ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクロスオーバー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

平成筑豊鉄道の菜の花

平成筑豊鉄道は、旧国鉄から引き継いだ伊田線、糸田線、田川線を第三セクター方式で運営する鉄道です。
この路線は、春になると至るところに菜の花が咲いています。

しかし、残念なことに今年は菜の花の開花が大幅に遅れて、菜の花が最も多く群生している犀川~崎山間は、まだほとんど咲いていませんでした。
2週間後くらいに、もう一度訪れてみようと思っています。

それにしても、ここはローカル線でもあるにもかかわらず、わずか2時間の間に6色の列車がやってきました。
全ての車両の色が違うのは、このラッピング広告も重要な収入源となっているからです。

筑豊は、かって産炭地であったために、香月線、室木線、宮田線、上山田線、添田線、後藤寺線、幸袋線、伊田線、糸田線、田川線とまるで首都圏のように鉄道網が張り巡らされていました。

しかし、これらは主に石炭やセメントを運ぶための路線であったために、炭鉱が次々と閉鎖されて貨物列車の需要がなくなり、国鉄末期には全国の赤字路線のワースト10のうち、3路線がこの中に入っていました。

その中でJRが引き継いだ後藤寺線と、平成筑豊鉄道となった伊田線、糸田線、田川線が生き残り、国鉄時代と比べて列車本数も駅数も2倍に増やすなど積極的な経営努力を行っており、今や学生や高齢者など交通弱者の重要な足となっています。
e0093903_20560025.jpg
e0093903_20555284.jpg
e0093903_20554552.jpg
e0093903_20562769.jpg
e0093903_20562042.jpg
e0093903_20560918.jpg

[PR]
by j-machj | 2018-03-26 21:02 | 鉄道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kariud.exblog.jp/tb/27160784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bunbun6610 at 2018-03-28 06:30
おはようございます。

そろそろ桜かと思っていましたが、
今回も菜の花とは。
すごい執念ですね。

僕は1、2枚目の写真が気に入りました。
理由は背景です。
菜の花の海を渡っているような、
夢のようなイメージが好きだからです。

電車は赤茶色やピンクの車輌も、
この背景で見たかったですね。
Commented by j-machj at 2018-03-28 17:24
bunbun6610 さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

東京は、桜が満開のようですが、福岡市内はあと2日くらいです。
さっき、ホームグラウンドの舞鶴公園を見に行ってきましたが、今週末がベストのようです。

今度は、桜と列車のコラボを撮りに行きます。
僕も、一番上の写真が好きです。
1・2枚目の写真を撮るのに凄く苦労しました。
斜面に立って撮ったので、凄く不安定で三脚も立てられませんでした。

4月中旬に、もう一度別の場所に行きますから、今度はピンクと赤茶色の列車が来てくれたらラッキーです。