ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクロスオーバー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

肥後の赤牛

波野村のそば畑に行った帰りは、ミルクロードから分かれる鞍岳登山道を走りました。
ここは、申し訳程度に舗装された細い道で、公道なのか私道なのかわかりません。まわりは、一面牧草地です。

すると、向こうからゾロゾロゾロゾロゾロと牛の群れが行進してきました。百頭以上はいたと思います。軍隊のように規律正しく、まるで牛のリーダーがいて引率しているかのようでした。

やまなみハイウェイを走っていると、熊本県と大分県の県境を過ぎると、途端に牛が茶色から黒に変わります。これを「肥後の赤牛、豊後の黒牛」と呼びます。
阿蘇山一帯には、昔は今とはくらべものにならないほど多くの牛が放牧されていました。
当時は、道路沿いに柵もなく牛の群れが道路を横切るときは、車は牛が通り過ぎるまで待っていました。今なら、たちまち道路渋滞をひきおこしてしまいます。
昔は、国産牛がほとんどだったのでしょうね。
考えてみたら、昔は牛肉が鯛よりも高価で、庶民がスキヤキを食べるのは、特別な日だけでしたからね。
e0093903_0195968.jpg

真ん中の牛の尻尾がピンと立っていますね。牛の尻尾はハエたたきにもなって、よく体にとまったハエを尻尾で払いのけています。
e0093903_0201011.jpg

[PR]
by j-machj | 2007-09-15 00:25 | 大地 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://kariud.exblog.jp/tb/6460387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ブンブン at 2007-09-15 00:39 x
>やまなみハイウェイを走っていると、熊本県と大分県の県境を過ぎると、途端に牛が茶色から黒に変わります。これを「肥後の赤牛、豊後の黒牛」と呼びます。

面白いですね。牛の色を見れば、自分が今どこにいるのかわかるなんて。
Commented by もとp at 2007-09-15 08:01 x
おもしろ~い!
走る牛の写真、はじめて見ました!
Commented by コモ at 2007-09-15 11:41 x
こんにちは。
空の色がすっかり秋の色ですね。
パソコンの背景にいただきます。
Commented by みぃ at 2007-09-15 20:18 x
こんな光景、初めて見ました♪
まるで絵葉書のようです。とっても綺麗!
今度行った時は、是非見てみたいです。
Commented by J-マッチ at 2007-09-15 20:31 x
ブンブンさん、そうなんです。やまなみハイウェーはどこを走っているかわからなくなるので、牛の色で見分けるのがいいです。
県境にいる牛はこげ茶色だったりして・・・んなわけないか。(笑)
Commented by J-マッチ at 2007-09-15 20:32 x
もとp さん、二枚目の写真は最後部のグループです。
落ちこぼれの集団のようで、遅れをとったので走って追いつこうとしているようでした。
Commented by J-マッチ at 2007-09-15 20:38 x
コモさん、お久しぶりです。
山から秋らしくなっていきますね。このあたりは本当に空が広くて「地球は丸いのだな」と実感します。
Commented by J-マッチ at 2007-09-15 20:41 x
みいさん、こんばんは。
牛さんたちが畜舎に帰っていくのは、3時から4時前後が多いです。
熊本インターをおりて、国道57号線で大津町まで行き、清正公道という道を登っていくと、見渡すかぎり牛の放牧地帯が続いています。
Commented by miffy(paki) at 2007-09-18 07:47 x
お久しぶりです。
まとめていっぱい写真を見せていただきました。
8月に2日続けて阿蘇には行きましたが、こんなに走っている姿は始めてみました。
しかもシッポが立っているなんて。
いつもゆったり歩いている草を食べているところしか見たことがないです。
Commented by J-マッチ at 2007-09-18 20:42 x
miffy(paki) さん、お久しぶりです。
僕も、牛がこんなに集団で走っているのは初めてみました。
映画の「ダンス・ウィル・ウルブス」のバッファロー牧場のシーンを思い出しました。
ここの牛は、バッファローのように凶暴ではないのですけどね。