ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

カテゴリ:夕景・夜景( 64 )

12月になったので、夜景とイルミネーションの特集です。
マジックアワーとは、太陽が沈んだ後の15分間位、あるいは太陽が登る前の15分間位の時間帯をさします。
ここは、福岡市百道浜にあるマリゾンという施設です。
このお洒落な施設を、昼でも夜でもないわずかな時間帯に露出をオーバー気味にしてハイキーなトーンに仕上げてみました。
e0093903_20362966.jpg

これは福岡タワーから見たマリゾンです。
奥の方は結構式場で、手前にお洒落な店が何件かならんでいます。
e0093903_20381148.jpg

オマケの画像
福岡市の山にハリウッドサインのような看板が出現?
実は、これは福岡タワーの窓に「ヒルトン福岡シーホーク」のネオンが映り込んでいるのです。
ガラスに映っているわけすから、文字は逆さまになります。
それをフォトレタッチで反転しました。
e0093903_20561830.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-12-05 20:38 | 夕景・夜景 | Trackback | Comments(12)
今年は、熊本県や大分県で観測史上最大の大雨が降ったと思ったら、今度は沖縄県を史上最大級の台風が通過しているとか?
福岡も、今日は朝から一日中、強い風が吹き、明日も続くとの予報です。
もしかしたら地球が壊れかけているのでしょうか?
そういえば、古代マヤ文明のカレンダーは2012年までしか書かれていなかったそうですね。

ところで、昨日も一昨日も夕方になっても34度の暑さだったので志賀島で最後の夏を満喫していました。
海水浴シーズンは終わったので、少しは人が少なくなっているかと思ったら、夜になっても人が少なく気配はまったくありませんでした。

マリンワールド
e0093903_2132717.jpg
e0093903_2135960.jpg

ザ・ルイガンズ.スパ & リゾート・海の中道
e0093903_216656.jpg

e0093903_2162989.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-08-27 21:08 | 夕景・夜景 | Trackback | Comments(11)
タイトルとは裏腹に、昇り始めの月はオレンジムーンですが、ひと月に満月が二回訪れることをブルームーンと言います。
これは、8月2日に撮ったものですが今月は31日にもう一度満月が訪れます。
これは、極めてめずらしい周期です。

場所は、糸島半島の海釣り公園の近くから撮影していますが、この場所に満月が昇るのは5月と8月の年に2日だけです。
しかも5月は、霞んでいることがほとんどなので、めったにチャンスはありません。
ちなみに、百道浜までの距離は10キロくらいです。

まだ、充分に暗くなっていない時間帯に月が昇りはじめたので、満足のいく写真は撮れませんでした。
理想は、日が沈むのと月が昇り始めるのがほぼ同じくらいの時間です。
e0093903_20324571.jpg

こちらは、日が沈んでから45分後の撮影です。
あともう少し暗くなれば、百道浜の夜景も綺麗に見えてきますが、暗くなると月が明るすぎて輪郭でぼやけてしまいます。
e0093903_202782.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-08-07 20:27 | 夕景・夜景 | Trackback | Comments(9)
特定非営利活動法人地域活性化支援センターが主催する「恋人の聖地プロジェクト」という企画があります。
これは、デートスポットにふさわしいロマンチックな場所を全国から選定するというものです。
主に、夕日や夜景の綺麗な場所が選ばれやすいようで、九州では福岡タワー浜の浦の棚田が選ばれています。

僕なら、この西油山公園を推薦します。
ここは、小高い住宅地の中にあり、百道浜のビル群を眺めるには、ここからが一番格好良く見えると思います。
一番、見晴らしの良い場所にはお立ち台があり、夜景を眺めるのもよし、昼間なら弁当を食べるのも良いです。
また、犬の散歩にも適しています。
場所はこちらです。
e0093903_2235056.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-04-26 22:35 | 夕景・夜景 | Trackback | Comments(9)
日本三大夜景といえば・・・

函館山から望む函館市の夜景
摩耶山掬星台から望む神戸市の夜景、
稲佐山から望む長崎市の夜景。

では新日本三大夜景は?

若草山から望む奈良市の夜景。
笛吹川フルーツ公園から望む甲府盆地の夜景。
そして皿倉山から望む北九州市の夜景です。

北九州市は、長崎市にも劣らないくらい山が迫っているので、夜景な綺麗なところはたくさんあります。
でも、その中でも皿倉山から望む夜景が一番綺麗です。
この日は曇りで霞んでいたのであまり綺麗に撮れていませんが、視界がよければ響灘まではっきり見えて海には漁火が観られることもあります。
皿倉山に登るロープウェイの時間やイベントなどの情報はこちらからご覧になれます。
e0093903_2015429.jpg

画像をクリックすると1200×550ピクセルのパノラマ画像をご覧になれます。
e0093903_2016382.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-03-09 20:18 | 夕景・夜景 | Trackback | Comments(11)
いつも百道浜の写真を撮り続けていますが、先日海の中道を通ったらちょうど干潮になっていて、これまでに気がつかなかった構図を発見しました。
この二枚の写真は、わずか1キロしか離れていない場所から撮りました。
上が内海を入れて、下が外海を入れて撮っています。
同じ場所からでも、レンズの焦点距離と、ちょっと構図を変えるとこれだけ違ってきます。
e0093903_16442369.jpg
e0093903_1644484.jpg

[PR]
by j-machj | 2012-01-21 16:45 | 夕景・夜景 | Trackback | Comments(11)
今年から博多駅ビルが新しくなったのを機に、博多駅前のイルミネーションがパワーアップされました。
天神の警護公園のイルミネーションは、スケートリンクを作るなどして趣向を凝らしていますが、僕の私見では今年のイルミネーションは博多駅の方が勝っているように思えます。
e0093903_20133199.jpg

e0093903_20135614.jpg
e0093903_20141440.jpg
e0093903_20142797.jpg

[PR]
by j-machj | 2011-12-14 20:14 | 夕景・夜景 | Trackback | Comments(13)
北九州市の皿倉山が「新日本三大夜景」に選ばれています。
北九州市は、高塔山や小文字山など他にもたくさんの夜景を見下ろせるスポットがあります。
僕は、まだ皿倉山からの夜景は見たことがありませんが、このブログでもいずれ紹介したいと思ってます。

写真は、八幡西区黒崎の道伯山から撮影しました。
道伯山といえば、ほとんどの人が知らないだろうけども、ここはかって黒崎城があったのです。
今では、わずかに石垣が残っています。

さらに面白いことに、ここは世界も最も標高の低い火山だったのだそうです。
ちなみに、標高は62メートルで車で山頂まで行けますが、そこに至るまでの道のりには、昭和の面影を色濃く残す、生活臭たっぷりの街並みがありました。

山頂からは、眼下に三菱マテリアルの工場が見えて、工場萌えにはたまらないスポットです。
北九州市の夜景スポット
e0093903_17342776.jpg
e0093903_17344535.jpg

こちらは、黒崎の繁華街です。
e0093903_1736327.jpg

e0093903_22274547.jpg

[PR]
by j-machj | 2011-10-23 17:39 | 夕景・夜景 | Trackback | Comments(4)
毎日、蒸し暑い日が続いていますが、梅雨明け直後は綺麗な雲が出ます。
7月6日は、とても綺麗なうろこ雲が出ていたので、さっそく二見ヶ浦に行ってみました。

このまま、日が沈めば空がピンクに染まるはずだったのですが、だんだん雲の形がくずれて、最後には雲がなくなってしまいました。
e0093903_22482511.jpg

そこへ、夫婦岩に沈む太陽を撮ろうと、カメラマンが30人は詰めかけてきました。
e0093903_22504040.jpg

7月9日、再び二見ヶ浦へ・・・
今度は、すじ雲が出ていました。
e0093903_22523312.jpg

日が沈んだ後は、鳥居の前から撮りましたが、夕焼けはイマイチでした。
梅雨明け直後は、1年間の全ての雲が見られます。
雲は、刻一刻と形が変化しているので、いつまで見ていても飽きませんね。
e0093903_2257686.jpg

[PR]
by j-machj | 2011-07-14 22:58 | 夕景・夜景 | Trackback | Comments(2)
「工場萌え」という言葉をご存じでしょうか?
廃墟ブームに続き、今度はコンビナートや工場の夜間照明や煙突・配管・タンク等に重厚な「構造美」を見出だし、工場鑑賞を趣味とする人々が増えてきているそうです。

すすけていて、とても美しいとは思いえない工場の建築群も、視点を変えて見てみれば、美しく見えるということですね。

それなら、素材には不足はない。
何しろ、福岡県には北九州工業地帯がありますから・・・

しかし、これらの撮影ポイントを見つけるのは、そう容易なことではありません。
幸い、僕は北九州市八幡東区の高校へ通っていたので、北九州市にはある程度土地勘がありました。

工場の撮影ポイントを見つけるコツは、まずヤフーがグーグルの地図で工場のある場所をある程度拡大してみます。
次に、地図を航空写真に切り替えれば煙突や製油所のある場所がよくわかります。
それの地点をカーナビにあらかじめ登録しておいて、その地点へカーナビでルート案内させればいいのです。
しかし、工場の夜景観賞ブームに便乗して、今年からJTBが工場夜景ツアーを企画しました。
興味のあるかたは、こちらをクリックしてください。
北九州工場群夜景観賞バスツアー
e0093903_1145664.jpg

写真は全て「三菱マテリアル黒崎工場」です。
e0093903_1152059.jpg

さらに望遠で引き寄せてみると・・・
e0093903_1183316.jpg
e0093903_119133.jpg

[PR]
by j-machj | 2011-07-10 01:19 | 夕景・夜景 | Trackback | Comments(8)