ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

平尾台空撮(動画あり)

山口県の秋吉台や四国カルストとともに、日本三大カルストに選ばれている平尾台は、石灰岩によって形成されています。

この羊の群れのように見える石灰岩の岩は、3億6000万年~2億5000万年前に、気候の温暖な南の海で珊瑚礁が堆積して出来たものがプレートの移動で現在の位置まで移動したものと考えられています。
かって海だった場所が、今は山になっているというところが面白いですね。

また、この大地の下には、200以上の鍾乳洞があるといわれています。
鍾乳洞とは、石灰岩が雨水や地下水によって、とてつもなく長い年月をかれて溶かされて出来上がった洞窟のことです。
この一帯の鍾乳洞の中からは、ナウマンゾウやオオツノジカの化石も見つかっています。

平尾台の鍾乳洞の中でも代表的なものが千仏鍾乳洞で、深さは900メートルあり途中から水が流れているのでサンダルに履き替えて歩いて行かなければなりません。
「冬は冷たそう」と思われるでしょうが、鍾乳洞の中は一年を通して気温は16℃、水温は14℃なので、夏はヒンヤリ、冬は暖かく感じられます。

いつもドローンで空撮をする時は、人が全くいなくて、なおかつ建物もないところを選びます。
そうなると必然的に、山の上を選ぶことが多くなるのですが、この平尾台は独時の形状をしているのでドローンによる空撮にはおあつらえ向きの場所でした。
e0093903_20584405.jpg
e0093903_20583515.jpg
e0093903_20582413.jpg


[PR]
by j-machj | 2018-02-01 21:07 | 大地 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://kariud.exblog.jp/tb/26853858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by blues_rock at 2018-02-02 00:45
いま福岡市と周辺地域で公開中(2月3日から全国ロードショー)の映画「巫女っちゃけん。」の終盤、宮地嶽神社の長い石段を俯瞰しながらゆっくり上がり、最後に森に囲まれた社殿を空撮したシーン(たぶんドローン空撮)を見て、私は、すぐ j-machjさんのドローン空撮を思い出しました。
まるで、 j-machjさんが、撮ったようなドローン空撮映像でした。
Commented by kazu at 2018-02-02 16:08 x
こんにちは!
ドローンは結構遠い距離飛ばすことができるのですか?
平尾台の地形が本当によくわかりますね
いついくか 検討していますが 天気次第です
地形は私好みです とにかく海でも山でも岩が星と会いますよね
Commented by j-machj at 2018-02-02 21:09
blues_rock さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

ドローンは、高いところからばかりでなく地面すれすれに飛ばしても面白い画が撮れますね。
そういえば、YouTubeにアウシュヴィッツをドローンで撮影した動画がありました。
アウシュヴィッツは、一切立ち入り禁止なのですが、空からでなくドローンを自動操縦して、人間の目線で収容所内を撮影してありました。
Commented by j-machj at 2018-02-02 21:16
kazuさん、こんばんは。
僕のドローンは、どちらかというと入門機なのですが、1キロ先まで電波が届きます。
しかし、ドローンが肉眼で見えるのはせいぜい300メートルくらいのでなので、最長でそのくらいの距離まで飛ばしています。
平尾台は、ドリーネという窪みがところどころにあるので、遊歩道以外は立ち入り禁止になっています。
でも、ずっと車道が続いているので、道から外れなければ夜でも安全です。