ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

追記2016年5月 ラピュタの道は熊本地震の被害により、通行止めになっています。

ここは、ネットの情報によって徐々に有名になりつつある阿蘇の北外輪山の裏スポットです。
「ラピュタの道」とは、雲海が発生したときに道路が宙に浮いているように見えることから、宮崎駿監督の長編アニメーション「天空の城ラピュタ」にちなんでそう呼ばれるようになったのだと思います。
四輪の小型車ならどうにかすれ違える狭い道で、急コーナーの連続なのでライダーたちに特に気に入られているようです。
北外輪山のミルクロードから降りて行くとすぐに到着できますが、下から登っていくにはスリル満点のドライブとなります。
e0093903_0462257.jpg

上から見下ろすと、ずっと道が続いているのがお分かりでしょうか?
雲に隠れている部分は、きついコーナーの連続です。
e0093903_0473746.jpg

朝6時には、早くも雲海ハンターたちがたくさん集まってきていました。
e0093903_0484941.jpg

ランドクルーザーやパジェロのロングホイールベースなら、一度切り返さなければ曲がりきれないような急コーナーですが、ライダーたちは車体を目いっぱい傾けてアクセル全開で走りぬけて行きます。
場所はこのあたりです。
http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E131.0.21.131N32.57.21.298&ZM=8
e0093903_8515552.jpg

[PR]
by j-machj | 2013-05-30 00:59 | 道路 | Trackback | Comments(13)
先日、家族と黒川温泉の貸別荘に泊まってきました。
3日とも天気はよかったものも、コンディションは最悪でした。
霞がひどく、遠くの山も星もよく見えませんでした。
ネットの情報では見ごろと書いてあった、仙酔峡のミヤマキリシマもほとんど終わりかけていました。
ふてくされていたら、最後の日の朝は外輪山から、まさかの雲海が見られました。
雲海は、次回の更新てアップします。

前置きが長くなりましたが、黒川温泉へは大分県から入って行きました。
久住の方は、比較的空は青く山もまあまあ綺麗に見えていました。
「くじゅう花公園」はポピーが見ごろで、ここは一年でも今が一番綺麗のようです。

くじゅう花公園ライブカメラ及び現在の花の開花状況
http://www.exblog.jp/myblog/entry/new/?eid=e0093903
e0093903_8422053.jpg
e0093903_8433232.jpg
e0093903_843594.jpg
e0093903_8441251.jpg
e0093903_8434791.jpg

[PR]
by j-machj | 2013-05-26 08:44 | 植物 | Trackback | Comments(8)
5月に入って、やたらと霞んでいます。
水蒸気によって白く霞んでいるのではなくて、少し黄色身を帯びています。
これって黄砂のせいでしょうか?
そういえば3日前から喉が痛いです。
もしかして、PM2.5のせい?

しかし、時にはこの霞みもプラスに応用できます。
夕方の太陽の輪郭が比較的はっきり見えます。
しかも光が柔らかいので、シャドウ部分は黒くつぶれにくいです。

この写真は数日前に糸島市の可也山の近くで撮影しました。
e0093903_21535339.jpg
e0093903_21542011.jpg

[PR]
by j-machj | 2013-05-22 21:56 | 田畑 | Trackback | Comments(8)
収穫期を迎えた麦が風になびいて美しい季節です。
ここ、JR筑肥線の一貴山~筑前深江間は、広大な麦畑になっています。
糸島地区では、春から初夏にかけて麦が栽培され、初夏から秋にかけては米を栽培する二毛作が行われています。
ここは、間もなく麦が刈り取られて水田にかわります。
e0093903_1295773.jpg

午後から風が強くなり、麦が風になびきはじめました。
風になびく麦は、まるで波のようで美しいですね。
e0093903_12123055.jpg

e0093903_12135288.jpg

これは別の種類の麦だと思います。
逆光で撮ると、輪郭がくっきりと写りました。
e0093903_12144710.jpg

麦の刈り取りが終わり、田んぼに水が張られる前にトラクターで畑を耕します。
その時にアマサギがずっとトラクターの後ろをついていきます。
これは、掘り返された土の中にいる虫を食べるためです。(画像をクリックすれば、横1200ピクセルのパノラマ写真になります)
e0093903_1223376.jpg

[PR]
by j-machj | 2013-05-18 12:24 | 鉄道 | Trackback | Comments(4)
今度は、玄海町にある「浜の浦の棚田」に行ってきました。
「大浦の棚田」は僕一人だけだったのに、ここは土曜日ということもあったので夕日を見に来ている人が100人以上はいました。
当然、駐車場は満車ではみ出した車が路上駐車していました。
個人的には「大浦の棚田」の方が好きですが、ここが人気があるのはこの時期は正面に夕日が沈むからだと思います。
ここは唐津半島のメインルートである国道204号線沿いにあるのでよく知られているのだと思います。
この日は、黄砂が酷くてイマイチな結果に終わってしまいました。
e0093903_1316071.jpg

e0093903_13393455.jpg
本当は沈む太陽が撮りたかったのではなく、沈む月と漁火が撮りたかったのです。
電線の下にうっすらと月が見えているのがお分かりでしょうか?
しかし、月が細すぎて霞がかかっていたので、ひのあとすぐに月は見えなくなりました。
漁火も原油の高騰のためか?2隻しか出ていませんでした。
e0093903_13192620.jpg

[PR]
by j-machj | 2013-05-14 13:20 | 棚田 | Trackback | Comments(15)
GWの後半は、鍋ケ滝のライトアップを見に行ってきました。
鍋ケ滝は、滝の裏側が深くえぐられているので、そこからライトを照射しています。
このライトアップは、GWの後半に行われていて今年で6年目を迎えました。
今やネットですぐに情報が伝わるので、これからどんどん行く人が増えそうです。
e0093903_1333957.jpg
e0093903_1335950.jpg

ライトアップの始まる1時間30分前に着いたので、駐車場には楽に入れましたが、もう良い場所はほとんど押さえられていました。
1枚目の写真はデジタル換算で18mmで撮っていますが、これ以上後ろに下がれないので、10mmを持っていかなかったのが失敗でした。
e0093903_138137.jpg

僕は、この構図で撮りたかったのですが、カップルの立っている位置には、カメラマンが数人川の中に三脚を立ていました。
今のところは、観光客よりもカメラマンの方が多いです。
(2012年8月撮影)
e0093903_13142362.jpg

[PR]
by j-machj | 2013-05-10 13:18 | 川・滝 | Trackback | Comments(12)
福島の棚田で夕日を拝んだ後は、唐津半島の「大浦の棚田」へ移動しました。
日が沈む前と後では、こうも色が違うのですねえ・・・・

この季節は、いつ来ても霞がかかって島がよく見えないのですが、日が沈んだ直後に撮ればクッキリと写せることに気がつきました。
どこへ行っても人ばかりのGWにありながら、ここは夕方から訪れたので他に誰も人がいなくて、とても癒されました。
e0093903_17382925.jpg
e0093903_17385417.jpg

[PR]
by j-machj | 2013-05-06 17:38 | 棚田 | Trackback | Comments(12)
GWの前半は、唐津半島の棚田めぐりに行ってきました。
まず最初に寄ったのは、福島町の棚田です。
ここは、有名な「土谷の棚田」から4キロほど離れたところです。
一か所だけ海に突き出た、丸い棚田がありました。
この辺りは、小さな島が無数にあって、夕暮れ時が一番綺麗です。
少し霞がかかっていたので柔らかい色合いになりました。
e0093903_23275690.jpg

[PR]
by j-machj | 2013-05-02 23:28 | 棚田 | Trackback | Comments(6)