ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

出水平野でツルが最初に観察されたのは記録によると島津藩による最初の干拓ができて数十年を経た元禄7年といわれています。
その後、江戸幕府が薩摩藩の領民にツルの保護を呼びかけていたことからそれ以降もツルの飛来が増えていくようになったそうです。

しかし第二次世界大戦が始まると、越冬地周辺に海軍飛行場が施置さたので飛び交う戦闘機の影響で昭和22年には275羽まで減少したといわれています。

しかし、その後は昭和27年3月29日に「鹿児島県のツルおよびその渡来地」として特別天然記念物に指定されたので、それ以降は住民の保護活動によって現在の数まで増えたそうです。
e0093903_8435676.jpg
e0093903_8442851.jpg

e0093903_8445014.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-01-30 08:45 | 動物 | Trackback | Comments(4)
新幹線で、出水市へ「鶴さんウォッチング」に行ってきました。

出水市は、11月から2月末頃までにナベヅルやマナヅルが越冬のために、シベリアや中国東北部から飛んできます。
僕が初めてこの地を訪れたのは20年前でしたが、そのころは9000羽くらいの鶴が観測されてたいそうですが、今は13000羽に増えて数としては世界一のツルの飛来地となっています。

鶴観測センターまでは、鶴が越冬する2月末まで、出水駅から周遊バスが出ています。
鶴観光周遊バス時刻表
e0093903_20283752.jpg

e0093903_2029591.jpg

上がナベヅルで下がマナヅルです。
ただ観ているだけでも癒されました。
e0093903_2032384.jpg

e0093903_20331647.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-01-25 20:36 | 動物 | Trackback | Comments(13)
いつも百道浜の写真を撮り続けていますが、先日海の中道を通ったらちょうど干潮になっていて、これまでに気がつかなかった構図を発見しました。
この二枚の写真は、わずか1キロしか離れていない場所から撮りました。
上が内海を入れて、下が外海を入れて撮っています。
同じ場所からでも、レンズの焦点距離と、ちょっと構図を変えるとこれだけ違ってきます。
e0093903_16442369.jpg
e0093903_1644484.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-01-21 16:45 | 夕景・夜景 | Trackback | Comments(11)
先々週出会った一コマです。

ここは、元は佐賀県の三瀬村。
福岡市から最も近い佐賀県です。
現在は、佐賀市に編入されたので、福岡県と佐賀県は県庁舎在地が隣接する県となりました。

このあたりの農業従事者は、60パーセントが70歳以上だそうです。
それでも地元の高齢者達は元気で、福岡県で「三瀬ブランド」はとても人気があります。

福岡市内は冷たい雨が降っていても、ここはすぐに雪が積もります。
雪の中を、とぼとぼと歩いているおばあちゃんの姿に振り向いて思わず「おばあちゃん頑張って!」と叫びたくなりました。
e0093903_21461027.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-01-17 21:46 | 雪景色 | Trackback | Comments(11)
福岡県は、今年に入ってずっと天気がぐずついています。
まともに晴れた日はほとんどなく、かといって雨もほとんど降らないという、なんとも中途な天気です。
そんな中で、満月の日はほんの5分だけ月が見られました。

これは、九州大学伊都キャンパスの中にある木です。
構図は月が木の真上にあって、ほんの少しだけ枝と重なっているのが理想です。
僕の持っているレンズ(最大250mm)では、月を大きく写すのはこれが限界です。
月は、毎月昇る位置がずれていくので、来月も晴れていればリベンジします。
e0093903_1415655.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-01-13 20:20 | 星景写真 | Trackback | Comments(9)
今年の初撮りは霧氷です。
お正月寒波がやわらいで晴れ間が広がった日に、雪が溶けないうちにと別府の鶴見岳へ行ってきました。気温は、午後2時でマイナス6℃でした。

この日は、まだ正月休みが終わっていない人も多かったようでロープウェイはかなり人が多かったです。
中にはビジネスシューズやハイヒールでロープウェイに乗ってきた人もいましたが、山頂駅の展望台から外には出られなかったようです。
こんな所に、ハイヒールで来るのはご法度です。
冬の鶴見岳に行く時は、ちゃんと滑りにくい靴で行きましょう。
e0093903_195413100.jpg

向こうに見えているのは由布岳です。
時折、雲から顔を出していたので、その瞬間に撮影しました。
e0093903_19555992.jpg
e0093903_19562668.jpg

手前が別府市で遠くが大分市です。
e0093903_19592928.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-01-09 20:01 | 雪景色 | Trackback | Comments(14)
JR香椎線は、宇美~西戸崎を結ぶ路線ですが、その存在は目だたないものです。
海の中道駅~奈多駅の間は、海のすぐ横を通っているのですが、海の存在に気がついていない人も多いでしょう。
ここは、砂浜が砂丘のように盛り上がっているので、列車から海が全く見えないのです。
しかし、注意深く撮影ポイントを探して見ると良い構図になる場所が見つかります。

これは、冬至のころに撮影しました。
太陽が1年で最も南寄りになる時は、雁の須レクレーションセンター付近から見ると正面に太陽が沈みます。
e0093903_21181864.jpg

現在整備中の海の中道海浜公園の環境共生の森に造られた展望台からだと唯一海を入れて撮影することが出来ます。
e0093903_21235699.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-01-05 21:27 | 鉄道 | Trackback | Comments(18)
明けましておめでとうございます。

おかげさまで、このブログも8年目を迎えることができました。
これからも、九州発の四季折々の風景を届けてまいります。
今年もよろしくお願いいたします。

この写真は、12月30日に撮影したものです。
今の時期だと、能古島から百道浜に昇る太陽を見ることができます。
e0093903_0162375.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-01-01 00:17 | | Trackback | Comments(16)