ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

カテゴリ:星景写真( 46 )

以前に、唐津市の立神岩で星を撮りましたが、その時は月が出ていなかったので、岩が真っ暗になりました。
そこで、今度は月の明かりを利用してリベンジしてみました。

これは、新月から5日目の月明かりで撮りました。
新月から5日目の細い月でも、しっかりと道を照らしてくれて影がしっかりと出来ていました。
これが、満月だと昼間のように明るい写真になります。

月が出ていると、そのぶん星は見えにくくなりますが、少し風景を明るく撮りたい時は月の明かりを利用するのも有効です。
山の中など人口光がないので、星は綺麗に見えますが風景はISO感度をかなり上げてもシルエットになります。

二枚目は、ソフトフィルターを使って小さな星をカットして、ホワイトバランスを蛍光灯モードにしました。
蛍光灯モードにすると、少し紫がかった空の色になります。
ファンタスティックな雰囲気にしたい時は、この方法も有効です。

また、ホワイトバランスを電灯光モードにすると、白色蛍光灯やLEDは緑色になります。
そんなときも蛍光灯モードが効果的です。
e0093903_00323174.jpg
e0093903_00324554.jpg


[PR]
by j-machj | 2017-11-22 00:34 | 星景写真 | Trackback | Comments(2)
志賀島は、福岡市東区にある島で「海の中道」という全長12キロに及ぶ砂洲と橋によって本土と繋がっています。
さらに、その志賀島の最北端には、沖津島という小さな島があって鳥居が見えています。
これは、沖津宮と呼ばれていて、天之御中主( アメノミナカヌシ)と底綿津見神(ソコツワタツミノカミ)が祀られています。

この天之御中主とは、天体信仰の神様で一説によると、「北極星」を意味する神名といわれています。
確かに、ここへは北極星を撮りたくて訪れたのですが、それは偶然ではなかったのかもしれません。
志賀島の砂浜から150メートルしか離れていないのですが、大潮の干潮の時だけ海に道が出来て島へ渡ることが出来ます。

そもそも福岡市は東区、西区、南区はありますが、北区はありません。
なぜならば、街の中心の北側が海だからです。
したがって、福岡市内で星がよく見えるところといえば志賀島しかありません。

しかし、ここは福岡空港へ向かう飛行機が3分おきくらいに飛んでくるので、星撮りは22時過ぎでないと、飛行機の光跡が何本も写ります。

星はしっかりと見えているのに、空がこれだけ明るいのは水平線の向こうに漁火があって、その光に照らされているのでしょうか?
初めは島をもう少し明るく写すために、ISO感度は1600に設定していましたが、これではあまりにも空が明るくなりすぎたので800にして撮影しました。

キャノンEOS6Dで、フルサイズ換算24mmで30分間のコンポジット撮影です。
e0093903_13140845.jpg

そして、こちらはミラーレス一眼レフのキャノンEOSM5で、APS換算で15mm(フルサイズで22mmに相当)で15分間撮影しました。
e0093903_13142129.jpg





[PR]
by j-machj | 2017-10-10 13:23 | 星景写真 | Trackback | Comments(5)
9月に入って、曇りの日が多くなりました。
そんな中で今月の初旬に、福岡市近郊でどうにか天の川が見える日がありました。

どうも、夏は昼間は晴れていても夜になると雲が出てくる傾向があります。
それと日が長いので、21時ごろにならないと星が見えるほど空が暗くなりません。

冬は空が澄んで星が見えやすいうえに早く暗くなるので、星撮りには好機なのですが、とにかく寒いのがつらいです。
夏は、涼しくて好都合なのですが、一度家に帰ると再び出かけるのが億劫になってきます。
どうも、思い通りにはいかないものです。

これから、冬になるにかけて星座の見え方が変わってきます。
まだ、今の時期だとオリオン座が昇ってくるのは午前1時ごろですが、寒くなってきたら「都会の空のオリオン座」を狙っています。
e0093903_10543529.jpg
e0093903_10544454.jpg
e0093903_10545470.jpg



[PR]
by j-machj | 2017-09-20 10:56 | 星景写真 | Trackback | Comments(2)
6月に、唐津城に沈む細い月を撮りに行きましたが、遅刻したために月が天守閣よりも低い位置まで降りてきていました。
そこで、8月末に再びリベンジしてみました。
しかし、今度は雲に邪魔されて月がうっすらとしか写りませんでした。

唐津市へ向かう途中、夕立にもあいました。
そして、ほんの一瞬だけ虹が見えてました。

その後は、綺麗な夕焼けが見られましたが、雲が多くてどうしても月が雲に隠れてしまいます。
雲が切れて月が顔を出した瞬間にシャッターを押しました。
e0093903_10341464.jpg
e0093903_10342464.jpg
e0093903_10340658.jpg
撮影場所は、唐津市西の浜の漁港の防波堤からです。
これが、フルサイズ換算200mmでの撮影です。
これ以上、後ろに下がるのは無理かと思いましたが、月が沈むときに干潮になっていれば、砂浜の上から撮影できそうです。
こんど、そのチャンスがあったら400mmで月をもっと大きく写してみます。
e0093903_10335677.jpg
e0093903_10334744.jpg



[PR]
by j-machj | 2017-09-11 10:43 | 星景写真 | Trackback | Comments(4)
以前に紹介した、唐津市の立神岩で星を撮ってみました。
この日は、月が出ていないので星はよく見えましたが、岩は真っ暗で地肌がほとんど写りませんね。
ちなみに撮影データは、フルサイズ換算24mm、ISO感度3200で絞りf4、シャッタースピード30秒です。
今度は、月の明かりに照らされているときに撮ってみようと思います。

2枚目は比較明コンポジットで、1コマ30秒で約30分間の撮影です。
その中に、一コマだけ流れ星が写っているものがありました。
e0093903_10551014.jpg
e0093903_10545975.jpg
e0093903_10552309.jpg




[PR]
by j-machj | 2017-09-07 10:59 | 星景写真 | Trackback | Comments(6)
あいかわらず猛暑が続いています。
東日本の方は、雨の日が多く一時期すずしかったそうですが、福岡はずっと晴れていました。
日中の最高気温が35℃以上なんて今は慣れっこですが、今夏は夜の0時になっても30℃近くあるので、ちょっと夏バテ気味です。

一年の最高気温を記録するのは、山形県などの盆地が多いですが、体感的な暑さはやはり北部九州の都市部の方が暑く感じます。
これは、紫外線の強さによるものでしょうか?
とにかく九州の夏は太陽が眩しいです。

今夏は、南風の吹く日が多かったせいか、夏の夜にしては星が綺麗に見える日が多かったです。
一年のほとんどが、西から風が吹いてくる福岡や佐賀では年々黄砂がひどくなり、星がだんだん見えにくくなっています。
そんな中、8月16日は平地でも天の川が見えていました。
福岡近郊では、平地ではめったに見えることはないです。

糸島市旧二丈町のカントリーエレベーター。
建物を入れて星を撮るには、カントリーエレベーターが良いです。
かならず、田んぼの中にあり夜は建物自体に全く電気がついていないので星がよく見えます。
e0093903_12082069.jpg
唐津市にある九州電力唐津発電所。
ここは、街の中にしてはよく星が見えているなと思ったら、2015年に閉鎖されたのだそうです。
本来なら工場を夜撮ると、まるでイルミネーションのように綺麗な写真になるのですが、光害で星は写りません。
この建物は、老朽化のためにまもなく取り壊されるそうです。
e0093903_12083521.jpg



[PR]
by j-machj | 2017-08-26 12:16 | 星景写真 | Trackback | Comments(2)
梅雨に入る前に、新緑と星空を・・・と、カミさんとレゾネイトクラブくじゅうに泊まってきました。
月が明るかったので、天の川は見えませんでしたが、うっすらとかかったすじ雲の間から、そこそこ星は見えていました。

一枚目が、僕たちの泊まった部屋です。
このホテルは、部屋もレストランも照明が暗すぎるのが不満に思っていましたが、それは星がよく見えるように、わざと暗くしているのだそうです。

北極星にこだわったので、久住の山の上に北極星が見える位置に車で移動しましたが、帰ってきてみるとホテルの敷地内に、星を見るための丘がありました。
そこから見る久住の山が最も恰好がよくて、ホテルから移動したことに後悔しました。

もう一つ、久住高原コテージというホテルがあるのですが、そこも星がよく見えることを売り物にしています。
秋には、そちらのホテルに泊まってみようと思っています。
e0093903_22162243.jpg
e0093903_22173709.jpg
e0093903_22171667.jpg
e0093903_22170734.jpg


[PR]
by j-machj | 2017-06-09 22:22 | 星景写真 | Trackback | Comments(6)
今月の細い月は、唐津城で撮影しました。
唐津城に昇る満月は、これまでに3回撮影していますが、沈む月はどこから撮れば良いのか位置が特定出来ずに初めて撮影しました。

これは、新月の翌日に撮影しましたが、新月の翌日は太陽が沈むのを追うように月が沈むので、薄暗くなってもなかなか見えてきません。
月が見え始めた時は、もうお城よりも低い位置に沈んでいたので、慌てて撮影しました。

お城と月の相性は良いと思いませんか?
今度、チャンスがあったらインターバル撮影に挑戦してみたいと思います。
ただし、インターバル撮影をする場合は新月の翌日は、空の明るさがどんどん変わるので、新月から2日目がベストです。
e0093903_21071890.jpg
e0093903_21073080.jpg


[PR]
by j-machj | 2017-06-05 21:10 | 星景写真 | Trackback | Comments(7)

光害で、星撮りには不利な都会で、星撮りに挑戦してみました。
街の中では、星座はオリオン座くらいしか見えないので、比較明コンポジットにしました。
この季節は、南の空が一番星がよく見えています。

福岡市は、北が海で一番暗いのでカシオペア座や北斗七星など、北の空の星座がよく見えそうな気がしますが、今の季節は何故か? 北の方角には星はあまりよく見えていません。

撮影データは、4枚ともISO感度400でシャッタースピード30秒、絞りF4です。
ISO感度をもっとあげれば、星がたくさん写るのですが、そうするとビルは真っ白に白飛びしてしまうので、これがギリギリの妥協点でした。
これでも、ハーフNDフィルターを使ってビルは少し暗くしています。

星を撮るときに一番悩まされるのが飛行機の光跡ですが、百道浜と香椎浜からでは、着陸機は箱崎のかなり低いところを飛んでいくので、気になりません。
離陸機は、大野城市の山に向かって飛んでいくので、ファインダー内には、ほとんど入りませんでした。
これは、嬉しい発見でした。

マーリナタウン海浜公園から

e0093903_21245419.jpg
アイランドシティの空き地から
e0093903_21235558.jpg
これは、箱崎ふ頭から撮りました。
ここは、飛行機が真上を3分おきに飛んでいくので、比較明コンポジットは不可能です。
e0093903_21242784.jpg
快晴だったのが30分もしないうちに、みるみるうちに雲に覆われてきました。
こういう雲が北から流れてくるのは、雨が降る前兆です。
e0093903_21241246.jpg


[PR]
by j-machj | 2017-02-20 22:10 | 星景写真 | Trackback | Comments(15)
今年のお正月は、3日とも晴天に恵まれました。
昼間は、普段とかわりなく過ごしていましたが、夜は毎日月を撮りに近場まで出かけていました。

1枚目と2枚目は3日の撮影て゛マリーナタウンからノートルダムマリノアを撮りました。
月が太くなりすぎて、あまり格好良くありませんね。
実は、元旦がベストだったのですが、元旦はライトアップされていなかったのでがっかりでした。

3枚目と4枚目は2日の撮影で、この日は月と金星が最も接近する日でした。
月の横に写っているのは、レンズのゴミではなく金星です。

月と風景を重ねて撮るには、新月から5日目くらいまでの沈む月と、満月の前後の昇る月しかチャンスはありません。
昨日は満月だったので、あらかじめ見つけておいた場所から大川市の昇開橋に登る月を撮りに行くつもりでしたが、曇っていたので実現しませんでした。

撮りたい風景と月が重なる日、それに晴れていることが条件になるので、チャンスは年に数回しかありません。
e0093903_1214952.jpg

e0093903_1215970.jpg
e0093903_1221494.jpg

e0093903_1242244.jpg

[PR]
by j-machj | 2017-01-13 12:06 | 星景写真 | Trackback | Comments(4)