ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

<   2014年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

高良山は福岡県久留米市の耳納(みのう)山地の西に位置する主峰で標高は312メートルあります。

この高良山から、うきは市の耳納山まで耳納スカイラインが続いています。
かっては暴走族に人気がありましたが、今は道路の舗装が荒れっぱなしで決して走りやすい道ではありません。
それでも、高良大社や途中の展望台からは久留米市の夜景や筑後平野が見渡せて綺麗です。

この山の中腹には、高良大社があり麓からは、車でも登っていくことが出来ます。
また、石段が続いているので歩いて登っていくことも出来ます。
その途中に、モミジの綺麗な所がありますが、僕が行った日はもう終わりかけていました。
ここは、ドライブよりもトレッキングの方が適しているでしょう。

また、心霊スポットとしても有名です。
一度、夜ドライブしたことがありますが、別に幽霊がでなくてもカーブがかなりきついので、夜は走りたくはない道です。
これまでに死亡事故も多発しているし、霊山ということもあって、そういう噂が出てきたのでしょう。
e0093903_1250389.jpg
e0093903_12501980.jpg

[PR]
by j-machj | 2014-11-30 12:52 | 紅葉 | Trackback | Comments(10)
これは10月末にエルパティオ牧場に行った時の写真です。
朝おきて、大観望まで雲海が出ているか確認に行きました。
この日は雲海は出ていませんでしたが、大観望にはすでに人がたくさん来ていました。
しかも、バイクのCMの撮影も行われていました。
ここは、雲海が見られなくても阿蘇山方面から昇る朝日を見ることができます。
e0093903_18275413.jpg

早朝の阿蘇スカイライン(ミルクロード)は霧に包まれて幻想的です。
e0093903_18291472.jpg

こちらは、やまなみハイウェイの瀬の本高原から阿蘇市一宮へ向かう途中にある城山展望所です。
パッチワークのような田園風景を見たかったら、こちらの方がお薦めです。
場所はこちらです。
e0093903_18321575.jpg

[PR]
by j-machj | 2014-11-26 18:33 | | Trackback | Comments(4)
今、博多駅界隈のお寺がライトアップされています。

今年で9年目になる、このイベントも始まった頃は4軒のお寺と櫛田神社で行われていましたが、今年は12軒に膨れ上がり、4年前に行ったときとは比べ物にならないほど人が増えていました。

以前は、御供所・冷泉ライトアップと呼ばれていました。
僕は、古風な響きのこの名前の方が好きだったのですが、スケールアップした今は博多ライトアップウォークと呼ばれるようになりました。

このイベントは24日まで行われます。
人の多さが気にならない人にはおススメです。

博多ライトアップウォーク2014
http://hakata-light.jp/index.html
e0093903_039716.jpg

圧倒的に人気があるのがこの承天寺です。
それは、石庭に照らされた照明がとても幻想的だからでしょう。
ここは、混雑するので17時15分ごろ云って、最初にここから見てまわることをお勧めします。
e0093903_0395545.jpg
e0093903_040480.jpg

このイベントのシンボル的存在なのが、この東長寺で他の小さなお寺が日本的に控え目な照明で幽玄さを醸し出しているのに対して、ここはど派手な照明が特徴です。
まるで新興宗教(失礼)のような雰囲気ですが、それはそれで魅力的です。
e0093903_044264.jpg
e0093903_045836.jpg

ここは、少し離れたところにあるので人は少ないです。
イルミネーションに熊本の竹あかりを取り入れています。
e0093903_0501220.jpg

それにしても、御供所町(ごくしょ町)は本当に情緒豊かな町です。
ふだんは天神や百道などしか歩かないので、なおさらそう感じました。
ここは、今も昔ながらの町工場や古い商店などがいくつも残っています。
e0093903_056786.jpg

[PR]
by j-machj | 2014-11-22 01:01 | 夕景・夜景 | Trackback | Comments(6)
大分県の耶馬渓の紅葉が見ごろをむかえています。
ここは大分県のみならず、全国でも有数の紅葉の名所で、「新日本三景」に選ばれました。
そのなかでも、特にはずせないのが深耶馬渓の「一目八景」で、今年は温泉につかりながら、ゆっくりと紅葉を堪能してきました。

深耶馬渓の駐車場から一目八景方面へ2分ほど歩くと「耶馬渓山荘えばしや」という民宿があります。
その隣に「政花園」という無料の展望所があり、ここは時々人が登ってくる程度でゆったりと紅葉を堪能することが出来ます。

そして、その隣には展望風呂がありました。
そこは露天風呂ではありませんが、デッキがあってここから見る「一目八景」は絶景でした。
e0093903_0225651.jpg
e0093903_0232428.jpg

駐車場の横のもみじ並木は夜はライトアップされています。
e0093903_0241469.jpg

[PR]
by j-machj | 2014-11-19 00:26 | 紅葉 | Trackback | Comments(6)
今日は、全国的に12月中旬の寒さだったそうですが、福岡も日中の気温は12度までしかあがらず寒い1日でした。
久住連山では、雪が積もったそうです。

ところで、先月末に「やまなみ牧場」で星空見ていた時の気温は5℃した。
その翌日は、やまなみハイゥエイ付近の気温は、2.5℃まで下がり一面霜がおりていました。
もう少し早く起きていたらよかったのですが、すでに霜は溶け始めていました。

やまなみハイウェイは、阿蘇から久住にかけて秋は一面すすきにおおわれます。
久住と違って阿蘇は紅葉よりもすすきがよく似合います。
紅葉は色づきが悪くて期待を裏切られることがありますが、すすきは期待を裏切られることはなく12月まで見られます。
e0093903_223313100.jpg
e0093903_22333349.jpg
e0093903_22334831.jpg

これは、前日の夕方に撮影しました。
e0093903_22362162.jpg

[PR]
by j-machj | 2014-11-13 22:37 | 大地 | Trackback | Comments(6)
久住高原ロードパークを走った日は、阿蘇郡産山村にあるエルパティオ牧場に泊まりました。

ここは、部屋の入り口が一部屋ずつ独立しているので、門限を気にしなくてすみます。
そして部屋を一歩出れば満天の星空です。
そのためか?もう一人天体マニアが泊まっていて天体望遠鏡で星空の観察をしていました。

チェックインを済ませて部屋で一休みした後、充分に暗くなってから、近くの「うぶやま牧場」へ出かけてみました。
ここは、よくある観光牧場ですが、この風車がトレードマークとなっています。

もう真っ暗なのでシャッタースピードを30秒に設定してISOを1600まで上げても地上の風景は写りませんが、
時々通りかかる車のライトに照らされて風車も写すことが出来ました。
e0093903_13201850.jpg

e0093903_1321482.jpg

e0093903_13232538.jpg

[PR]
by j-machj | 2014-11-08 13:23 | 星景写真 | Trackback | Comments(2)
2016年11月13日追記 (久住高原ロードパークは、熊本地震の被害をうけて現在は全線通行止めになっているそうです。)


やまなみハイウェイへ、紅葉、星空、雲海を見に行ってきました。
結果は、「紅葉」はイマイチ、夜は「満天の星空」、「雲海」には出会えなかったので、すすきの原野を撮ってきました。

まずは、紅葉からです。
牧の戸峠から上は終わりかけていましたが、車でまわれる所はこれから見ごろを迎えそうです。

写真は、久住高原ロードパークです。
久住高原ロードパークは、瀬本~久住間を結ぶ全長9キロの有料道路です。

紅葉の時期以外は、あえて通行料を払って走るほどの道ではないですが、紅葉の時期はここが一番綺麗です。
この道路は、民間で運営されている観光道路なので通行できる時間は、9時~17時(閉門~16時45分)となっています。
e0093903_1343634.jpg

e0093903_1374683.jpg
e0093903_1381378.jpg
e0093903_1383426.jpg

[PR]
by j-machj | 2014-11-04 13:09 | 紅葉 | Trackback | Comments(16)
これは、ヤラセです。
コスモスはわずかな風でも花が揺れるので、スローシャッターが切れません。
そこで、やむをえずにペットボトルにさした花を車のダッシュボードの上に置き、後ろの席から撮影しました。

これだけぼかすには、デジタル換算で250ミリにしてもここまでアップで撮る必要がありました。
ボケは、街灯、ショールームの照明、車のテールランプ、イルミネーションで作りだしています。
e0093903_18392247.jpg

e0093903_1840221.jpg
e0093903_18404181.jpg
e0093903_1841675.jpg

[PR]
by j-machj | 2014-11-01 18:43 | 植物 | Trackback | Comments(8)