ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクロスオーバー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

平尾台の野焼き

春の訪れをつげる野焼きが各地で始まっています。
野焼きとは、前年の枯れ草が新しい草に混じると刈り取りの邪魔になるので焼いて取り除くために行います。また草原が森林に移行しないように、アキグミやサルトリイバラなどの成長を抑え、牛馬が餌として好むネザサやススキ、トダシバなどイネ科植物の成長、繁茂を促します。

先日は北九州市にある全国でも有数のカルスト台地・平尾台の野焼きを見に行って来ました。
実は、この野焼きという作業を見るのは初めてのことでした。
あの広大な平尾台がわずか3時間で、ほとんど焼け野原になっていました。
平尾台の野焼きは、5年前から行われていて当時はわずか50人ほどの見物客だったそうですが、この話題はどんどん広まり今や見物客は5000人に膨れ上がったそうです。
それでも、道路渋滞はなく駐車場へもすんなり入れました。

作業員が、こうやってバーナーで火をつけながら移動していきます。
e0093903_19572586.jpg

不思議と木には燃え移らないのですね。
e0093903_1958713.jpg

こうやって、みるみるうちに草原は真っ黒になっていきました。
次回は、野焼きの跡のカルスト台地を紹介します。
e0093903_0321633.jpg

e0093903_200931.jpg

[PR]
by j-machj | 2008-03-05 20:01 | 大地 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://kariud.exblog.jp/tb/7437545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kkoisan at 2008-03-07 12:40
すごいな~火の写真はあまり見たことないけれど、まさに、おどろおどろしいものですね・・・しかし綺麗な映像です。昔の人の知恵は今も生かされているのですね。まもなく、若草が一面に生えるのも間近でしょう。   コイさん
Commented by J-マッチ at 2008-03-07 20:31 x
コイさん、こんばんは。
阿蘇も久住も、3月から4月まではあまり行ったことがないので、いつごろ新しい草が生えるのか把握していませんでした。
野焼きが終わって、新しい草が生えるまで、牛や馬はどうしているのでしょうね。
餌は蓄えてあるだろうけども、外に出られなかったら運動不足になりそう。

Commented by boton at 2008-03-10 20:04 x
わぁぁ きれい~~~
赤い炎が広がっていく。勢いがすごいでしょう?
この後の黒い土もきれいなのよね。
こちら久住も毎週するらしい。飯田は下旬だろうな?
20日か、23日でかけてみるよ!
Commented by J-マッチ at 2008-03-10 21:19 x
botonさん、こんばんは。おおー! ねこママさんとは正反対の意見。 20日か、23日、ああ、どっちも予定が入ってる。
今度は「江里山の棚田」に行ってきます。