ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

宇戸渓谷・大谷渓谷

耶馬渓は、ほとんどの人が知っていると思いますが、宇戸渓谷・大谷渓谷を知っている人はあまりいません。
この渓谷の特徴は、川底に一枚岩が10キロ近く続いていることです。
試しに長靴で1キロくらい歩いてみましたが、ごつごつしたところはほとんどありませんでした。
それほと゛ここは川底が平ペったいのです。

つい最近までジムニーやオフロードバイクで川を走る人がいたようですが、さすがに今はそれは禁止されたようで、車で降りていけないように川の入り口に大きな石が置いてありました。

場所は玖珠インター方面が行くと国道387号線を「宇土の庄」から入って折戸温泉のところへ出ます。
車は、ぎりぎりすれ違える程度なので、サイクリングの方が適しています。
マイナスイオンたっぷりで、思いっきり深呼吸してみると明らかに酸素が濃いのがわかりました。
大谷渓谷には、温泉付きキャンプ場があるのですが、管理棟に誰もいなかったので入浴できませんでした。
場所はこちらです。
e0093903_1047247.jpg
e0093903_10412380.jpg
e0093903_10424773.jpg
e0093903_1043985.jpg

[PR]
by j-machj | 2013-06-16 10:48 | 川・滝 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://kariud.exblog.jp/tb/20661647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tazu at 2013-06-17 05:34 x
おはようございます。
ここはおっしゃるとおり、知りませんでした。
さすがにいろんなところをご存知ですね。
でっかい岩盤が川に露出していて迫力があります。
新緑と水がとても鮮やかで綺麗ですねえ(^^)
Commented by J-マッチ at 2013-06-17 19:26 x
tazu さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

梅雨が明けたら是非・・・
この渓谷に行く途中の「宇土の庄」が食事もできるし温泉もあるので、休憩にちょうどいいです。
Commented by kazu at 2013-06-17 20:43 x
こんにちは^^:
この大谷渓谷はこんなになっていたのですね・・・
私が行った時はこの渓谷の特徴が無く 特に
感慨も無く帰りました ただ、この近くに 庄屋さんの
家みたいなからぶき作りの でっかい家があったのが印象的です 穴を掘ったような所にそれがあったのです・・・唐津へ行ってきました また同じところからの
鉄道写真もとりました。唐津は生憎の曇り空が多かったです・・・^^:
Commented at 2013-06-17 21:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by j-machj at 2013-06-17 22:01
kazu さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

大谷渓谷は、道路からはその良さに気がつきにくいです。
特に車で走っている時は・・・
やはり、一度川の中をじゃぶじゃぶと歩いてみるのがいいです。