ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

空港の菜の花畑

今週初めに、3月下旬並みの気温でとても良い天気が続いてました。
空港の横を通りかかると、菜の花が満開になっていました。
その真上を、すれすれに飛行機が飛んでいきます。
飛行機の窓から見ると、黄色い絨毯の上を飛んでいるように見えるでしょうね。
e0093903_20383282.jpg

e0093903_20395291.jpg

e0093903_2040650.jpg

[PR]
by j-machj | 2007-02-24 00:34 | 植物 | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://kariud.exblog.jp/tb/5212836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by koliusu at 2007-02-24 01:13
飛行機の写真、随分見ましたが、
これはきれいですね、飛行機と菜の花を丁度
同時にピントを合わせているのは、さすがです。
Commented by boton at 2007-02-24 06:37 x
あ、ほんとうにきれい!
こんなに菜の花も咲き始めたんだ。
これ、この飛行機の会社に持ち込んだら、かなりのいいCMポスター写真にもなりうると(¥¥) 朝からあさましい根性を出した私・・・・きれいな菜の花さんごめんなさい<m(__)m>
Commented by opalus at 2007-02-24 14:09 x
春ですねぇ~♪
菜の花きれいですね。子どもの頃遊んだ風景を思い出します。
Commented by もとp at 2007-02-24 15:08 x
すごい良い写真ですね!
思わず空港まで見に行ってみたくなっちゃいました。
菜の花は飯塚方面まで足を運んで見に行ったことがあります。
Commented by J-マッチ at 2007-02-24 21:22 x
koliusuさん、こんばんは。
上の写真は寝そべって広角で、真ん中の写真はしゃがんで望遠で、下の写真は標準で撮影しました。
Commented by J-マッチ at 2007-02-24 21:23 x
boton さん、今日モニターカーのBMWWで志賀島を走ったら、いたるところに菜の花が咲いてましたよ。
Commented by J-マッチ at 2007-02-24 21:26 x
opalus さん、この場所とても好きなんですよ。
季節ごとに色々な花が咲きます。
横の道は、いつもプロドライバーが車を停めて休憩しているし、子供を連れて飛行機を見に来ている人もいます。
Commented by J-マッチ at 2007-02-24 21:29 x
もとpさん、こんばんは。
ここは、空港の敷地内ではなくて、二股瀬交差点の近くなんです。
10月はコスモス畑になりますよ。一度、行ってみてください。
飛行機がものすごい迫力です。
Commented by totorisu。 at 2007-02-26 09:27 x
いや、すごい。大好きな菜の花と懐かしい空港近く。それが一緒になって素晴らしい写真です。botonさんのおっしゃるとおりですよ。照会してみる価値はあると思います。
Commented by J-マッチ at 2007-02-27 00:30 x
totorisuさん、ありがとうございます。
菜の花は、本当に綺麗ですね。そして、開花している期間が長いのも魅力です。
3月中旬以降になると思いますが、次はどんな菜の花の写真が登場するか?お楽しみを・・・
Commented by ブンブン at 2007-02-27 15:16 x
菜の花は、料理してもうめぇ~んだよ!
お浸し、バターソテー、お魚料理の付け合せに、もってこいだ!!
ん? また話のピントがズレてるって?!
Commented by J-マッチ at 2007-02-27 23:59 x
ブンブンさん、こんばんは。僕は完全に洋食党です。
菜の花のバターソテーは知りませんでした。
これにすれば、あの菜の花の苦味が取り除けますか?
Commented by ブンブン at 2007-02-28 12:43 x
お湯を使った野菜の下ごしらえには、「ブランシール」と「ボイル」があります。

沸騰させたお湯に塩少々を入れ、野菜を入れてサッと表面を柔らかくするのが「ブランシール」で、竹串を差し込める程度に茹でるのが「ボイル」。どちらも、茹ですぎは禁物で、すぐ氷水に漬けます。

菜の花の場合は、「ボイル」してから、バターでサッと、香りよく軽く炒めた方がいいです。青臭さも苦味もなくなります。最後に、塩も忘れずに。