ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクロスオーバー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

2018年石釜地区のほたる(福岡市早良区)

2年ぶりに石釜地区のホタルを見に行ってきました。
今年は、あらゆる花の見頃が早かったようですが、ホタルが飛び始めるのも早かったようです。
福岡市の都心から15キロ程度の距離でホタルが見られるというというのも意外ですが、ここは地域の人がホタルが生育できる環境を大事に守っているからです。

ここは、有名豆腐店が2件あり、他にも蕎麦屋さんなどがあるので元々水質は良いのでしょう。
ホタルが生育できる条件としてはカワニナが生育していて、なおかつホタルの幼虫が棲みやすい条件でなくてはなりません。

ここは、都会に近いとあってホタル鑑賞に来る人はたくさんいますが、駐車場はありません。
今年は、今週が見ごろのようですが6月9日(土)と6月10日(日)に西鉄バスが、ホタルの鑑賞スポットへ臨時バスを運行します。

ホタルの鑑賞スポットでは懐中電灯は照らせませんが、ここは都会に近いので比較的明るくて足元はうっすらと見えています。
ちなみに鞍手でヒメボタルを撮る時はiso感度を12800に設定して撮りましたが、これらの写真は全てiso感度800で、絞りf4、シャッタースピードは30秒です。
e0093903_11034386.jpg
e0093903_11032892.jpg
e0093903_11031690.jpg

[PR]
by j-machj | 2018-06-05 11:08 | 動物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kariud.exblog.jp/tb/27313875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kazu at 2018-06-05 15:07 x
こんにちは!
蛍は撮影よりも見るのが好きですね
写真で見るのも和みます!!
テクニック的には星と一緒なら撮影しても
いいかな~って思いますますが、梅雨じゃ
なかなか機会がないです・・・
Commented by j-machj at 2018-06-05 22:01
kazuさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

一発撮りをしている人もいますが、途中光が一度でも当たれば、台無しになるので数コマに分けて、後でコンポジット合成した方が安全です。
光に照らされたコマは捨てればいいのですから、その点は星撮りよりも楽です。