ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクロスオーバー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

<   2018年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今年は、3月下旬から気温の高い日が多く、桜をはじめ各地で花が早く咲き始めています。
本来なら、ゴールデンウィークに見ごろを迎えるはずの花が、すでに咲いてしまって困っている観光スポットや景観地も少なくないそうです。

ここは、福岡市東区にある東公園です。
中央区にある大濠公園ほど人は多くなく、芝生が多いので地域住民のオアシスとなっています。

銅像の周りのつつじが見ごろを迎えました。
ここは、隠れた「ツツジの名所」と言えるかもしれません。
公園の各地には、つつじが植えられていますが、まだ咲き初めでこれから見ごろを迎えそうです。

この公園の隣には福岡県庁があり、そこの正門にもつつじが植えられていました。
一枚目の写真は、福岡県庁の展望室から撮影しました。

この銅像の人物は、亀山上皇(90代天皇・鎌倉時代)です。
亀山上皇は、蒙古襲来の時に伊勢神宮など各地の神社に、敵国の降伏の祈願を命じられたと伝えらています。
そのかいがあって、蒙古軍は二度の襲撃に失敗したのかどうかはわかりませんが・・・・
(4月21日撮影)
e0093903_23143036.jpg
e0093903_23144469.jpg
e0093903_23145918.jpg
e0093903_23151460.jpg
東公園には、もうひとつ日蓮大聖人の銅像があります。
高さは、10メートルもあります。

福岡は蒙古襲来のゆかりの地でもありますが、日蓮大聖人も蒙古襲来を予言した人物として、亀山上皇同様に東公園に銅像が建てられています。
ここは、鳩の楽園となっています。
e0093903_23152421.jpg

[PR]
by j-machj | 2018-04-21 23:36 | 植物 | Trackback | Comments(2)
大分県日田市には、たくさんの桜の名所がありますが、その中で「いいちこ日田蒸留所」の桜並木は穴場といえるでしょう。

「いいちこ」を製造する三和酒類は、本社を大分県臼杵市に置く総合醸造メーカーですが、日田市に焼酎の蒸溜所、安心院町に葡萄酒工房を設けています。

日田蒸留所では、桜の開花にあわせて4月に蔵開きが行われていますが、今年は桜の開花が早かったので蔵開きには間に合わなかったようです。

蔵開きの時期ではなくても、火曜日以外は工場を見学することも出来ます。
試飲コーナーもある直営所もあり、お酒好きにはとても魅力的な所でしょう。

車でしか行けない場所にありますが、ゆっくりと時間が流れているようなとても静かな場所です。
もちろん、ドライバーは試飲することは出来ませんが・・・・
e0093903_09503402.jpg
e0093903_09504575.jpg
e0093903_09505728.jpg
e0093903_09510653.jpg

[PR]
by j-machj | 2018-04-18 09:55 | | Trackback | Comments(2)
今年は3月中旬から気温が高く、どこも一斉に開花したので、桜の追っかけは4か所しかまわれませんでした。
しかも、満開から散り初めまで3日くらいしかもちませんでした。

福岡市の舞鶴公園は、ライトアップが始まってから、どんどん人が増えています。
今年は3月30日・31日が週末で、一番見ごろの時だったので、福岡城跡の天守台は大濠公園から見ても長蛇の列が出来ているのがわかりました。
e0093903_08311432.jpg
e0093903_08314788.jpg
e0093903_08320281.jpg
何故か?この日はトンビがたくさん舞っていました。
e0093903_08313563.jpg
e0093903_08312494.jpg
これは、大濠公園の隣にある護国神社の鳥居です。
e0093903_08321359.jpg


[PR]
by j-machj | 2018-04-14 08:37 | | Trackback | Comments(2)
野倉・ミツマタの里を後にして、帰途につく途中、万年山の方角を見ると、遠くに白い花を咲かせた大きな木が見えてました。
カーナビをたよりにして、その木まで行ってみました。

この木は、尾篭(おごもり)農場にある「こぶしの木」で、玖珠町の天然記念物に指定されています。
高さ17m、根本周り5.25m、胸高4.8m、枝張り東西21.5mで、日本一のコブシといわれています。

こぶしはモクレン科の木で、花はハクモクレンとよく似ていますが、ハクモクレンは花びらが9枚あるのにたいして、こぶしは6枚で少し花が小さいようです。

ここは、牧場があるので敷地内には立ち入れませんが、周りは広々とした高台の原野でソメイヨシノがたくさん咲いていました。
ソメイヨシノが見ごろを迎えた時に、ドライブのついでに立ち寄ってみるのもよさそうです。
e0093903_20264245.jpg
e0093903_20262398.jpg
e0093903_20265340.jpg
e0093903_20270037.jpg



[PR]
by j-machj | 2018-04-09 20:38 | 植物 | Trackback | Comments(3)
去年はじめて訪れた、九重町のミツマタの原生地へ今年も行ってきました。
去年は、花が白くなって終わりに近づいていましたが、今年はベストのタイミングで見ることが出来ました。

このミツマタの原生地は、20年ほど前から杉の間伐をしていたら、徐々に日当たりがよくなり、ミツマタがどんどん群生地を広げていき、今では5ヘクタールの広さになったそうです。
これは九州最大規模だそうです。

場所は「龍門の滝」から4キロほど狭い道を登ったところです。
ここにも「平家の落人伝説」があるそうです。

去年から一般に公開されたようで、地域の方は「ここを九重町の新たな観光スポットとして育てていきたい」とおっしゃっていました。
今年は、3月25日と4月1日にイベントが開催されたようで、ミツマタの群生する林道にはステージまで作られていました。
ミツマタの花は開花期間が長く、通常は4月下旬まで見られるそうですが、今年は開花期間が早かったので林道の上の斜面は、まだ黄色く染まっていましたが、下の斜面はもう白くなっていました。(3月30日撮影)
場所はこちらです。
http://www.i-oita.net/spot/nature_landscape/kokonoe/10462.html#thispagemap
e0093903_13515061.jpg
e0093903_13521126.jpg
e0093903_13522102.jpg
e0093903_13552164.jpg
ミツマタの名前の由来は、このように枝がかならず3本に分かれているところから来ています。
枝は和紙の原料として使われています。
e0093903_13515924.jpg
e0093903_13524707.jpg


[PR]
by j-machj | 2018-04-04 14:05 | 植物 | Trackback | Comments(0)