ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

<   2012年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

牧の戸峠で紅葉狩りを楽しんだ後は、飯田高原エリアで星景写真を撮ってみました。
月が出ていたので、決して良い条件とは言えませんでしたが、それでも山の上で見る星空は都会とは大違いです。

星景写真は、真っ暗な中で風景を撮るために、構図はほとんど勘に頼らざるをえません。
それでも、月がほんのりと明かりを照らしてくれたので、比較的楽に構図を決められました。

ちなみに、撮影データは3枚とも デジタル換算18mm、ISO感度800、絞りf3.5、シャッタースピード20秒です。
シャッターの開放時間をもっと長くすれば、肉眼では見えない星も写りますが、星が流れて楕円形になってしまいます。

e0093903_2054893.jpg


e0093903_206535.jpg


e0093903_2061929.jpg


昼ご飯は、飯田高原レストハウスの豊後牛の草原ライスです。
オムライスかと思っていたら、ご飯は白飯でした。
オム丼と考えたらいいでしょう。

e0093903_20183032.jpg
   
[PR]
by j-machj | 2012-10-30 20:07 | 星景写真 | Trackback | Comments(14)
リンクを張っていただいている方、お二人から九重連山の紅葉の情報をいただいたので、僕ももさっそく行ってきました。
25日の時点では、牧ノ戸峠の駐車場から沓掛山までのあたりが見ごろを迎えていました。
来週は、牧ノ戸峠から下の方が見ごろを迎えるでしょう。

この時期の牧ノ戸峠の駐車場は、平日でも車が停められるわけがないので、16時に行って沓掛山のちょっと下の方まで登ってきました。
そのため夕方の光を浴びて山はかなり赤く染まっていました。

25日は九重から阿蘇へ移動するために、朝7時30分に再び牧ノ戸峠の駐車場の前を通りましたが、もうすでに満車になりかけていました。
休日ともなれば、もう長者原から登るしかないでしょう。
長者原の駐車場も、車中泊をしている人がたくさんいました。

e0093903_20295093.jpg
e0093903_20301034.jpg
e0093903_20303796.jpg
e0093903_20305960.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-10-26 20:32 | 紅葉 | Trackback | Comments(15)
先週に続き、昨日(21日)も海の中道海浜公園へ行ってきました。
そこで、たまたま「くまモン」に会えました。
「くまモン」とは去年の「ゆるキャラグランプリ」で一位になった、熊本県のマスコットキャラクターです。

今や熊本県に行くと、どこもかしこも「くまモン」であふれています。
数年前は、宮崎県が産地の食料品のパッケージには、なんでも東国原前宮崎県知事の似顔絵を採用していましたが、「クマもん」はその比ではないです。

一年間の経済効果は25億円、キャラクターグッズはゆうに1000点を越えているそうです。
これは熊本県の許可を得れば、企業であっても著作権料は無料なのだそうですね。
それで、これだけ「クマもん」に便乗した商品が出回っているわけですね。
それにしても、このブームいつまで続くでしょうね。
e0093903_061199.jpg

海の中道海浜公園にあった「くまモン焼」
鯛焼きの図柄をくまモンに置き換えたものですが、黒あん、カスタード、チョコの他にハムエック入りというのもありました。
僕も、お土産に買って帰りました。
e0093903_09752.jpg

北熊本サービスエリアにて
e0093903_010764.jpg
e0093903_0103261.jpg
e0093903_011326.jpg

阿蘇・瀬の本高原レストハウスにて
e0093903_016154.jpg

お約束通り、観覧車の前のコスモスが満開になってました。
これは、ドワーフセンセーションというのだそうです。
花は普通のセンセーションと同じくらいの大きさですが、背丈は10センチほどです。
まるで、パンジーのようなコスモスです。
e0093903_019277.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-10-22 00:20 | その他 | Trackback | Comments(11)
伊都国とは『魏志倭人伝』に記されている国の一つで、地域としては福岡県糸島市及び福岡市西区と見られています。
そのため、このあたりは平原遺跡をはじめとした遺跡や古墳がたくさんあります。

福岡市の都心部から西へ20キロほど離れると、ようやくのどかな田園地帯になってくるので、僕は都会の喧騒から逃げ出したいときは、よくこちらの方にドライブに来ます。
このあたりには、平原遺跡の他にも周船寺コスモス広場今津中田コスモス広場などコスモスの咲いているところがたくさんあります。
これは、県道565号線沿いに見つけたコスモスロードです。
綺麗に舗装された農道に1キロ以上のコスモスが植えられてました。
場所はこちらです。
e0093903_2033450.jpg

再び平原遺跡へ・・・
古民家の隣のコスモスも満開になっていました。
e0093903_20341514.jpg

e0093903_20345450.jpg
e0093903_20351031.jpg
e0093903_2035358.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-10-18 20:37 | 植物 | Trackback | Comments(12)
福岡市東区の海の中道海浜公園の「花の丘」のコスモスが見ごろを迎えています。
公園全体としては、まだ早めで来週くらいがちょうど良いころでしょう。
今、はなまつりが開催中でコスモス以外にも秋の花がたくさん見られます。
また21日は入園料が無料になります。

ところでまた台風が接近していますが、コスモスはひとたび強風にされたれるとズタズタになってしまいます。
まだ、満開になっていないところの方が多いので心配です。
コスモスは、ちょっとの風でも揺れるので、風の吹く日は撮りにくいです。
そのためなるべく、午前中か夕方を狙っています。
それでも、風の強い日は向かい風に向かって撮ると、花が正面を向いてくれるので撮りやすいです。

e0093903_9104769.jpg

e0093903_9112648.jpg

観覧車の前のコスモスは、まだ5分咲きくらいでした。
ここは、背が低くてかわいらしいコスモスが咲いています。
e0093903_9123884.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-10-14 09:13 | 植物 | Trackback | Comments(12)
福岡県糸島市にある平原歴史公園のコスモスが満開になりました。
福岡県では一番早かったようです。
仕事を終えて、夕方立ち寄ってみましたが、綺麗な夕焼けが出て良い感じになってました。

ここは、日本最大の銅鏡「内行花文鏡」が出土した「平原遺跡」を、歴史公園として整備したもので、出土品を再現した陶壁画や古民家などがあります。
ちょうど今の時期には、古民家の隣に蕎麦の花が咲いていました。
e0093903_22374523.jpg

e0093903_22184693.jpg
e0093903_22191843.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-10-10 22:19 | 植物 | Trackback | Comments(10)
国民宿舎久住山荘に泊まった時に朝6時に窓の外を見たら、阿蘇山に雲海が見えてました。
そこで歯も磨かずに、さっそくスカイパークあざみ台まで行きました。
根子岳がちょっと雲に隠れているのが残念ですが、久住高原から阿蘇山を見るとこのように見えます。
阿蘇さんの手前は、産山村でこのあたりはほぼ牧草地です。
これからのシーズンは、早朝はうっすらともやがかかって、ススキなどにつく水滴がとても綺麗です。
e0093903_21351288.jpg

こちらは、大分県と宮崎県と熊本県にまたがる祖母山で標高は1756メートルあります。
e0093903_21393011.jpg

ついでですが、これは2年前に牧の戸峠から見た阿蘇山です。
夕方の写真ですが、このように秋は夕方でも雲海もどきの光景が見られることがあります。
e0093903_21415387.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-10-06 21:44 | | Trackback | Comments(12)
七つ森古墳を後にして久住→小国→中津江→八女と走りました。
中津江をすぎると、所々に彼岸花の群生が見えてました。
そしてたどり着いたのが、黒木町・大渕地区の彼岸花群生地です。

これまでに彼岸花の綺麗な棚田は、うきは市(つづら棚田)、小城市(江里山の棚田)、山鹿市(番所の棚田)と見てきましたが、彼岸花に関してはここが一番綺麗だと思いました。
普通、棚田に咲く彼岸花は畦道に一列に咲いているものですが、ここは段差の斜面に咲いているので赤いベルトのように見える彼岸花が太く見えるのです。
場所は、このあたりで国道442号線に標識が出ています。
e0093903_21453595.jpg
e0093903_21461941.jpg
e0093903_21463123.jpg
e0093903_21471735.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-10-02 21:47 | 植物 | Trackback | Comments(14)