、運よく天の川を見ることが出来ました。
天の川の左側に、明るく輝いている星が火星です。

夏の夜の山道を歩くのは、毒をもった虫やマムシがいるので危険ですが、ここは広い駐車場から星空を見ることが出来るので安心です。
8月13日に極大日を迎えるペルセウス座流星群を見るには、うってつけの場所です。
この日(8月4日)でも1時間の間に、かなり明るい流れ星を5つ見ることが出来ました。
e0093903_21584923.jpg
e0093903_21590097.jpg
登山道の入り口にあるインフォメーションセンターです。
トイレと自動販売機はありますが、売店はありません。
この木との組み合わせが、シルエットでは絵になりますね。
e0093903_21591595.jpg
e0093903_21583728.jpg


[PR]
by j-machj | 2018-08-07 22:06 | 星景写真 | Trackback | Comments(5)
西九州自動車道の前原~唐津の区間が無料化されて、国道202号線を走っていた車が、そちらに流れたので国道202号線は海水浴シーズン以外は、ガラガラに空いています。

しかし、国道202号線の前原~唐津は海の横を走る快適なドライブコースなので、お急ぎでないときは西九州自動車道を走るよりも、こちらを走った方が景色を楽しめます。

「姉子の浜」は、糸島市から唐津市に変わる直前の「二丈パーキングエリア」にあります。
駐車場と小さなドライブインがあり休憩するのにちょうど良い地点にあります。
海水浴は出来ますが、シャワーや更衣室はありません。

弓状の砂浜が、1.1キロ続きますが、満潮の時は幅は20メートル程度しかありません。
ところが大潮の干潮の時は、海面がまるでウユニ湖のように水鏡になります。

砂浜を歩くと、キュッキュッと音がします。
これは、石英が擦れる音で「泣き砂」と言います。

昭和40年代から、砂が泣かなくなっていたのですが、地域住民の清掃活動や汚水を海に流さないようにする、賢明な努力によって平成6年から再び泣きじめたそうです。
そのため、海の水はとても綺麗で砂浜は真っ白です。

この「泣き砂」は、かっては全国に90か所はあったそうですが、今は20か所までに減っているそうです。
今、プラスチックのゴミによる海水汚染が世界的な問題となっていますが、この美しい砂浜を未来に残すために、ポットボトルや発泡スチロールの容器など、ゴミはかならず持ち帰るように努めたいですね。


e0093903_08405681.jpg
e0093903_08404380.jpg
e0093903_08403317.jpg
これは、「やらせ」です。
沖縄を旅行した時に買って帰ったものです。
e0093903_08402457.jpg



[PR]
by j-machj | 2018-08-03 08:47 | Trackback | Comments(0)