ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

彼岸花は、田んぼの畦道に咲いてることが多いですが、ここは土手に群生していました。場所は、九大伊都キャンパスの近くです。
地図はこちら
e0093903_20264026.jpg
e0093903_20265217.jpg

[PR]
by j-machj | 2007-09-28 20:27 | 植物 | Trackback | Comments(6)
今年は、平年よりも少し遅かったようようでしが、ようやく咲き始めました。
まずは、第一弾を・・・
e0093903_2322583.jpg

e0093903_23222372.jpg

e0093903_23223821.jpg

[PR]
by j-machj | 2007-09-26 23:26 | 植物 | Trackback | Comments(2)
波野村のそば畑に行った帰りは、ミルクロードから分かれる鞍岳登山道を走りました。
ここは、申し訳程度に舗装された細い道で、公道なのか私道なのかわかりません。まわりは、一面牧草地です。

すると、向こうからゾロゾロゾロゾロゾロと牛の群れが行進してきました。百頭以上はいたと思います。軍隊のように規律正しく、まるで牛のリーダーがいて引率しているかのようでした。

やまなみハイウェイを走っていると、熊本県と大分県の県境を過ぎると、途端に牛が茶色から黒に変わります。これを「肥後の赤牛、豊後の黒牛」と呼びます。
阿蘇山一帯には、昔は今とはくらべものにならないほど多くの牛が放牧されていました。
当時は、道路沿いに柵もなく牛の群れが道路を横切るときは、車は牛が通り過ぎるまで待っていました。今なら、たちまち道路渋滞をひきおこしてしまいます。
昔は、国産牛がほとんどだったのでしょうね。
考えてみたら、昔は牛肉が鯛よりも高価で、庶民がスキヤキを食べるのは、特別な日だけでしたからね。
e0093903_0195968.jpg

真ん中の牛の尻尾がピンと立っていますね。牛の尻尾はハエたたきにもなって、よく体にとまったハエを尻尾で払いのけています。
e0093903_0201011.jpg

[PR]
by j-machj | 2007-09-15 00:25 | 大地 | Trackback | Comments(10)
秋になったので、阿蘇へそばの花を見に行きました。
最初は、外輪山の南側にある久木野村へ行ってみましたが、ここはまだ全く咲いていませんでした。そこで、外輪山の北側にあたる波野村へ行ってみました。
すると、おおおお~~~~! なんと広大な・・・・・・

この調子なら、あと2週間は見られそうです。
場所は国道57号線からちよっと入り込んだところですが、わかりにくいので57号線沿いにある「道の駅波野」で聞くとよいでしょう。地図上では、すずらん自生地の近くです。

関連サイト 現地の動画がみられます。  
地図はこちら

根子岳をバックに。
e0093903_20574898.jpg
e0093903_2058476.jpg

そば畑のベルトコンベアー。  本当はもっと左側を入れたかったのですが、カメラマンがうじゃうじゃいました。
e0093903_2102217.jpg

[PR]
by j-machj | 2007-09-11 21:01 | 植物 | Trackback | Comments(13)
最近、やっと朝・夕は過ごしやすくなってきました。
ところで、秋ほど変化のある季節はないと思いませんか?
これから、彼岸花、コスモス、紅葉と行楽には欠かせません。

彼岸花はあと2週間ほどで開花します。
彼岸花といえば、田んぼのあぜ道や土手に多くみかけますが、これはノネズミがあぜ道や土手に穴を開けるのを、彼岸花の毒性のある球根を植えることで防ぐ、という説と、彼岸花の根茎は強いため、田んぼのあぜ部分に 植えてあぜの作りを強くするめなどの説があります。
また、彼岸花の球根には鱗茎デンプンが含まれ、水にさらすと食用となり、昔は飢饉(ききん)に備えて田んぼのあぜ道に植えた ともいわれています。

今年一番乗りの彼岸花。(福岡県前原市、県道49号線の道路沿いで発見)
e0093903_225346.jpg


九州で彼岸花を見に行くなら、おすすめしたいのは福岡県うきは市の「つづら棚田」と佐賀県・小城市の「江里山地区の棚田」です。
棚田そのものの美しさなら、「つづら棚田」ですが、ここは道が狭く、対向車がくるとすれ違いにかなり苦労するので、休日なら「江里山地区の棚田」の方がおすすめです。

他に、彼岸花をよく見かけるのは墓地です。彼岸花の別名を曼珠沙(まんじゅしゅげ)、あるいは死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)などとも呼びますが、これらの呼び名が墓地と関係があるのかどうかは知りません。

そんな中で、僕が九州で最も彼岸花の綺麗な場所は、大分県竹田市の七つ森古墳だと思います。
七つ森古墳(2005年撮影)場所はこちら

e0093903_22134792.jpg

[PR]
by j-machj | 2007-09-09 22:16 | 植物 | Trackback(1) | Comments(8)
ブログのタイトルを「九州ロマンチック街道」に変更しました。
これまでどおり、四季おりおりの風景に加えて、お気に入りの道路やユニークな温泉なども紹介していきます。これからもよろしくお願いします。

この写真は、南小国町から産山にかけて「やまなみハイウェイ」と並行して走る通称「ヒゴダイロード」といわれる広域農道です。
「やまなみハイウェイ」は観光道路であるので、比較的交通量は多いですが、こちらはいつもガラガラに空いているので、うっかりしているとスピードメーターは80キロ以上を指しています。

道路沿いの立ち寄りスポットはエルパティオ牧場 
うぶやま牧場
があります。地図はこちら
e0093903_13152971.jpg

[PR]
by j-machj | 2007-09-01 00:43 | 道路 | Trackback | Comments(16)