ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

マリナタウン西福岡

1989年に、福岡市制100周年を記念して、アジア太平洋博覧会(通称よかとぴあ)が行われました。
その会場は、中央区地行から早良区百道までの埋め立て地でした。
博覧会の終了後は、福岡タワーと博物館と西部ガスミュージアムだけを残して都市開発が進められました。
今や、この地区は福岡市でもっとも洗練された街並みといってもさしつかえないでしょう。

時を同じくして姪浜地区の埋め立て地に建設された新興住宅地がマリナタウン西福岡です。
昼間みると、ごく普通のニュータウンですが、夜に姪浜から百道に向かって都市高速で室見川の上を走っていると、まるでSF映画に出て来そうな未来都市のように見えます。
この写真は、室見川を隔てて百道浜海浜公園から撮影しました。

あまり知られていませんが、ここにはかって早良炭鉱が存在しました。
この炭鉱は、大正8年の創業で石油進出によって閉鎖を余儀なくされたのが昭和37年です。
炭鉱があったからにはボタ山も存在していたはずですが、そのボタ山の土が埋め立てに使われたそうです。

炭鉱があったのなら、記念碑とかその痕跡が残っていそうですが、まったくその面影がないのが驚きです。
e0093903_16035821.jpg
e0093903_16041009.jpg
e0093903_16042589.jpg


[PR]
by j-machj | 2017-06-17 16:09 | 夕景・夜景 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kariud.exblog.jp/tb/25853260
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tazu at 2017-06-17 17:40 x
こんにちは(^^♪
j-マッチさんは、いろいろと物知りですね。
炭鉱のこと、知りませんでした。
で、確かにSFの街っぽい感じがします。
夕陽と海面の揺らぎが素敵ですね。
Commented by blues_rock at 2017-06-17 22:00
映画ファンの私には、福岡に良い絵(ショット)の撮れそうな風景が、結構あるように思えてなりません。
とくに、SF映画でリアリティのある近未来都市‥博多湾からのアングルで海も入れたシュールな街の映像は、良いシークエナスになりそうです。
「ブレードランナー」で映した大阪下町の風景をこの秋公開の「ブレードランナー2049」の続編(3作目)あたりで、近未来都市 HAKATAに舞台を映したSF映画を どなたか外国の優秀な監督が、撮らないかなあ‥などと私は、妄想しています。
j-machjさんの ライン・プロデュースなら 海(博多湾)からのアングルとショットは、完璧に撮れるでしょう。(‥と私は思いますよ。)
Commented by j-machj at 2017-06-18 12:25
tazuさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

筑豊の炭鉱跡は、何十年も放置されていましたが、福岡市市内だと、すぐに土地の活用が出来たのでしょうね。
僕は、百道浜が海水浴場だったのは覚えています。
よかとぴあが終わった後も、しばらくはよかとぴあ通りに海の家が残っていました。
Commented by j-machj at 2017-06-18 12:33
blues_rock さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

ブレードランナーの続編があるのですか?
それは、楽しみです。
夜に都市高速で室見川を走る時は、この場所はブレードランナーを彷彿させられました。
最近では、アイランドシティに近未来的な建物が立ちはじめています。
「時計仕掛けのオレンジ」が近未来という設定でしたが、当時としては未来的な建物でロケされているシーンが多かったですね。
百道浜も、アングルによっては近未来都市に見えるような場所が何か所かありますよ。
Commented by to-maku-ru2013 at 2017-06-19 01:52
こんにちは!
ここは小さいながらも絵になりますね~
また、月がいい!!何処から撮影されたのですか?
今日18日寺内ダムと江川ダム そして三連水車を回ってかえって来ました
江川ダムは東峰村へは通行止めでした 今ダム建設工事でした
一応江川では撮影したのですが 鹿が近くにいて落ち着いて撮影出来ませんでした
光害が強くて ここへはもう行く事はないと思います
寺内ダムの入口の神社付近はまだ蛍がいましたよ・・・
三連水車と天の川は撮影しましたが ちょっと明るいですね・・・
やっぱり遠くても久住ですね 笑!
でも 樫原は暗いと今でも思います・・・
Commented by blues_rock at 2017-06-19 04:03
そうなんです、「ブレードランナー」の続編「ブレードランナー2049」が、この秋 10月27日に封切られます。
監督は、いまSF映画を撮らせたら、この人の右に出る者は、いない(と私が思う)カナダの鬼才 ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督です。
「ブレードランナー」の監督リドリー・スコットは、続編の新作では、製作総指揮にまわり、ヴィルヌーヴ監督に一任、全面支援しています。
今週末3日間、西鉄ホールでフランス映画祭が、開催され名優 アラン・ドロン、ジャン=ポール・ベルモント、美人女優 カトリーヌ・ドヌゥーブの往年の艶姿を見ることができます。
Commented by j-machj at 2017-06-19 21:12
kazuさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

この写真は、百道浜海浜公園の駐車場の最も西側に車を停めて、そこから100メートルも離れていない室見川河畔から撮ってます。
いつか、ここで細い月のインターバル撮影をやってみますね。

そういえば、 嘉瀬川ダムで星撮りよさそうです。
ダムだから、それなりに光害はありますけどね。
福岡から、天の川を見に行ける最も身近な所は、やっぱり樫原湿原ですね。
Commented by j-machj at 2017-06-19 21:18
blues_rock さん、こんばんは。

「ブレードランナー2049」は、主演がハリソンフォードなのですね。
2049というのは、ハリソン・フォードの年齢にあわせているのですね。
これは、絶対に映画館で観ます。
活字は進化しませんが、映画は映像が進化するという楽しみがありますからね。
アラン・ドロンの映画では、僕は「ボルサリーノ」が好きです。
ジャン=ポール・ベルモントも共演してましたね。
どこが好きかというと衣装デザインが好きです(笑)