人気ブログランキング |
ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクロスオーバー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

カテゴリ:桜( 85 )

これで、4回目の御船山楽園へ行ってきました。

1回目は、つつじの頃、2回目は、紅葉のライトアップ、3回目は、池に投影するプロジェクションマッピング、そして今回が桜です。
今回は、もう桜は半分くらい散っていたので、あまり綺麗な写真ではありませんが、ここの桜のライトアップは九州最大規模だそうです。

御船山楽園は、元々は佐賀藩28代武雄領主・鍋島志義によって造園された別荘の庭園です。
まもなく、つつじが見ごろを迎えると思います。
e0093903_21043472.jpg
e0093903_21044367.jpg
e0093903_21051473.jpg





by j-machj | 2019-04-21 21:11 | | Trackback | Comments(0)
嬉野といえば、お茶所。
その嬉野市にピッタリの一本桜があります。

地域の人によると100年前から、あることから「100年桜」と名付けられました。
ここは、小高い山の中腹にあり、周囲をお茶畑に囲まれて平地からでもよく見えています。
高さは13メートルあり、堂々としたものです。

ふつう山桜は、花びらが出るとすぐに葉っぱも伸びてくるので、見ごろはせいぜい3日程度なのですが、この桜は八重桜なので花びらが多く、見頃時にはとても豊かな花を咲かせます。

桜の横に駐車場はあることはあるのですが、5台しか停められずに、そこに至るまでの道が対向車とどうにかすれ違える程度なので、桜の開花時期は駐車場へ入る車の列ができます。
桜の開花時期には、麓の物産館「吉田まんぞく館」が臨時駐車場として開放されます。
e0093903_12302309.jpg
e0093903_12303192.jpg
e0093903_12301366.jpg
e0093903_12300426.jpg





by j-machj | 2019-04-16 12:34 | | Trackback | Comments(2)
今年で、4回目の「草場川の桜並木」に行ってきました。
ここは、僕が一番好きな桜並木です。

長さは約1.5キロ続いていますが、動画を観るといかに、この並木が長いかがわかりやすいと思います。
ここは、川の水が綺麗で土手が造成されていないところが魅力的でしたが、1年か2年前の大雨で、かなり泥が流れ込んでいました。
そのため以前ほど菜の花は咲いていませんでした。

ここも、今はかなり有名になりましたが、それでも人は少ない方で、まだ穴場です。
車は「緑とスポーツのふれあい広場「めるばーる」に停められます。
e0093903_17242352.jpg
e0093903_17250314.jpg
e0093903_17241157.jpg
e0093903_17243681.jpg
e0093903_17251122.jpg






by j-machj | 2019-04-11 17:27 | | Trackback | Comments(4)
水城跡とは、「白村江の戦い」に敗れた後に、唐・新羅の攻撃に備えて、664年に築かれた防衛施設です。
長さは約1.2キロ、高さ13メートルの人工の土塁(堤防)です。
博多湾側には、幅60メートル、深さ4メートルの堀が作られて水が蓄えられていたといわれています。

今は国道3号線と西鉄大牟田線で、途中分断されていますが、九州自動車道が、この上をまたいで通っています。
この桜並木は、いつも高速道路から見ていましたが、菜の花がこれほど見事に咲いていたのは今年が初めてでした。
この近くには大宰府政庁跡があり、春には花見客で賑わっています。
(4月1日撮影)
e0093903_20364202.jpg
e0093903_20363044.jpg
e0093903_20362140.jpg
e0093903_20423475.jpg





by j-machj | 2019-04-01 20:44 | | Trackback | Comments(2)
今年も桜のシーズンがやって来ました。
今朝に(27日)近くの舞鶴公園へ開花状況を見に行ってきましたが、全体でまだ咲きはじめといったところでした。

明日、あさっては気温が上がるという予報ですが、週末から「寒の戻り」の予報になっています。
今週末の舞鶴公園でお花見を楽しめるかは微妙な所でしょう。

ということで、今年も桜の満開は、佐賀県神埼市にある「宝珠寺のヒメシダレ桜」からスタートしました。
ここは、山里にひっそりと佇む小さなお寺です。
夜はライトアップされて、昼間とは全く違った幽玄な姿を見せてくれます。
(26日撮影)
e0093903_17462633.jpg
e0093903_17463575.jpg
ライトアップされたヒメシダレ桜。こちらは2017年の撮影です。
e0093903_17470067.jpg
この桜の近くに、光蔵寺というお寺があります。
そちらの八重桜やボタン桜も、ぼちぼち咲きはじめていました。
e0093903_17464544.jpg




by j-machj | 2019-03-27 17:59 | | Trackback | Comments(0)
2018年の桜最後の作品です。

数年ぶりに、福岡県みやま市にある天保古山(てんぽこやま)に行ってきました。
しかし、もうかなり葉っぱが伸びていたので、今回は空撮がメインになりました。
静止画は、過去に撮ったものです。

「平家一本桜」という名前の由来は、「壇ノ浦の合戦」で敗れた平家の一味は、この山の麓に逃れて落人となりました。
しかし源氏の追討は、ついにここまで押し寄せて来て最後の戦いとなった「栗山合戦」を平家の女官たちが、この山から眺めていたという言い伝えから来ています。

動画を見て頂ければ解りやすいとと思いますが、山の頂上はほとんど平坦な所はなく、周りはみかん畑になっています。
夜はライトアップされるので、麓からでもはっきりと見えています。
e0093903_20560625.jpg
e0093903_20562785.jpg
e0093903_20561601.jpg


by j-machj | 2018-04-26 21:02 | | Trackback | Comments(8)
大分県日田市には、たくさんの桜の名所がありますが、その中で「いいちこ日田蒸留所」の桜並木は穴場といえるでしょう。

「いいちこ」を製造する三和酒類は、本社を大分県臼杵市に置く総合醸造メーカーですが、日田市に焼酎の蒸溜所、安心院町に葡萄酒工房を設けています。

日田蒸留所では、桜の開花にあわせて4月に蔵開きが行われていますが、今年は桜の開花が早かったので蔵開きには間に合わなかったようです。

蔵開きの時期ではなくても、火曜日以外は工場を見学することも出来ます。
試飲コーナーもある直営所もあり、お酒好きにはとても魅力的な所でしょう。

車でしか行けない場所にありますが、ゆっくりと時間が流れているようなとても静かな場所です。
もちろん、ドライバーは試飲することは出来ませんが・・・・
e0093903_09503402.jpg
e0093903_09504575.jpg
e0093903_09505728.jpg
e0093903_09510653.jpg

by j-machj | 2018-04-18 09:55 | | Trackback | Comments(2)
今年は3月中旬から気温が高く、どこも一斉に開花したので、桜の追っかけは4か所しかまわれませんでした。
しかも、満開から散り初めまで3日くらいしかもちませんでした。

福岡市の舞鶴公園は、ライトアップが始まってから、どんどん人が増えています。
今年は3月30日・31日が週末で、一番見ごろの時だったので、福岡城跡の天守台は大濠公園から見ても長蛇の列が出来ているのがわかりました。
e0093903_08311432.jpg
e0093903_08314788.jpg
e0093903_08320281.jpg
何故か?この日はトンビがたくさん舞っていました。
e0093903_08313563.jpg
e0093903_08312494.jpg
これは、大濠公園の隣にある護国神社の鳥居です。
e0093903_08321359.jpg


by j-machj | 2018-04-14 08:37 | | Trackback | Comments(2)
桜が各地で見頃をむかえています。
今日と明日は、絶好の花見日和となりそうです。

ずっと高温傾向が続いているので、一気に開いて一気に散りそうです。
先日は、日田市に向かって大分自動車道を走りましたが、朝倉郡はもう葉っぱが出始めている桜もありました。
ただ、今週もずっと晴れの予報で「花散らしの雨」がないのが、嬉しいですね。

今年の花見第一弾は、天領の町・日田市の「大原のしだれ桜」に行ってきました。
この桜は、樹齢200年、樹高12メートル、幹回りは2.2メートルだそうです。

これは個人宅に咲いているのですが、満開時には日田市観光協会によってライトアップされます。
本来、しだれ桜はソメイヨシノよりも1週間くらい開花が早いところが多く、僕が行った日はもう散り始めていました。
(2018年3月29日撮影)
e0093903_12132577.jpg
e0093903_12131263.jpg
e0093903_12134551.jpg
e0093903_12133476.jpg



by j-machj | 2018-03-31 12:17 | | Trackback | Comments(2)
福岡県うきは市は、綺麗な桜が咲いている所をたくさん見かけます。
桜の咲く季節には大分自動車道を大分方面に走っていると、甘木インター~杷木インター間には、綺麗な桜がたくさん見えていて、ついつい杷木インターで降りたくなってしまいます。

今回、やっとその機会を得て、うきは市の桜を見に行きました。
最初に行ったところは、有名な「流川の桜並木」です。
ここは、堤防の道に1000本の桜が、約2キロにわたって続いています。

しかし、人の多いこと・・・
天神地下街とあまり変わらないほどの人の多さでした。
臨時駐車場に停めてある車は、地元「久留米ナンバー」よりも「福岡ナンバー」の方がはるかに多かったです。

ここは、甘木市・秋月の「馬場の桜」に匹敵するほど綺麗でした。
「馬場の桜」は、駐車場を確保するのが難しく、そこに至るまでが渋滞しますが、こちらは渋滞もなく臨時駐車場がいっぱいでも、路上駐車できるほど路肩の広いところがたくさんありました。
e0093903_11052309.jpg
e0093903_11060713.jpg
e0093903_11054899.jpg
「流川の桜並木」の次には、保木公園へ移動しました。
ここは、人が少なく落ち着ける場所です。
久大本線の鉄橋が見えており、桜と列車のコラボを撮るにも、良いポイントでした。
e0093903_11072026.jpg
e0093903_11065088.jpg
e0093903_11033507.jpg

by j-machj | 2017-04-29 11:18 | | Trackback | Comments(10)