ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクロスオーバー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

白い彼岸花(福岡県・築上町)

彼岸花は赤が定番ですが、福岡県・築上町にある正光寺の境内には、白い彼岸花ばかりが咲いています。
約50年前から地域の人たちに大切に育てられて、今では10000本の白い彼岸花が、お寺の境内に咲いています。
見頃時には、「白い彼岸花祭り」も行われて多くの人で賑わいます。

この白い彼岸花は、赤い彼岸花と黄色い彼岸花(ショウキズイセン)の交雑種とされています。
繁殖力が弱く、とても珍しいそうですが、九州では土手などに赤い彼岸花に交じって自生している所を見かけることもあります。

あぜ道に咲く赤い彼岸花が、真っ赤な炎のように見えているのに対して、こうやって白い彼岸花一色だと、まるで妖精をイメージさせられました。
e0093903_21295071.jpg
e0093903_21302881.jpg
e0093903_21300194.jpg
e0093903_21301240.jpg




[PR]
by j-machj | 2018-09-29 21:35 | 植物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kariud.exblog.jp/tb/27572660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by blues_rock at 2018-10-04 12:15
これまた摩訶不思議(シュールで怪しげ)な光景ですね。
星野村の彼岸花の写真、拙ブログに 2枚お借りしました。 お許しください。 
Commented by j-machj at 2018-10-04 21:25
blues_rockさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

ここは一見の価値があります。
白い彼岸花だけが群生しているのは、九州ではおそらくここだけではないかと思います。