ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

カテゴリ:道路( 14 )

僕が、九州の「お薦めのドライブコース」と云われたら、宮崎市から日南市までの海岸線を走る「フェニックスロード」と阿蘇・くじゅう国立公園を横断する「やまなみハイウェイ」ともうひとつが「阿蘇パノラマライン」を推します。

ここは、日本では阿蘇だけでしか見られない景色が展開しています。
それも、早朝がお勧めです。
空気がとても澄みきっています。。

草千里を過ぎて、噴火口へ向かう途中の直線道路です。
この付近には、遊覧ヘリコプターがあり、空から中岳の噴火口を見ることがですます。
e0093903_1629694.jpg

このあたりは、5月には一面にミヤマキリシマが咲き乱れています。
e0093903_16315710.jpg

遠くに見えているのは、根子岳です。
e0093903_16341648.jpg

[PR]
by j-machj | 2014-01-09 16:35 | 道路 | Trackback | Comments(6)
ここは、エイリアンに侵略された町????
e0093903_23494630.jpg

失礼しました。
ここは、タコによって町おこしをしている自治体です。
熊本県上天草市の国道324号線の有明地区から天草市を本渡までは、通称「有明タコ街道」と呼ばれています。
夏になると、干しダコが街道沿いの海岸に多く見られ天草の夏の風物詩となっています。
イカの一夜干しは、佐賀県唐津市の呼子で何度も見たことがありましたが、これはそれよりもはるかにインパクトがありました。
今は松島町からバイパスが開通していますが、この道は遠くに雲仙岳を望む快適な海岸沿いのドライブコースなので、天草方面へドライブされるにはこちらの道もお薦めです。
場所はこちらです。
e0093903_23595871.jpg

e0093903_003890.jpg

道の駅・有明「リップルランド」の前には巨大なタコのモニュメントがあります。
あまりにもリアルでちょっと不気味な気さえしますが・・・・
e0093903_0122873.jpg

道の駅・有明「リップルランドのレストランで食べた「タコ飯そばセット」。
タコ飯の方は、微妙な味付けでしたが、タコのてんぷらがのったそばは美味しかったです。
ここのレストランのメニューは何から何までタコのてんこ盛り・・・・
http://www.rippleland.com/index_b_rest.html
e0093903_024261.jpg

そして売店の方も、タコ・タコ・タコ・・・・・
非売品でしたが、本物を使った「蛸の凧」まで飾ってありました。
e0093903_025618.jpg

[PR]
by j-machj | 2013-07-12 00:29 | 道路 | Trackback | Comments(13)
追記2016年5月 ラピュタの道は熊本地震の被害により、通行止めになっています。

ここは、ネットの情報によって徐々に有名になりつつある阿蘇の北外輪山の裏スポットです。
「ラピュタの道」とは、雲海が発生したときに道路が宙に浮いているように見えることから、宮崎駿監督の長編アニメーション「天空の城ラピュタ」にちなんでそう呼ばれるようになったのだと思います。
四輪の小型車ならどうにかすれ違える狭い道で、急コーナーの連続なのでライダーたちに特に気に入られているようです。
北外輪山のミルクロードから降りて行くとすぐに到着できますが、下から登っていくにはスリル満点のドライブとなります。
e0093903_0462257.jpg

上から見下ろすと、ずっと道が続いているのがお分かりでしょうか?
雲に隠れている部分は、きついコーナーの連続です。
e0093903_0473746.jpg

朝6時には、早くも雲海ハンターたちがたくさん集まってきていました。
e0093903_0484941.jpg

ランドクルーザーやパジェロのロングホイールベースなら、一度切り返さなければ曲がりきれないような急コーナーですが、ライダーたちは車体を目いっぱい傾けてアクセル全開で走りぬけて行きます。
場所はこのあたりです。
http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E131.0.21.131N32.57.21.298&ZM=8
e0093903_8515552.jpg

[PR]
by j-machj | 2013-05-30 00:59 | 道路 | Trackback | Comments(13)
有明フェリーで、島原半島から長洲港へ渡った後は、有明海沿岸道路を走ってみました。
有明海沿岸道路は現在、大牟田市から大川市まで部分開通していて、やがては佐賀空港と直結し、最終的には佐賀県・鹿島市までの延長が計画されています。
本格的な自動車専用道路でありながら無料の高速道路です。
沿道には、のどかな農村風景が続いています。
e0093903_18501179.jpg

e0093903_18503799.jpg

e0093903_1851715.jpg
e0093903_18514037.jpg

[PR]
by j-machj | 2010-02-05 18:52 | 道路 | Trackback | Comments(6)
今年のお彼岸は5連休なのですね。
8月にカレンダーをめくるまで気か付きませんでした。
皆さんは、麻生政権の置き土産、「高速道路をどこまで走っても1000円」を利用してどこかへお出かけですか?

これらの写真は、ドライブの最中に思わず車を停めて写真を撮りたくなった場所です。

九州横断自動車道・湯布院別府間

まるで観光道路のような高速道路です。しかし高速道路なので路上駐車ができない。
この区間には由布岳パーキングエリアがあるので、そこから観る由布岳は絶景です。2009年6月
e0093903_12552078.jpg

菊池阿蘇スカイライン

菊池渓谷の入り口から、阿蘇の外輪山へと続く道です。途中、牧場内の一本の木に目がとまって車を停めました。2008年8月
e0093903_12581688.jpg

ファームロードわいた山

知る人ぞ知るライダーご用達の道。日田市から黒川温泉まで続く広域農道で、車はガラガラ。しかし景色は最高です。2008年6月
e0093903_132502.jpg

阿蘇パノラマロード・坊中線

阿蘇市から阿蘇山の噴火口まで登っていける観光道路で、坊中線は北側は牛や馬の放牧地、南側は根子岳。杵島岳などの山々が連なっています。2009年8月
e0093903_1355794.jpg

[PR]
by j-machj | 2009-09-04 13:09 | 道路 | Trackback | Comments(14)
九州地方は先週降り続いた雪で、阿蘇・久住はすっかり雪景色となりました。
またとないチャンスと先週末は、やまなみハイウェーを走ってきました。
コースは、日田から国道212号線で大観望に向かい、そこから産山村を通って、瀬の本高原→牧ノ戸峠→飯田高原と走り四季彩ロードで九重インターへ降りて帰ってきました。
全行程は350キロで、そのうち100キロがチェーン走行でした。
これから順次、その写真をアップしていきます。

産山村ヒゴダイロード
e0093903_20255952.jpg

瀬の本高原
e0093903_19493088.jpg

牧の戸峠
e0093903_1950885.jpg

飯田高原
e0093903_19502621.jpg

[PR]
by j-machj | 2009-01-20 19:46 | 道路 | Trackback | Comments(13)
海の中道は、福岡市東区と志賀島の間の海が侵食して出来た道路です。
海岸近くに島があると、沖からの波が島の裏側で打ち消しあい、波の静かな部分ができます。ここには沿岸流などで運ばれてきた砂が堆積しやすく、やがて海岸と島を結ぶ砂州が成長し陸続きとなります。この砂州のことは陸繋砂州(りくけいさす)あるいはトンボロ(tombolo)といいます。
e0093903_19303243.jpg

道の向こう側が、博多湾(内海)で、手前が玄界灘(外海)です。
この写真では、海の色が明らかに違うのがお分かりでしょう。
外海は、比較的水は綺麗で海水浴場になっていますが、内海はかなり水が汚く泳ぐ人はまずいません。
e0093903_19345025.jpg

上の写真は、博多湾側、下の写真は玄界灘側です。
博多湾は、いつもスモッグで霞んでいますが、下の写真は同じ時間帯に撮影したものです。
同じ場所でも、条件が違うとこれだけ空気の汚れ方か゜違います。
下の写真は、島の中を一周する道路で、全線海の横を通っています。
ここは「九州ロマンチック街道」推薦の道です。
地図はこちら
e0093903_19455288.jpg

e0093903_19542991.jpg

[PR]
by j-machj | 2008-09-04 19:47 | 道路 | Trackback | Comments(14)
佐賀県唐津市の「虹の松原」(にじのまつばら)は、三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原のひとつに数えられる景勝地です。
長さ約5km、幅約1㎞にわたり、約100万本のクロマツが群生しています。
その歴史は古く、17世紀初め初代唐津藩主寺沢広高が防風・防潮のため、海岸線の砂丘にクロマツを植林したのがはじまりとされています。
藩政時代は「二里松原」と呼ばれていましたが、明治時代からは「虹の松原」と呼ばれるようになりました。
この広大な松林の中には、国道202号線と筑肥線が通っており、どちらも車窓から見る景色は、とてもすかすがしさを感じさせられます。
e0093903_20492073.jpg
e0093903_20493682.jpg

国道202号線の浜玉唐津間は何度走っても気持ちがいいです。
4.5キロの松のトンネルの中を走って行きます。
e0093903_20512359.jpg

[PR]
by j-machj | 2008-07-03 20:52 | 道路 | Trackback | Comments(4)
突然の思い付きから、1泊2日で長崎県の雲仙へ行ってました。
雲仙地獄を見て、温泉につかってといいたいところですが、本当はこのような観光地は全て素通りして、雲仙グリンロードばかり走っていました。
夕日が見たくて出かけたのですが、あいにく天気は午後から曇りでした。
島原半島の西海岸を走る、国道はとても夕日の綺麗なサンセットロードです。特に、小浜温泉から見る夕日は最高です。
しかし、それよりもマニアックなドライブコースは、島原半島をほぼ一周する雲仙グリンロードという広域農道です。
道路の左右に広がる農村風景はとても美しく、観光地を回るよりもよほど旅の醍醐味が味わえます。
天気が悪くてろくな写真が撮れませんでしたが、雰囲気だけは伝わると思って、写真をアップしました。

南島原市付近の風景
e0093903_21193459.jpg

e0093903_21212572.jpg

e0093903_21224352.jpg

[PR]
by j-machj | 2008-06-01 21:23 | 道路 | Trackback | Comments(8)
ハイウェイオアシスとは、高速道路上にある一部のサービスエリア(SA)・パーキングエリアから高速道路の料金所を出ることなく、行ける公園やレクリエーション施設です。
現在は全国に22箇所に設置されています。
そのうち九州にあるのが、長崎自動車道の金立ハイウェイオアシスです。
サービスエリアの専用駐車場に車を停めて、施設に一歩足を踏み入れてみると、とにかく広い。
全部、歩いて見て回ったら半日はかかると思います。
写真は、駐車場から一番近いところです。
この場所は、ちょっと写生をするのにも適していると思ったので、試しに画像処理ソフトで油絵調と版画調に加工してみました。
ここは、四季を通じて色々な花が咲くので、これからも何度かこのブログに登場すると思います。
金立公園関連サイト
e0093903_20503017.jpg
e0093903_20504544.jpg
e0093903_2051176.jpg

[PR]
by j-machj | 2008-04-10 20:54 | 道路 | Trackback | Comments(10)