ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

水を張った阿蘇盆地の水田(その1)

まるで梅雨よりも先に夏が来たような暑い1週間が終わりました。
そろそろ田植えの季節が始まるので、この機会に避暑?をかねて阿蘇の農村地帯へ行ってきました。

今の時期の阿蘇は、カラッとして暑くも寒くもなく最高に心地よかったです。
日が沈むのが遅いので日帰り温泉館を二か所ハシゴして暗くなるのを待ちました。

一枚目と四枚目は、やまなみハイウェイの熊本側の終点に近い城山展望所から見た阿蘇盆地です。
ここは、大観望と並び阿蘇山を眺める最高の展望スポットです。
e0093903_8121081.jpg

田植えの始まる前の水田は、綺麗に水鏡になりますね。
昼間になると、風が吹き始めさざ波がたって景色が映らなくなるので、水田に映る景色を見るなら早朝がお薦めです。
e0093903_816653.jpg

e0093903_8165141.jpg

曇っていて少し霞んでいたのでコンディションはイマイチでしたが、晴れていれば水田が反射して最高のロケーションになったでしょう。
e0093903_8185227.jpg

[PR]
by j-machj | 2015-05-30 08:21 | 田畑 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://kariud.exblog.jp/tb/23181772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tazu at 2015-05-30 09:12 x
おはようございます^_^
素晴らしい阿蘇の景色ですね。
お風呂を二度入って時間調整とはさすがです。
私は、根気がないので直ぐに帰ってしまいます。
やっぱり、努力しないと良いショットは撮れませんね。
Commented at 2015-05-30 12:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by j-machj at 2015-05-30 18:37
tazu さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

温泉館へ行くのは、昼寝も目的のひとつなのですかよ。
帰りに居眠り運転しないように・・・
しかし、風景写真は天気が全て。
夕方まで待ってみたけども2日目は無駄骨でした。
Commented by asogasuki at 2015-05-31 00:03
阿蘇谷の風景ですね
大涅槃はこのほうが 雰囲気があります
今回は天候に恵まれなかったようで、またおいでください
一年中いろんな絶景に出会えます
Commented by bunbun6610 at 2015-05-31 00:40
物凄い暑さですね。

水を張ったばかりの水田は、
曇りでもいい光景ですね。
銀色の世界に見えますから。
しかも、これは今しか撮れない写真ですね。
Commented by j-machj at 2015-05-31 08:13
asogasuki さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

今回は、南鉄の長陽の鉄橋を俯瞰して撮影できるところを見つけたのが、大きな収穫でした。
ただ、トロッコ列車に会えなかったので真夏になったらまた行きます。
Commented by j-machj at 2015-05-31 08:18
bunbun6610 さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

福岡は、昨日から涼しさが戻りました。
良いタイミングで阿蘇に行ってましたよ。

桜など花は開花情報があるの、行くタイミングをつかめますが、水田はいつ行けばいいのか情報がつかめないし、田んぼに順番に水が入っていくので、とりあえず行ってみるしかないです。
Commented by blues_rock at 2015-06-01 00:51
四季折々、田んぼのある景色は、私の心を和ませます。
田んぼのある景色は、これからも日本人の原風景であり続けるような気がします。
TPP騒ぎの中、田んぼの行く末を(なくなるのではないかと)心配する人たちもたくさんおられますが、単細胞の私は、瑞穂の国日本から田んぼが、なくなる日は来ない、美しいものはなくならないと、のほほんと楽観しています。
Commented by j-machj at 2015-06-01 07:55
blues_rock さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

去年、水田に映る列車を撮って以来、水田の水鏡に魅せられています。
今まで田んぼといえば、実りのシーズンばかり狙っていましたが、どこか藁ぶき屋根が水面に映る場所がないか?探しています。

TPPでも、日本から田んぼはそう簡単になくならないでしょうね。
でも、棚田の休耕田は増えてますので、今月末に島原半島の棚田へ行ってきます。
Commented by andantesss at 2015-06-02 11:54
こんにちは
雄大で美しい水田の風景、癒されます。また
幾何学模様が、モダンなデザイン画のようです。
農家の方々の、水田の維持管理は大変なご苦労と
思います。美しい水田・棚田で取れたお米を購入
するなどして、少しでも役立ちたいです。
Commented by j-machj at 2015-06-02 23:03
andantesss さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

水田がパッチワークのようでもありますね。
阿蘇盆地は、ほとんどが水田で畑は見かけませんでした。
おそらく、湧水が豊富なので稲作が適しているのかもしれませんね。
未来に残したい風景ですね。