ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

カテゴリ:雪景色( 32 )

先週の寒波の2日目(12日)は、熊本県小国町の「前原の一本桜」に行ってみました。
福岡市から、約100キロ。
日田インターで降りて、そこからはファームロードわいた山を走りました。
延べ約30キロが圧雪路で、緊張で足がガクガクしそうでした。

もちろん、今の時期に花は咲いていませんが、前もってイメージしていたとおり、雪化粧したわいた山を背景に、まだ枝だけの桜を撮ることが出来ました。

もう少し雲が少なく涌蓋山がハッキリと見えて、周りの雪も解けていなければいうことなしでした。
ここは、またリベンジしてみる価値があります。

e0093903_12381083.jpg
ここの桜は、この方角から見るのが一番格好良く見えます。
ほぼ南の方角を見ているわけで、夜行けば桜に天の川がかかっています。
e0093903_12383687.jpg
桜の大きさがわかるように、横に車を停めて写真を撮りました。

e0093903_12382537.jpg
これは、一昨年の満開の時に撮った写真です。
この桜は、山桜なので花と一緒に葉っぱが出てきます。
したがって見ごろは3日間くらいしかありません。

去年は、満開になる直前に花散らしの雨が降って、ついに満開にはならなかったそうです。
ここは、早朝に行くか夕方行くのが、ベストなライティングになります。
e0093903_12384746.jpg


[PR]
by j-machj | 2017-02-16 12:58 | 雪景色 | Trackback | Comments(11)
昨日(11日)と一昨日(10日)と朝目が覚めたら、外はうっすらと雪化粧していました。
しかし両日とも10時ごろには、雪は溶けてしまったので11日は、福岡市から最も近い雪国?
背振山の麓に行ってきました。

五ケ山ダムは、那珂川町の南畑ダムの上流に建設中のダムです。
このダムの建設によって、国道385号線は新しく作り直され、旧道はいずれダムの底に沈みます。

新しい国道385号線は、南畑ダムは過ぎると、二つのループ橋と佐賀大橋が完成し、東背振トンネルへ続きます。
新しい道は、かなり幅も広くなり走りごたえがあります。

一枚目の写真が、新しく完成した「佐賀大橋」で、その後ろにそびえ立っている山が背振山です。
e0093903_21165088.jpg
国道385号線からダムを隔てて3つの橋がかかっていて、ダムを一周することが出来ます。
これは、その橋の1つから撮影しました。
雪が積もっている所に、これから水が入ってきます。
e0093903_21251608.jpg
e0093903_21253268.jpg

[PR]
by j-machj | 2017-02-12 21:33 | 雪景色 | Trackback | Comments(3)
1月末の東日本を襲った大寒波のときは、九州北部でも山間部は雪が降りました。
12月末に、スタッドレスタイヤに履き替えたものも、まだ一度も雪道を走っていないので、湯布院まで行ってみました。

途中、大分自動車道からは、真っ白に雪化粧した久住の山々が見えていました。
しかし、湯布院に到着してみると、残念ながら平地はほとんど雪が解けていました。

それでも、湯布院の町の気温は0℃でした。
こんな寒い日でも、由布院駅の前は人が多いこと・・・
外国からのツアー客がたくさん来ていました。
日本は、いつから観光立国になったのでしょうか?

帰りも、夕日に染まった美しい久住の山々を見ながら、「九重町の飯田高原に行けばよかった」と後悔しました。
e0093903_09323341.jpg

e0093903_09325084.jpg
e0093903_09310693.jpg


[PR]
by j-machj | 2017-02-04 09:48 | 雪景色 | Trackback | Comments(7)
これは、東京に雪が積もった時に撮った写真です。
ここは、小石原焼で有名な東峰村にあります。
福岡市は雨でも、東峰村から嘉麻市にかけてはしっかりと雪が積もっていました。
このあたりは、福岡県では特に雪が降ります。

この「竹の棚田」は「日本の棚田百選」にも選ばれています。
棚田が最も美しいのは、水を張った直後と収穫の時期と、そして雪化粧した時ですね。
二枚目と三枚目は、棚田の展望所から撮りました。
この展望所の上にもずっと棚田が続いているのですが、スタッドレスタイヤで登っていけるのは、せいぜいここまででした。
e0093903_1210545.jpg

e0093903_12102417.jpg

e0093903_1211336.jpg

ついでに小石原焼の窯元にも行ってみました。
雪景色には、やっぱり茅葺き屋根の家が似合いますね。
東峰村観光情報「東峰見聞録」
http://toho.main.jp/index.html
e0093903_12144449.jpg

[PR]
by j-machj | 2016-02-06 12:17 | 雪景色 | Trackback | Comments(8)
1月24日の大寒波は、25日になっても尾を引いていました。
福岡市では、午後には海沿いの中央区や東区は雪が解け始めましたが、山沿いの早良区や城南区は、まだまた゛雪が残っていました。

ライブカメラで大宰府の様子を見てみると、かなり雪が積もっていたので観世音寺や竈門神社へ行ってみようと思ったのですが、都市高速は通行止めになっているので止むを得ずに一般道を走ることにしましたが、博多区に入ると大渋滞でぜんぜん車が動きませんでした。
それで、あきらめて城南区を経て早良区に行ってみました。

こちらは、ちょっと高台にある団地は道路はシャーベット状態で、帰宅中のサラリーマンやOLがかなり苦労しながら、帰途についていました。

普段は、どうってこともない風景も雪化粧すれば、それなりに美しく見えるものでした。
e0093903_21585513.jpg

e0093903_21592846.jpg
e0093903_21594738.jpg

[PR]
by j-machj | 2016-02-03 22:02 | 雪景色 | Trackback | Comments(4)
今月24日に日本列島を襲った大寒波は、数多くのニュースになりました。
奄美大島では115年ぶりに雪が降り、台湾でも雪が降りました。
西日本の各地では、水道管が破裂し、福岡県大牟田市では全世帯が断水になったそうです。

僕も福岡に引っ越してきて、これほど寒い日を経験したのは初めてです。
試しに玄関に水を入れたバケツを置いてたら、24日の朝には1センチ、25日の朝には3センチの厚さの氷が張っていました。

九州自動車道も都市高速も72時間以上通行止めになり、長距離トラックが街の中を通り抜けて大渋滞でした。
絶えずライブカメラで道路状況を見ていましたが、国道3号線の筑紫野市のあたりは、23時過ぎでもトラックばかりで渋滞していました。
大都市に大雪が降るとどうなるか、貴重な体験をしました。

23日14時50分頃

午後に雨から雪に変わったので、近くの油山まで行ってみました。
あっという間に雪が積もり、油山観音(正覚寺)が綺麗に雪化粧しました。
e0093903_7334795.jpg

e0093903_734623.jpg
e0093903_7341666.jpg

24日9時頃

家の前の道路です。
期待したほど雪は積もりませんでしたが、気温が-4度だったので道路はアイスバーンになっていました。
e0093903_7363519.jpg

24日17時30分頃

夕暮れの大濠公園です。
子供たちは雪だるまを作り、若者たちはスポーツ雪合戦をしてはしゃいでいました。
e0093903_7382869.jpg

24日22時頃
再び、家の前の道路です。
普通、福岡市内の場合雪が降っても道路はシャーベット状態になるものですが、この日はいくら車が通っても、雪が解けずに25日の午後までガチガチに凍っていました。
e0093903_742102.jpg

[PR]
by j-machj | 2016-01-30 07:47 | 雪景色 | Trackback | Comments(10)
やまなみハイウェイ(県道11号線)の湯布院から別府へ向かう途中に、狭霧台(さぎりだい)という展望所スポットがあります。
ここは、標高630メートルで由布院の町がよく見渡せます。
朝霧に覆われた由布院盆地の展望スポットとして有名な場所ですが、ここから夕方の雪景色を狙ってみました。
夜景スポットとしては、少し灯りが足りないのですが、雪が積もっていればまた趣きがありますね。
e0093903_18363695.jpg
e0093903_18371538.jpg

[PR]
by j-machj | 2015-02-17 18:37 | 雪景色 | Trackback | Comments(6)
去年の12月とお正月はあれほど寒かったのにに、大寒に入ってからはそれほど寒くない日が続いています。
一年で一番寒い時期が今頃ですが、統計上では2月が一番降雪量が多いそうです。

これは、お正月に佐賀市の三瀬で撮ったものです。
寒い割には降雪量が少なく、あまり写真は撮れませんでした。
梅や菜の花が咲く前に、もう一度くらい雪を期待しています。

三瀬には、1月に入っても、実をつけている柿の木がたくさんあります。
この時期になっても、実が残っているのはしぶ柿です。
実は、佐賀市の大和地区は日本一の干し柿の産地なのです。
e0093903_18525135.jpg
e0093903_18531842.jpg

ここは脊振山の麓で、神埼市にある廃校になった小学校です。
校舎の手前にある木は桜の木で春には豊かな花が咲きます。
e0093903_18545393.jpg

[PR]
by j-machj | 2015-01-23 18:56 | 雪景色 | Trackback | Comments(4)
久大本線の雪景色を撮影した後は、由布岳をひとまわりしてみました。

まず最初に立ち寄ったところが、由布岳登山口です。
写真で見ると、かなり高い所に来たように見えますね。
実は、ここは由布岳登山口の駐車場から歩いて5分ほど登ったところです。
それでも、雪の深さは30センチくらいありました。
e0093903_1824789.jpg

次は県道52号線にある庄内町の棚田に来てみました。
ここから見る由布岳は、まるで富士山のように見えます。
しかし残念ながら、棚田の雪は溶けていました。
この棚田が雪化粧していれば、さぞ綺麗だったでしょうね。
場所はこのあたりです。
e0093903_1851867.jpg

そして再び湯布院へ戻ってきました。
日が暮れて、街の明りが灯りはじめてすっかり静まりかえっていました。
e0093903_1893474.jpg

[PR]
by j-machj | 2014-03-02 18:11 | 雪景色 | Trackback | Comments(6)
久大本線の野矢駅は、標高は543mあり、久大本線の駅では最も高いところにある駅です。
そのため雪が積もりやすく、雪国の鉄道のような写真が撮れることがあります。
また、ここは深い山の中にあり紅葉シーズンも綺麗です。
ただし、撮影ポイントを探すには、車よりも歩いた方が、いいポイントが見つかります。
e0093903_181354.jpg

ゆふDXのランデブーです。
ただし、ここは列車交換をするための停車なので、乗り降りすることはできません。
12時20分ごろには、「ゆふいんの森」どうしがランデブーします。
e0093903_1835270.jpg

これは南由布駅付近です。
雪景色の中の列車を撮るために、野矢駅へ行ったのですが、この日はその必要はありませんでした。
玖珠町から別府市まで、ずっと雪が積もっていました。
e0093903_1861841.jpg
e0093903_1864097.jpg

[PR]
by j-machj | 2014-02-26 18:07 | 雪景色 | Trackback | Comments(7)