ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

飯田高原のすすき(動画あり)

紅葉の季節が終わっても、やまなみハイウェイの飯田高原から熊本県側の北外輪山まで、黄金色に輝くすすきが楽しめます。
太陽が傾き始める午後15時ごろから16時ごろに逆光で見ると綺麗です。

1枚目は、長者原から筋湯温泉に通じる泉水グリーンロードです。
2枚目は、同じ場所から別の角度で撮影したわいた山です。

この山の頂上を境に、熊本県と大分県にわかれています。
この美しい形状から、熊本側では小国富士、大分側では玖珠富士と呼ばれています。
e0093903_17270760.jpg
e0093903_17261609.jpg
ここが飯田高原のメインスポット、長者原のタデ原湿原です。
中間湿原としては国内最大級の面積を誇り、ラムサール条約に登録されています。
e0093903_17263822.jpg
e0093903_17262832.jpg
スマートフォンで、ご覧になる場合は、左上のタイトルをタップしてYouTubeのサイトで、ご覧ください。




[PR]
by j-machj | 2017-11-30 17:42 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kariud.exblog.jp/tb/26228269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tazu at 2017-12-02 08:21 x
おはようございます(^^♪
ドローンによる空撮は、ほんと新鮮な光景を見ることが
できて感動しますね。
それにしてもドローンって安定してますね。
ぶれないし、動きもちょうどいい感じです。
まあ、撮る人が上手いってことでしょうけど。
下からは見えない風景を見るとさらにくじゅう高原の
素晴らしさが増幅しますね。
Commented by j-machj at 2017-12-02 20:13
tazuさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

今回は、九重ということで、ドローンを飛ばすには、恰好のフィールドでしたよ。
このドローンは、ドローンとカメラが一体化されたものではなく、アクションカメラのオプションとしてドローンがついているので、ドローンが傾いてもカメラは常に水平に保ってくれる機能がついています。

重量は1.5キロあるのですが、それをモーターで飛ばしているので、バッテリーの電力は相当なものです。
機体の重量の半分はバッテリーの重さです。
Commented by kazu at 2017-12-04 17:19 x
こんにちは!
今年最後の月は海浜公園にしました 場所は室見川近くで撮影しました

平尾台いいですね~まだ行っていないのでちょっと考えてみたいですね
そうですか 車の近くで撮影出来るのはいいですね 山登りがちょっとキツイと
思って少し敬遠していました 
Commented by j-machj at 2017-12-04 22:18
kazuさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

昨日は、スーパームーンだったのですね。
僕は。高速を走っているときに月が昇り始めて、間に合いませんでした。
平尾台は、鍾乳洞までカルスト台地の中を舗装道が続いていて夜なら、どこに路上駐車しても迷惑にはなりませんよ。
ここは、カップルがよく星を見に来ているらしいですよ。
ここは、山登りといっても本格的な登山ではなくてトレッキングです。
夏は草が伸びて石が隠れてしまうので、今頃が一番良いです。
Commented by blues_rock at 2017-12-06 21:35
こんばんは。
飯田高原(湯坪)になじみの民宿(お宿 叶館)があり、これまで100回くらい(たぶん)お邪魔していますので思い出も多く懐かしく拝見いたしました。
とくに空撮によるビューティフルな秋の飯田高原は、いままでにない光景でした。
空撮による冬の飯田高原の雪景色も美しいでしょうねえ‥されど、冬の飯田高原の道路は、アイスバーンなので危険も伴いますよね。
Commented by j-machj at 2017-12-06 22:52
blues_rock さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

雪化粧した飯田高原や樹氷の牧ノ戸峠の空撮、チャンスをうかがっていますよ。
その前に、先日は平尾台のカルスト台地を空撮してきました。
石灰岩の点在するカルスト台地は、空撮にはおあつらえの場所でした。