ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

<   2011年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

チャンスは待つものでなくて、作るもの?

去年「アイランドタワーにかかる虹」の撮影に成功して以来、時間の空いているときで晴れているのに雨が降っていたら、虹の見えやすい場所に移動して待機しています。
ここ数日、どんなに雨が降っても、何故か夕方は雨の中でも西の空は晴れ間の見える日が多いです。
虹は、太陽に背中を向けて、太陽と自分の立っている地点との角度が40度~42度になった時に見えてきます。

これは、志賀島海水浴場からです。
デジタル換算18ミリでも、虹は全部収まりきれませんでした。
シミのように写っているのは、あわてて撮ったのでレンズに水滴がついてしまいました(涙)
e0093903_20495159.jpg

こちらは、自宅近くのお気に入り場所から。
雨も小降りで、太陽の光も弱かったので、うっすらとしか見えませんでした。
上の写真と比べると、虹の外周が大きく写っているのがわかるでしょう。
太陽の位置が、低くなるほど虹の直径が多くなるようです。
こちらはデジタル換算10ミリです。

この構図で、もっとハッキリと見える日を待ち続けます。
いったい何年かかるでしょうか?(笑)
e0093903_2053876.jpg

[PR]
by j-machj | 2011-08-28 20:54 | その他 | Trackback | Comments(8)
これらの写真は、全てヤラセです(笑)

波の音が聞こえてきそうな写真を撮ろうと思ったら、どうしても貝殻をイメージしてしまいます。
海藻やゴミひとつ落ちていない白い砂浜に、出来れば人の足跡がついているのが理想なのですが・・・

しかし、福岡県にそんな海岸はめったにないので、波打ち際に貝殻を配置して撮ってみました。
打ちよせる波に、自分も浸かっているのはとても気持ちがよかったですよ。
e0093903_2224315.jpg
e0093903_22242471.jpg
e0093903_22244288.jpg

[PR]
by j-machj | 2011-08-24 22:25 | | Trackback | Comments(10)
太陽が沈む3時間くらい前になると、遠くの海がキラキラと輝きはじめます。
やがて太陽の位置が低くなるにつれて、海の輝きはこちらに近づき、帯状にと範囲が狭くなっていきます。

この光のマジックはケンコー・クロススクリーンというフィルターで創りだしました。
このフィルターは、本来夜景撮影で電灯を十字状にしたいときに使うものなのですが、こういう使い方もできます。
e0093903_20563291.jpg
e0093903_2057135.jpg
e0093903_20571916.jpg
e0093903_2057344.jpg

[PR]
by j-machj | 2011-08-20 21:00 | | Trackback | Comments(13)
「お盆は、海で亡くなった人の霊から足をひっぱられるので、海に入ってはいけない」と昔はよく言われたものですが、今は気にする人は少ないようです。
お盆でも、海水浴場はしっかり賑わってました。

ここは、糸島サンセットラインの芥屋の大門から野北海岸までの6㎞にわたって続く弓張り型の砂浜です。
水も比較的綺麗で砂浜も白く、日本の「白砂青松100選」にも選ばています。

ご覧の通り、かなり遠浅なので、「泳げない人」にお薦めの海水浴場です。
これなら、海で亡くなった人の霊も足を引っ張りようがないでしょう(笑)
e0093903_21543144.jpg
e0093903_21545193.jpg
e0093903_2155172.jpg

女性の後ろに見えているのが芥屋大門(けやおおと)です。
岩の中に洞窟があり遊覧船で入って行くことが出来ます。
e0093903_22763.jpg

[PR]
by j-machj | 2011-08-16 22:08 | | Trackback | Comments(4)
今度は、自己流で撮った花火です。
一枚目と二枚目は、シャッタースピードを1秒に設定してズームリングを動かしながら撮ってみました。
e0093903_11511771.jpg
e0093903_11513725.jpg

これは、カメラを手持ちで撮影して、わざと手ぶれをおこしてみました。
e0093903_11524722.jpg

これは、超望遠域で花火の中心だけアップで撮ってみました。
まるで、線香花火のようですね。
e0093903_11552487.jpg

今回は、福津市で行われた花火大会で撮りました。
ここは、旧福間町から旧津屋崎まで、2キロくらいの砂浜が続いています。
そして海水浴場も充実しており、どこの海の家も花火を観ながらバーベキューをやっていました。
これだけ長い砂浜に、観客は5万人と公表されています。
ですので、ゆったりと観ることができました。
中には、砂浜に寝そべって花火を楽しんでいるカップルも多く見受けられました。
写真は、スローシャッターで波打ち際を入れて撮っています。
砂浜がもう少し明るく写っていれば、云うことなしなので、来年もリベンジしてみたいと思っています。
福津市観光協会
e0093903_126166.jpg

[PR]
by j-machj | 2011-08-13 12:08 | 花火 | Trackback | Comments(6)
花火大会の季節です。
ネットの花火大会情報で会場を探して見ると、土・日はかならずどこかで花火大会をやっています。
僕は今回、福津市の海岸で花火を観てきました。

どうせ花火を撮るなら普通に撮っても面白くないので、今回は「はずし」をやってみました。
これらの写真は、「福田式撮影術」といわれている技法です。

僕の場合は、シャッタースピードは2秒から5秒の間で撮影しました。
そして、AFを解除してMFにして、花火が開いた瞬間にフォーカスリングを無限遠から至近距離へ、あるいはその逆方向に回転させます。
するとこのような不思議な光跡を記録することができます。

どんな結果になるかは、撮ってみないとわかりません。
あとは「数打ちゃ当たる~」です。

ただでさえ花火の撮影は難しいのに、これは特に難しいです。
まだまだ、修行が足りません(涙)
e0093903_183456.jpg

何故?こんな形になるのかわかりません。
これは「クラゲ」ですね。
e0093903_184434.jpg

こちらは「火の玉」をイメージします
e0093903_1853131.jpg

e0093903_1864881.jpg

[PR]
by j-machj | 2011-08-10 18:00 | 花火 | Trackback | Comments(4)
ひまわりと云えば、小学生が夏休みの絵日記に書く、夏の最もポピュラーな花と思っていました。
ところが、最近は秋に開花するひまわり畑が多いようです。

朝倉市のひまわり畑が9月下旬ごろで、大牟田市のひまわり畑が10月の初旬ごろ開花します。
ここ柳川市のひまわり畑は福岡県では、最も早く開花するひまわり畑です。

写真は5日に撮影したものなので、この調子では13日頃までは見られると思います。
ここは、柳川市の市街地から6キロほど離れた有明干拓地の海のすぐ横にあります。
堤防がなければ、背後に海が見えていうことなしです。

10日までは西鉄柳川駅からシャトルバスが出ていて、夜はライトアップされるそうです。
行ってみようと思っている方は、こちらをクリックしてみてください。
e0093903_18444992.jpg

e0093903_1845913.jpg

ここは、畑の後ろに展望所が作られていますが、ここからではひまわりの背中しか見られません。
もしかしたら、有明海を見るために作られているのかもしれません。
e0093903_1847182.jpg

[PR]
by j-machj | 2011-08-06 18:48 | 植物 | Trackback | Comments(10)
美しくないのに美しい?

僕は、筑豊生まれの筑豊育ちで、高校は北九州市八幡東区の高校へ通いました。
そのころは、これらの煤煙ですすけた町が、どうにも好きになれませんでした。
しかし・・・
町が寂れて風化した今は、不思議とノスタルジックで美しく見えてきました。

三菱マテリアル黒崎工場
e0093903_14165289.jpg

日本セメント香春工場
e0093903_14175336.jpg

三菱マテリアル苅田工場
e0093903_14252187.jpg

e0093903_1422389.jpg

[PR]
by j-machj | 2011-08-03 14:19 | 建造物 | Trackback | Comments(4)