ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

やよいの風公園

邪馬台国は、いったいどこにあったのでしょうか?
九州の人は「九州説」を・・・・近畿の人は「畿内説」を・・・・
おたがい地元を支持したくなるのではないでしょうか?

福岡市に、また一つ新たな歴史公園が4月にオープンしました。
ここは、福岡市西区吉武・高木地区にあります。
今のところは、人が少なく静かです。
駐車場は、仮眠をとるプロドライバーや営業車が多いです。

1985年に、高木地区から多くの青銅器が出土しました。
これが、日本最古の王墓として注目され、1993年に国の史跡として指定されました。

この近くを通る県道49号線を西に向かって走り日向(ひなた)峠を越えると、糸島市の広大な田園地帯に出ます。
そこが、「魏志の倭人伝」に登場する「伊都国」があった場所と考えられています。
e0093903_19325334.jpg
さも、この公園のシンボルであるかのように正面にそびえ立っている山は飯盛山です。
麓には誉田別命(ほむだわけのみこと)・伊弉再命(いざなぎのみこと)・玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祭神とする飯盛神社があります。
頂上近くまで車で登って行くことが出来て、山頂からは福岡市の市街地が見渡せます。
e0093903_19331259.jpg
e0093903_19332223.jpg
公園のすぐ横に、コスモス畑がありました。
そろそろ見ごろを迎えていると思います。
e0093903_19324422.jpg
このあたりは、福岡市では数少ない田園地帯で、まわりに遮るものがないので遠くには百道浜のビル群が見えています。
e0093903_19323277.jpg
e0093903_19330184.jpg




[PR]
by j-machj | 2017-10-14 20:06 | 史跡 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kariud.exblog.jp/tb/26110439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]