ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

瓜ヶ坂の棚田

瓜ヶ坂の集落は、大浦の棚田から鷹島大橋へ向かう途中、狭い道を登ったり下ったりした所にあります。
ここは、真ん中にある集落の後にも棚田があり、集落が棚田に囲まれた地形になっています。
もっと高いところから俯瞰できれば後ろの棚田も見えるのですが、これ以上高いところには道はありませんでした。

肥前町地区の棚田は、鎌倉時代から江戸時代にかけて先人の人々が営々と作り続けてきたものです。
こんな山の斜面に田んぼを作るのは、稲作以外に洪水や土砂崩れを予防するためでもありました。

ここは、休耕田もかなりありました。
もし全部の棚田に水が入っていて高いところから撮影できれば、もっとダイナミック写真になったことでしょう。

そう遠くない将来には、こういう風景も見られなくなるかもしれませんね。
e0093903_1719265.jpg

e0093903_171915100.jpg

[PR]
by j-machj | 2016-05-18 17:21 | 棚田 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kariud.exblog.jp/tb/24390429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kazu at 2016-05-19 21:51 x
こんにちは!
この棚田は何度か通りましたが、こんな大きかったですかね?歩いて何処かにいったんですか?
今回は扇棚田と前原牧場と夫婦滝へいきました。
しかし、どんなに晴れた夜でも夜中過ぎたら曇り空でがっかりです。
徹夜撮影も大変ですが、空が気になってふた晩寝れませんでした、笑!
今回天の川狙いだったのですが、、、、。


Commented by j-machj at 2016-05-20 00:30
kazuさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

この写真は、超広角で撮っているので、集落が小さくなり、相対的に棚田が大きく見えるのではないでしょうか?
棚田全体を入れるには、APS換算で10ミリが必要でした。

最近は、晴れてはいのも雲が多いですね。
僕は、小郡の味坂の麦畑で撮り鉄をしてました。
Commented by asogasuki at 2016-05-20 20:53
素晴らしい光景ですね
いつまでも残していけたらいいのですけど
毎年ゴールデンウィークに棚田の夕焼けを撮っていた場所が、先の地震で見る影もなくなりました
個人での修復は恐らく不可能でしょう
Commented by j-machj at 2016-05-21 09:43
asogasuki さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

今月末に阿蘇へ行ってみようと思っています。
熊本地震で、熊本の文化財も自然遺産もかなり失われましたね。
「ラピュタの道」も「兜岩展望台」も崩れたと聞いてます。
朝、熊本の通れる道を調べてみたら、むしろ通行止め区間が増えてました。
梅雨に入ると、また心配ですね。
Commented by blues_rock at 2016-05-21 12:47
棚田は、 j-machjさんの云われるとおり日本人が、悠久の歴史の中で営々と作りあげて来たもの、ピンポイントでの世界遺産も大切ですが、九州は云うに及ばず全国の棚田の価値は、日本の歴史遺産と思います。
残念ながら人災(国家の農業政策)で喪失し、重ねて天災(地震や風水害)で破壊されていく棚田を見ると j-machjさんの写真は、歴史の記録と証言をしているように思えてきました。
Commented by j-machj at 2016-05-21 23:11
blues_rock さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

僕は身近に炭鉱があったので、少しだけ炭鉱の写真を撮っていました。
それが、今では貴重な記録となっているので、もっとたくさん撮っておけばよかったと後悔しています。

二度同じ失敗を繰り返さないように、失われていく日本の原風景は、しっかりと撮っておこうと思っています。