ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

カテゴリ:湖( 7 )

8月に入って、福岡市でまともに晴れたのは、わずか3日くらいでした。
こうも雨が多くては、海の写真も星の写真も、ぜんぜん撮れませんでした。

そこで、佐世保市にある大雨が降った時だけしか出現しない「五蔵池」に行ってきました。
実は、梅雨明け直後にも一度行ってみたのですが、その時はただの湿地でした。
ここは、5月にはハマダイコンが群生するのだそうです。

先週の金曜日は、九州北部が大雨になり、「今度こそは・・・」と大雨の中を片道110キロの道のりを車を走らせて行ってみました。

今度は、見事に池が出現していました。
ここは、五蔵森林公園といわれていますが、公園と呼べるようなものはなく、この池に通じる遊歩道が車5台分くらいの駐車スペースから続いているだけです。
車を停めて遊歩道5分も歩いていけば、この池に到着できますが、長靴は絶対に必要になります。


まるでマングローブのようですね。
この水没している木は、アキニレとよばれ群生しているのは、非常に珍しいものだそうです。

この池は、雨の少ない年は一度も出現しないこともあるそうで、行くなら今がチャンスでしょうね。
場所はこのあたりだったと思いますが、非常にわかりにくいです。
e0093903_2165973.jpg
e0093903_216326.jpg

[PR]
by j-machj | 2014-08-24 21:10 | | Trackback | Comments(12)
ここは、冬に来ても良いですね。
全体に雪が積もっていれば、言うことなしなのですが・・・・

冬は釣りも出来るようです。
体長30センチくらいのニジマスが泳いでました。
氷が割れているのは、多分釣りに来た人が氷を割ったのだと思います。

夏はオートキャンプも出来て、車をこの場所まで乗り入れることが出来ます。
僕は大学時代に友達と3人でキャンプに来ました。
夕方は、豊後牛でバーベキューをしていたら、ポツポツと雨が降り出しました。
ちょうど食べ終わったところだったので、タイミングよくテントに潜り込みました。
ところが風雨もどんどん強まり、やがて雷もなりだしました。

テントのなかにはどんどん雨が入ってきたので、徹夜で雨を外に追い出しました。
しかもテントを水辺のすぐ近くに張ったので、湖の水位が上がってきてテントが水に浸かりそうになりました。
もう、てんやわんやで一睡も出来ずに家に帰りついたら、3人とも爆睡でした。
(2013年1月撮影)
志高湖キャンプ場ホームページ
e0093903_20443062.jpg
e0093903_20444613.jpg

[PR]
by j-machj | 2013-02-16 20:44 | | Trackback | Comments(6)
桜と菜の花の季節が終わって、初夏の花が咲くまでネタ切れです。
そこで、去年の未公開画像をアップします。

場所は別府の志高湖です。
それほど早い時間ではなかったのですが、ほぼ無風状態だったので、早朝の雰囲気を出すためにホワイトバランスを電灯光モードにして撮影しました。
e0093903_2041556.jpg

[PR]
by j-machj | 2010-04-29 20:42 | | Trackback | Comments(14)
まだ天地がはっきりせず、人間などいなかった昔、美しい鶴見岳をめぐって、由布岳と祖母山が恋の争いをしました。
豊後富士と呼ばれる由布岳は凜々しく、九州第三位の標高を誇る祖母山は、筋骨たくましい山で、ふたつの山は大地を揺るがして激しく争ったが、決着はつきませんでした。
結局、鶴見岳に選んでもらうことになったそうです。
ふたつとも好もしいだけに、鶴見岳はずいぶん悩んだが、最後に選んだのは美男子の由布岳でした。
恋の勝者となった由布岳は、鶴見岳をかたわらに引き寄せ、今にいたっています。
別府と湯布院に熱い温泉が噴き出すのは、文字通り、溢れる愛の証なのだといわれています。
恋に破れた祖母山は、止めどなく流しつづけた涙で鶴見岳の麓に志高湖を残し、さらに、仲睦まじいふたつの山に見られるのはつらいと日向の国境まで退いて、深い木立ですっぽり身を隠してしまったということです。
(写真の左が由布岳で右が鶴見岳です)

今、志高湖は最高にさわやかな季節でした。
梅雨に入る前に、ぜひとも志高湖を訪問されたし・・・
今なら、休日は高速をどこまで走っても1000円でしょ。
e0093903_20512467.jpg
e0093903_20515118.jpg
e0093903_2052553.jpg

かわいい白鳥の赤ちゃんも生まれていました。
e0093903_20524885.jpg
e0093903_2053328.jpg

[PR]
by j-machj | 2009-06-02 20:55 | | Trackback | Comments(14)
志高湖は、やまなみハイウェーの由布市と別府市の間の城島高原からちょっと入り込んだところにあります。
湖というよりは池に近く、夏はとても涼しく、秋は紅葉に染まり、冬は湖面が凍ります。

かっては、国民宿舎がありましたが、解体されてむしろすっきりとしました。
背後には、由布岳と鶴見岳が見えて、いつも少数ながら白鳥が泳いでいます。

そして春は桜の名所として地元の人にはよく知られています。
宴会のような花見をするような場所ではなく、ピクニック気分で花見をする場所です。

ここは、なんといってもキャンプをするのにうってつけです。
キャンプ場の設備は、とても充実していてちょっとしたレストハウスもあります。
志高湖キャンプ場公式サイト
e0093903_2055359.jpg
e0093903_20553474.jpg
e0093903_2056479.jpg

[PR]
by j-machj | 2009-04-15 20:57 | | Trackback | Comments(10)
全国的に寒波に見舞われた今年の元旦は、雪景色を求めて樫原湿原へ行ってきました。気温はマイナス0.5度、ここに到るまでの道はガチガチのアイスバーンでカーブも勾配もきつく、チェーンをつけていてもやっと走行できる状態でした。
e0093903_19584047.jpg
e0093903_19585945.jpg

[PR]
by j-machj | 2008-01-09 20:01 | | Trackback | Comments(12)
ここは、佐賀平野の灌漑用水の確保のために作られた人造湖で、人造湖としては九州では最大のものです。
湖畔には、自然公園やキャンプ場やサイクリングロードなどがありますが、他にバスフィッシングの名所としてマニアに人気があります。

e0093903_22235381.jpg

[PR]
by j-machj | 2007-01-05 22:25 | | Trackback(3) | Comments(4)