ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

<   2017年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「博多」という地名は、今でこそ福岡市の行政区の一つとなっていますが、その歴史は古くその名前が初めて歴史に登場するのは、続日本記に797年(延歴16年)に博多津(博多大津)と記されています。

さらに言うならば、この地には2000年以上に前に、奴国(なのくに)という都市国家が存在していたという説があります。
ゆえに、一説によると博多港は日本最古の港(湊)と言われています。

一方、「福岡」という地名は、福岡藩の領主となった黒田長政が1601年(慶長6年)に、現在の地下鉄赤坂駅の西側に城を築き、その町の名前を「福岡」と命名したのが始まりとされています。
ちなみに、その地名は黒田氏の父祖の地である備前国(岡山県瀬戸内市長船町福岡)から名前を取ったと言われています。

こうして福岡市の中心部を流れる那珂川を境にして、西側が「武士の町・福岡」、「東側が商人の町・博多」という住み分けが出来ました。

明治時代に入ると1871年(明治4年)の廃藩置県によって、福岡藩は福岡県と改められました。
その2年後には、「市制及び町村制」の交付が行われますが、市名を「福岡市」するか「博多市」にするか大論争が起きました。
初めは、「博多市」が優勢だったのですが、議会による投票は同数で、最終的には福岡出身の議長による裁決で「福岡市」に決定しました。

しかし、これでは博多の商人たちのプライドが許さずに、駅名を「博多駅」とすることで決着がつきました。
その後も「市名を博多市に変更すべき」という論争は続きました。

考えてみれば、福岡市の文化は伝統工芸なら「博多織」や「博多人形」、お祭りなら「博多山笠」や「博多どんたく」等々・・・
福岡と名のつくものは、ほとんどが明治以降に入ってからのものですね。

全国で、「福岡」と「博多」の違いを明確に答えられる人は、多くはありません。
地元の人でさえ、この使い分けはあいまいです。
全国放送のテレビ番組では「福岡県博多市」と間違ったテロップが流れることが、しばしばあるそうです。
e0093903_10492938.jpg
e0093903_10485913.jpg
e0093903_10494028.jpg
e0093903_10490201.jpg



[PR]
by j-machj | 2017-12-16 10:53 | 都市・町並み | Trackback | Comments(2)
平成新山は、平成3年2月から平成7年3月ごろまでの、雲仙普賢岳の噴火活動によって出来た日本で最も新しい山です。

平成3年5月20日に最初の溶岩ドームが出来て、その後13個のドームが出現しました。
その溶岩ドームを、最初の噴火活動から5年目を迎えた平成8年5月に、長く続いた災害と新たな復興の記念として「平成新山」と名づけられました。

一枚目の写真は島原市布津町付近、2枚目は雲仙市の仁田峠循環道路の第二展望台から撮影しました。
e0093903_09241756.jpg
e0093903_09240657.jpg
これは「島原まゆやまロード」から見た平成新山です。
国道57号線・門内町付近から、まゆやまを迂回して国道57号線・下折橋町へ通じる約8キロのの道で、平成新山を間近に見るなら、この道が一番おすすめです。
信号もなく、いつもガラガラに空いていて、ライダーに人気のある、とても走りごたえのある道です。

この沿道には、雲仙の噴火活動の歴史を知ることが出来る「平成新山ネイチャーセンター」があります。
e0093903_09242553.jpg
雲仙の噴火活動による復興工事は、今もなお続いています。

雲仙の火山活動は、平成3年6月3日に大火砕流が発生し、水無川へと火砕流が流れて行きました。
この災害をうけて43名の死者・行方不明者と9名の負傷者を出す惨事となりました。
これは、水無川に建設されている土石流にそなえた堤防及び砂防ダムです。
e0093903_09243669.jpg
天気が良ければ、絶景だっのですか゛・・・
遠くに見えているのは、熊本県の天草半島です。

この一帯は、豊かな農村地帯で主にジャガイモなどが栽培されていますが、その一部は土石流に埋もれました。
「道の駅・みずなし本陣」には、土石流に埋もれた民家が保存されています。
e0093903_09244956.jpg



[PR]
by j-machj | 2017-12-12 10:14 | | Trackback | Comments(0)
12月に入って星がよく見えるようになったので、チャンスがあれば近場で星を撮っています。
しかし、街灯があるとどうしてもゴーストフレアが出てしまいます。
そこで、なるべく街灯のないところを探してみました。

一枚目は、早良区西新を流れる桶井川の橋の上から、2枚目は舞鶴公園の西広場からです。
川の近くというのは、比較的じゃまになる光がないので撮りやすいですね。

舞鶴公園の西広場は街灯がありますが、広々として遮るものがないので星を撮りやすいです。
e0093903_17300153.jpg
e0093903_17295301.jpg



[PR]
by j-machj | 2017-12-08 17:30 | 星景写真 | Trackback | Comments(2)

友泉亭は、福岡藩六代藩主・黒田継高の別荘として江戸時代中期・宝暦4年に建てられたものです。
一時期は、所有者の変転で荒廃していましたが、福岡市としては初めての池泉回遊式の庭園として復元され、昭和56年から一般に公開されています。

庭園内には、もみじの木がたくさんありますが、かなり街の中にあり、朝の冷え込みが強いわけでもなく決して綺麗に色づく条件にはめぐまれていないので、あまり紅葉は意識していませんでした。

しかし、今年は11月下旬に真冬並みの寒さになったせいか? これまでになく美しく色づいていました。
自宅から4キロしか離れていなくて、いつも横を通り過ぎるのですが、今回は思わず車をとめました。

ちょうど雨上がりだったので石畳がしっとりと濡れて、いっそう美しく見えました。
本館の大広間は、和の味わいを存分に楽しめる数寄屋造りで、300円でお菓子と抹茶が楽しめます。


e0093903_19515894.jpg
e0093903_19511725.jpg
e0093903_19520787.jpg
e0093903_19510478.jpg

[PR]
by j-machj | 2017-12-04 20:23 | 紅葉 | Trackback | Comments(2)