ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

風に揺れる麦穂

風に揺られて波打っている麦を眺めているのは、とても癒されます。
もし、あなたが疲れているならば、ちょっと郊外に出て麦畑を眺めてみませんか。
「命の洗濯」になりますよ。
1枚目の写真はシャッタースピードを1/15秒にしてわざとぶらしてみました。
2枚目の写真は、1/500秒で動きを止めています。
e0093903_2365885.jpg

e0093903_2371444.jpg
e0093903_2372770.jpg

[PR]
by j-machj | 2008-05-20 23:08 | 植物 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://kariud.exblog.jp/tb/7977083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ねこママ at 2008-05-20 23:15 x
面白い撮り方ですね~。
静寂であるはずの写真から、麦穂のざわめきが生命をもって感じられます。
ねこママが好きなのは3枚目の写真かな。

Commented by ブンブン at 2008-05-21 15:39 x
3枚目?
ムカデがウヨウヨといるような写真がお気に入りですか?

僕は1枚目がいいです。絵画でも、こんな風に描く作者がいますよね。
Commented by ねこママ at 2008-05-21 18:30 x
ブンブンさん、Jさんの写真に対してすっごい失礼なこと言ってるのわかってる?苦笑
ええ、3枚目が好きですね。理由は、麦穂にそれぞれの生命を感じるから。
Commented by boton at 2008-05-21 20:28 x
とっても 疲れていたのが おぉ~~でしたぁ。
ありがとう!
Commented by J-マッチ at 2008-05-21 22:31 x
ねこママさん、こんばんは。
稲穂にしてもそうだけど、躍動感とか生命感を感じさせられます。
でも、やっぱり麦の方が撮りやすいです。
3枚目の写真は、もう少し太陽光線が斜めから当たっていると、もっと輪郭がくっきりと出せたのですけどね。
Commented by J-マッチ at 2008-05-21 22:32 x
ブンブン さん、一枚目の写真油絵のようなタッチでしょう。
これから、農村風景を主に撮っていこうと思います。
Commented by boton at 2008-05-21 22:34 x
botonさん、恐れ入ります。
これからのシーズンに二回に分けて、「魅惑の湯布院」を撮りに行きますよ。
Commented by poron_55 at 2008-05-22 09:42
おはようございます。
麦穂の様子に動きがあって素敵な画像になりましたね。
収穫前の麦穂の様子・・・実るほど頭を垂れる稲穂(いや麦穂)が懐かしいです。
子供の頃に麦を噛んでチューインガムのことも思い出しました。
Commented by コイさん at 2008-05-22 12:52 x
♪誰かさんと、誰かさんが麦畑♪~という歌ありましたよね~あの麦畑なら、きっと二人は楽しいだろうな~なんて、今は遠い昔に想いを馳せました。
Commented by J-マッチ at 2008-05-22 20:45 x
poron_55さん、こんばんは。
何年か前に、富良野に行ったときにラベンダーよりも、麦畑の地平線に見入ってました。
Commented by J-マッチ at 2008-05-22 20:47 x
♪誰かさんと、誰かさんが麦畑♪

これドリフターズが歌っていたんですよね。
この歌は、元歌はスコットランド民謡なんだそうですが、なるほど、そのほうが情景にあっていますね。
Commented by kkoisan at 2008-05-22 22:27
え~っ!ドリフターズ・・?あのカトちゃんですか~そういえば、そうだった・・私はね、若い時に歌声運動に参加してた時に、歌ってたのを思いだしたんだけどな・・
Commented by J-マッチ at 2008-05-22 23:25 x
これは「ライ麦畑を通り抜け」と訳されています。でも日本では全く別の歌詞に置き換えられた 「故郷の空」もあるでしょう。

Commented by ねこママ at 2008-05-22 23:27 x
この歌、「故郷の空」ですよ。
♪誰かさんと、誰かさんが麦畑♪が
♪夕空晴れて 秋風吹き♪となるわけです。
元々は、ドリフが歌っていたような軽快なメロディではないですね。

Commented by ねこママ at 2008-05-22 23:28 x
あら、重なった・・・苦笑
Commented by コイさん at 2008-05-23 16:30 x
「故郷の空」は学校で教わったです。スコットランドの民謡は日本人の音律と似ているので、結構取り上げられていますね。「庭の千草も~虫の音も・・」そうでしたね。うたごえの時の「麦畑」の歌詞が思い浮かばない・・「こっそり、キスして、いいじゃないの~」これもドリフ?
Commented by j-マッチ at 2008-05-23 21:18 x
だって、「蛍の光」がスコットランドの民謡でしょう?

加藤茶が「チュッチュチュッチュしている いいじゃないか」で、ライ麦畑は「こっそりキスした いいじゃないの」です。
Commented by コイさん at 2008-05-23 22:59 x
ハッハッハ・・・麦畑の写真から、いろいろねえ~面白いです。
そうですか・・チュッチュツ・・か。ドリフのは知らなかった~
Commented by ねこママ at 2008-05-24 10:15 x
ライ麦畑の方は、
♪イフアバディ キスアバディ カミングスルーザライ♪で始まりますが、日本語の歌詞となると、ドリフの方しか思いつかない・・・。笑
Jさんもねこママもドリフの世代だから、それしかわかんなかったりするのはしょうがないよね。
しかし、これが何で「夕空晴れて秋風吹き」になるんだか。
Commented by J-マッチ at 2008-05-24 14:50 x
ドリフの歌は、一人ずつ歌うからかならず五番まであるでしょう。
何故か荒井 注が♪僕だって、ミヨちゃんと麦畑♪になってましたよ。

>しかし、これが何で「夕空晴れて秋風吹き」になるんだか。

この方が日本の情景にあってるでしょう。
千 昌夫の「北国の春」は、東南アジア六ヶ国で歌われているそうですが、歌詞はそれぞれの国の風土に変えてありますよ。