ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

新緑の林道

九州北部地方は、本当によく雨が降っています。
この長雨で写真が撮れないかというと、そうでもありません。
雨にしっとりと濡れる新緑の中を走るものいいものです。
でも、運転にはくれぐれも注意が必要です。

篠栗町・若杉山
e0093903_16203666.jpg

太宰府市・宝満山登山道
e0093903_1622155.jpg

[PR]
by j-machj | 2008-06-21 16:23 | 植物 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kariud.exblog.jp/tb/8169280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by poron_55 at 2008-06-21 16:51
こんにちは。
鬱そうとした杉木立の風景は梅雨時の季節感が出ていますね。
下草のシダ類も緑一面・・・緑萌える初夏の情景を感じます。
Commented by j-machj at 2008-06-21 22:09
poron_55さん、こんばんは。
このシダの群生には、思わず車を停めて靴をマリンブーツに履き替えて林の中に入っていきました。
あと、竹林があったら絵になるだろうなあと思ってのですが・・・
Commented by Kieth-odor at 2008-06-21 22:11
今晩は。2枚目・・・宝満山登山路にこのような場所があるとは・・
竈神社から登り始めてどのくらいの時間を歩いて、この場所にたどり着くのでしょうか?
Commented by J-マッチ at 2008-06-22 00:43 x
kieth-odorさん、こんばんは。
ここは、竈神社から車で10分か15分くらい登ったところでした。
竈神社から登っていく途中、池を過ぎるとジダの生えているところがあります。そのちょっと上に車を充分に停められるスペースがあったので、そこに停めて少し歩きました。
道路から林に少し入らなければいけないので、長靴がいりますよ。
Commented by コイさん at 2008-06-22 12:57 x
こんにちは。Jまっちさんの行くところ、まさに自然の宝庫。2枚目は命の躍動を感じさせます。雨もまた楽しからずや・・・ですね。
Commented by Kieth-odor at 2008-06-22 20:55
J-マッチ さん、今晩は。ありがとうございます。

>ここは、竈神社から車で10分か15分くらい登ったところでした。

〇 と、いうことは・・竈神社に車を駐車しないであの広い駐車場から左に曲がって行けば、池を過ぎるとシダの生えているところがあるということでしょうか?更に細かく質問してみました。
Commented by J-マッチ at 2008-06-22 21:00 x
コイさん、こんばんは。
そろそろ、このブログもネタ切れで6月に撮る写真というのは、少なくなっているわけですよ。
でも、ちよっと発想を変えれば、6月だからこそ雨が素材になってくるわけです。
Commented by J-マッチ at 2008-06-22 21:06 x
kieth-odorさん、竈神社の横に狭い道があります。
この道を入っていって、途中で左に曲がらずに登っていく方の道を走れば、宝満山のかなり頂上に近いところまで車で行けますよ。
道は、ちゃんと舗装されていて、ところどころで対向車とすれ違えるようになっています。
その道の途中で撮影しました。
Commented by boton at 2008-06-23 21:08 x
あ、いいな、そう、雨の中走るのもいいのです。
2枚目マイナスイオンたくさんって感じでいいなぁ。
久しぶりに霧がでて あ、花菖蒲いいかもと思って走りました。
だけど、かなり走らされましたぁ~~
Commented by Kieth-odor at 2008-06-23 22:29
J-マッチ さん、ありがとうございます。
今度行ってみようかどうか迷っています。自転車で下見しようかな~
Commented by J-マッチ at 2008-06-23 22:40 x
kieth-odorさんロードバイクで登山もいいかもです。
車は、竈神社にとめて、そこからロードバイクで出来るだけ頂上まで行く。自転車の方が、景色をゆっくり見られるのでねいい撮影ポイントを見落とさないでしょう。
Commented by J-マッチ at 2008-06-23 22:43 x
botonさん、6月なら雨の中のドライブも悪くないですよね。
濡れたって、寒くもないし・・・
本当は、やまなみから塚原までの緑のトンネルを走りたかったのです。