ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクロスオーバー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

カテゴリ:海( 53 )

九十九島は、佐世保市から平戸市までの25キロのリアス式海岸に連なる島々で、その数は公式には208といわれています。
そのほとんどが無人島で、有人島はわずか4島だけです。
ここは、長崎県を代表する景観地で西海国立公園に指定されています。

その景観を眺めることの出来る代表的な展望地は、展海峰石岳展望台船越展望所ですが、個人的には展海峰がお薦めです。
ここは、夕焼けの綺麗なスポットとして夕暮れ時にはカメラマンがたくさんやってきます。

展望所から見る九十九島も魅力的ですが、今回は遊覧船に乗って動画を撮ってみようと思っていましたが、修学旅行生がたくさん居合わせて、遊覧船には乗れませんでした。
しかたなく遊覧船クルーズは諦めて、展海峰から島を行き来する遊覧船を撮ってみました。

この遊覧船は、九十九島パールシーリゾートから1時間に2便の割合で約50分間のクルーズが楽しめます。

佐世保市といえば、ハウステンボスが人気ですが、やはり佐世保を代表する観光スポットといえば九十九島で、水族館(海きらら)動植物園(森きらら)も 九十九島に集約されています。
e0093903_21121582.jpg
e0093903_21122506.jpg
e0093903_21123610.jpg
e0093903_21130031.jpg
e0093903_21124763.jpg
展海峰から見た南九十九島の全景。
e0093903_21120399.jpg


[PR]
by j-machj | 2018-12-05 21:17 | | Trackback | Comments(5)
芥屋の大門は、糸島市を代表する景観地です。
この玄武岩からなる六角柱で出来た岩のことを柱状節理と呼びます。

ここは、日本三大玄武洞といわれるものの中でも日本最大のものです。
高さは64メートル、奥行きは90メートルあり、海側から見ると洞窟が見えています。

この岩に通じる山の上に展望所がありますが、そこからでは海は180度見渡せるけども、肝心な岩の形状は全く見えないので、遊覧船に乗るのがお薦めです。
遊覧船は、3月中旬から11月まで芥屋の漁港から出ています。
海が穏やかであれば、洞窟の中まで入っていけます。

所要時間は25分ですが、700円と値段がリーズナブルなのが魅力です。
動画はドローンによる空撮と、遊覧船から撮影しました。
e0093903_16484842.jpg
e0093903_16484106.jpg
e0093903_16485596.jpg
e0093903_16490263.jpg


[PR]
by j-machj | 2018-09-14 16:55 | | Trackback | Comments(2)

加部島は、「イカの活づくり」で有名な唐津市・呼子の500メートル沖に浮かぶ島です。
1989年に「呼子大橋」が開通して、車で行けるようになりました。

橋を渡ると、小高い丘の上に「風の見える丘公園」があります。
そこから呼子大橋や玄界灘を一望できます。

「風の見える丘公園」から、さらに西に向かって車を走らせると、アップダウンの続くまっすぐな道があります。
その両脇には、九州の離れ島では珍しい広々とした農村風景が広がっています。

この農道を海に向かって走ると途中道が狭くなりますが、白い灯台と牛が放牧された「杉之原牧場」があります。
その牧場の横は、断崖絶壁を見下ろす遊歩道が続いています。
今は、牛への伝染病予防のためら途中で行き止まりになっていますが、青い海や夕日を眺めることが出来る絶景スポットです。

ここは、駐車場もトイレも完備しているので、ドライブやデートに
お勧めです。
e0093903_10412910.jpg
「風の見える丘公園」から見た、加部島の農村地帯
e0093903_10342959.jpg
途中、ひまわり畑を見つけました。
e0093903_10345138.jpg
かってはキャンプ場があったようですが、今は無くなっていました。
屋根のある休憩所が、あるので夏はそこで一休みできます。
いつも風が吹いているので、夏はとても心地よいです。
e0093903_10353244.jpg
e0093903_10351838.jpg
e0093903_10350236.jpg





[PR]
by j-machj | 2018-07-29 11:12 | | Trackback | Comments(0)
しばらくご無沙汰していた糸島市の二見ヶ浦に行ってみました。
ここは、以前はよく海水浴場で来ていましたが、今回おとずれてみて「こんなに水が透き通っていたかなあ」とあらためて感動しました。

僕は、福岡市へ引っ越してくる前は、福津市の東郷海岸で海水浴やマリンスポーツをしていましたが、福岡市へ来るまで福岡市の西に、こんな綺麗な海があったとは知りませんでした。

今回は、動画がメインの撮影でしたが、ここはいつも風が強くドローンで鳥居をくぐる時は、緊張で手が震えていました。
e0093903_20240852.jpg
e0093903_20235813.jpg



[PR]
by j-machj | 2017-09-15 20:29 | | Trackback | Comments(4)
ここは、地名的には網田海岸とも言われています。
御輿来海岸という名前の由来は、景行天皇が九州遠征の際、この美しい干潟が天皇の目に留まり、しばし御輿を駐め見入られたという伝説から来ています。

大潮で干潮の時刻が夕暮れ時と重なった時は、多くのカメラマンが「干潟景観の地」にやって来ます。
ここは、駐車場も整備されていて展望台もありますが、展望台は三脚は禁止となっています。
道はかなり狭いので注意が必要です。
また、JR三角線の網田駅から歩いていけないこともないです。
夕暮れ時の干潮時刻で休日だと、歩いていく方が無難かもしれません。

おこしき海岸の干潮と日の入り
http://city-uto.com/shio.htm

e0093903_10115041.jpg
e0093903_10120002.jpg
これは、ドローンで海床路(2枚目の写真)から空撮しました。
これは、ドローンでしか撮れない構図です。
もっと画質がよければ良いのですが、それを超小型カメラに期待するのも無理がありますね。
e0093903_10120829.jpg
e0093903_10121520.jpg
満潮から干潮になるまでに6時間かかります。
しかし、僕のカメラはフル充電の状態でもバッテリーの寿命はせいぜい2時間15分なので、最初のタイムラプスは干潮までの2時間を10秒に一コマで撮影しました。

10秒に一コマでは、動きが速すぎましたね。
これでは、雲の動きばかりに目が行って、潮がひいていくのがわかりにくいと思います。
5秒1コマにして、約45秒の動画にしたらちょうどよかったと思います。






[PR]
by j-machj | 2017-08-13 10:37 | | Trackback | Comments(8)
立神岩は、唐津市の市街地から国道204号線を呼子に向かって15分ほど走ったところにあります。
玄武岩で出来た2本の大石柱が、空にそびえるように立っており、高さは30メートルあります。

ここは、九州のサーフィンの発祥の地で西側には砂浜があり、入江のそばには365日24時間使える無料のトイレ・シャワー室が設置されています。
駐車場は、この岩を眺められる場所まで歩いて3分もかかりません。
海に降りていこうと思えば階段があるので簡単に降りていけるのですが、海へは立ち入り禁止になっています。
おそらく密漁をされないためにだと思います。

唐津エリアの人気スポットといえば、呼子名護屋城ですが、かっては福岡や佐賀方面からは唐津の市街地を通り抜けて、この岩のすぐ横の国道204号線を通って行きましたが、これが休日にはかなり渋滞していました。

ところが、今は西九州自動車道が開通して、車がそちらへ流れていったので、いつもガラガラに空いています。
この近くには、相賀の浜海水浴場幸多里の浜海水浴場があって、人気の東浜や西の浜の海水浴場よりも水が綺麗です。
しかし今年は、特別に暑くて海水浴も出来ないのか?
人が少ないです。
今は、夏よりも秋の方が訪れる人は多いのかもしれませんね。
e0093903_12122183.jpg
e0093903_12120875.jpg
これは、ドローン空撮したものです。
真上から見ると岩の形状がわかりやすいです。
ここは展望台もあるのですが、今は草が伸びていて、脚立を持っていかなければ見えないくらいでした。

e0093903_12124969.jpg
e0093903_12130104.jpg
これは、湊の漁港側から見たところです。
地元の人の間では「夫婦岩」とも言われています。
e0093903_12131491.jpg



[PR]
by j-machj | 2017-08-09 12:35 | | Trackback | Comments(6)

「虹の松原」は、「三保の松原」、「気比の松原」とともに日本三大松原のひとつに数えられている特別名勝です。
長さ約4.5キロ、幅500メートの中に、100万本の松が植えられています。

17世紀初頭に唐津藩の藩主である寺沢広高が新田開発の一環として、海岸線の砂丘にクロマツを植林したのがはじまりとされています。

写真は、鏡山から撮りました。
この鏡山も、唐津市のおすすめの観光スポットです。
玄界灘や唐津市を一望でき、また夜景のスポットとしても人気があります。
春は、桜の名所となり、つつじ園もあります。

e0093903_10210276.jpg
e0093903_10204795.jpg

e0093903_10363360.jpg


国道202号線の浜崎から唐津市までの区間は、松のトンネルの中を走ります。
距離は約4キロあり、通り抜けるのに7分くらいかかります。
途中、広い駐車場が3か所にあり、海岸に出ることもできます。
この道は、僕の特にお気に入りの道です。


[PR]
by j-machj | 2017-01-30 10:50 | | Trackback | Comments(10)
日南海岸は、宮崎市から串間市の都井岬までの海岸線を指す総称で、国定公園にも指定されています。
ここは、綺麗な砂浜と岩場が、いくつもあり、九州人としては阿蘇・久住とともに九州の中で特にお勧めしたいエリアの一つです。

日本の中流階級にとって、海外旅行がまだ夢だった昭和30年代後半から40年代は、全国でトップの新婚旅行の人気スポットでした。

日本では、ここでしか見られない「鬼の洗濯岩」という、独特の岩場があります。
それは海中に、岩の柔らかい部分と固い部分があり、とてつもなく長い年月を、岩の柔らかい部分が波によって削り取られて形成されたものです。
地学用語で「波食棚」と呼ばれているそうです。

今回は、昼間は風が強く黄砂?で霞んでいましたが、夜は快晴だったので月明かりを利用して星空と翌朝の日の出に「鬼の洗濯岩」で撮ってみました。
e0093903_1224226.jpg

「鬼の洗濯岩」は、潮がひいていれば道路の上から見ることが出来ます。
所々で、海に降りていくことが出来ますが、ローアングルで見てみると、意外と傾斜が付いているのがわかりました。
e0093903_12345054.jpg

けっこう月が明るかったので、真っ暗な中でも海は良く見えていました。
月の明かりに照らされた「鬼の洗濯岩」は独特の趣がありました。
e0093903_1232785.jpg

e0093903_12355559.jpg

日南市を過ぎて、さらに南下していくと、今度は奇岩がたくさん見られるようになります。
これは、日南市の油津漁港の前で見つけた奇岩です。
すぐ横を道路が通っている所が多いので、長時間露光の際は寒いので撮影中は車の中で待機していました。
e0093903_12395799.jpg
e0093903_1240134.jpg

[PR]
by j-machj | 2017-01-21 12:37 | | Trackback | Comments(6)
長部田海床路のある住吉海岸は、 有明海の広大な干潟を利用した、海苔の養殖業やアサリ・ハマグリの採貝業が盛んです。

有明海といえば、佐賀県や福岡県をイメージしがちですが、有明海が誕生したのは30万年前から9万年前の間に4回あった阿蘇山の大噴火の火山灰が堆積して厚い粘土層ができ、それが雨によって河川を経て流出したからと言われています。

海の向こうには、雲仙岳が見えて夕日がとても綺麗です。
e0093903_21302952.jpg

これは、雲仙岳でなく熊本側を見ています。
背後に、そびえ立っている山は熊本市の金峰山です。
e0093903_21304851.jpg
e0093903_213111.jpg

たばこ島

住吉漁港から見る海上の風景で、ひときわ印象的なものが、この島です。
観光雑誌などでも、ほとんど紹介されることはありませんが「伊勢物語」や「枕草子」にもこの島の事が記述されているそうです。

その昔、京都から肥後の国へ舟で向かうときは、この島を目印にしたと言われています。
確かに、このあたりはほとんどが干潟で、島と呼べるようなものは、この岩礁しか見当たりません。
e0093903_2146219.jpg

[PR]
by j-machj | 2017-01-17 21:50 | | Trackback | Comments(2)
熊本市から天草へ向かうには、宇土市から有明海に面した国道57号線を走るルートと、宇城市から八代海に面した国道266号線へ走るルートがあります。
どちらも、ずっと海にそった快適な道です。

この永尾神社の鳥居は、国道266号線からちょっと引っ込んだところにあります。

これは、「えいのお神社」と読みますが、巨大なエイが海から山を乗り越えようとしたが、果たせずに、この場所に鎮座したという伝説から、「エイの尾」と呼ばれるようになりました。
神殿の中には、エイの絵が飾られています。

ここは、今でも旧暦8月1日前後に不知火(しらぬい)が見られると言われています。
不知火とは蜃気楼の一種で、八代海の沖合に無数の炎が見える現象です。
八代海では、干潟の砂と、流れ込む水路の温度差が大きくなります。
その温度差のある空気がレンズとなり、漁船の光が幻視されると考えられていますが、まだ本当のことはわかっていないそうです。

この不知火が現れるには、いくつかの条件が重ならなければいけないので、かならず見られるわけではありませんが、旧暦8月1日前後には「永尾神社・海の火祭り」が行われ、花火大会やさまざまなイベントが行われています。
場所はこちらです。
e0093903_0132888.jpg
e0093903_0133978.jpg
e0093903_0135476.jpg

[PR]
by j-machj | 2017-01-09 00:18 | | Trackback | Comments(4)