ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

河内藤園

このブログで、藤の名所を紹介するのは初めてになります。

藤といえば、藤棚で大抵はお寺か神社の境内にありますが、こじんまりした所が多いです。
しかし、ここは特別です。
日本でも有数の広さを誇る私設の藤園で、藤棚だけでも1000坪もあります。

そしてそれよりも見ごたえがあるのは220メートルはある藤のトンネルです。
他にも、「藤の回廊?」もありました。

昨日までの大雨が、ほどよく花びらが散らしてくれて地面はうす紫のカーペットになっていました。
(5月11日撮影)

場所はこちらです
e0093903_19452628.jpg
映画「第3の男」のラストシーンをここで撮影したら、このようになります。
e0093903_1945529.jpg

奈良県の長谷寺の回廊を彷彿させるようなゆるい坂の上に藤がぎっしりと垂れ下がっていました。
e0093903_1946258.jpg

化粧品のCMのロケに使えそうです。
e0093903_19465930.jpg

[PR]
by j-machj | 2011-05-12 19:49 | 植物 | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://kariud.exblog.jp/tb/14765716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by osshuu at 2011-05-12 21:12 x
こんばんは。
これは・・・すごいですね!初めて知りました。
実際見たらもとすごいんでしょうね。
Commented by J-マッチ at 2011-05-12 22:06 x
osshuuさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

ここは、僕も初めて行きましたが、とても感激しました。
ネットでも「藤の名所」として紹介されているサイトはあまりありません。

実は、ここのオーナーは来園者が増えすぎないようにあえて宣伝をしないのです。
それでも、口コミでそのうち皆が知っている名所になりますよ。
現に、僕もこうやってバラしてますしね。(苦笑)
Commented by bunbun6610 at 2011-05-12 22:12
すごいところですね。
220メートルの藤のトンネル、
それも私設でですか!

藤は僕もずっと前から撮りたいと思っていましたが、
規模の大きな所はあまり無いですよ。

東京で今、注目度が高そうなのは薔薇かな?
Commented by fine88 at 2011-05-12 22:34
なんですかここは( ̄□ ̄;)!!見事な藤棚ですね~。

またまた新たな名所をありがとうございます!
Commented by kitahara at 2011-05-13 06:26 x
藤の開花状況によって入場料が違うようですね。
1,000円だったら満開と知人が言ってました。
Commented by kazu at 2011-05-13 10:21 x
どひゃ~こりゃすごい!
こんな所あるんですね・・・
ぜひ 一度ではなく 何回か行ってみたいです!!
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2011-05-13 16:32
藤の通り抜けとは!
スゴイですね。

長串山公園のつつじも圧巻でした。
Commented by J-マッチ at 2011-05-13 19:55 x
bunbun6610さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

藤園というもの自体が珍しいです。
バラが一番都会的な雰囲気がありますね。
福岡は海の中道海浜公園の薔薇園は、西洋風の庭園の中にあります。
Commented by J-マッチ at 2011-05-13 19:58 x
fine88 さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

北九州までは、そちらからちょっと遠いですが、一度行ってみる価値はあります。
スペースワールドから20分程度なので、そのついでにでもいいでしょう。
Commented by J-マッチ at 2011-05-13 20:00 x
kitaharaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

ここは、絶対に1000円の時に行くべきです。
紅葉の名所でもあるようなので、その時にまた行ってみます。
Commented by J-マッチ at 2011-05-13 20:05 x
kazuさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

ここは、朝一番に行った方がいいです。
1000坪の藤棚の下で弁当も食べられるので、団体さんが多いです。
Commented by J-マッチ at 2011-05-13 20:08 x
TGokuraku-TOMBOさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

これからも、しばらく花の写真が続きそうです。
次はポピーに6月に入れば、菖蒲と紫陽花をどこかへ撮りに行ってきます。
Commented by ねこママ at 2011-05-14 13:06 x
おひさしぶりです。
本当にすごい場所ですね。
垂れ下がる藤の花の描写がちょっと変わっているように思いますが、カメラに何かの操作をされました?

「第三の男」のラストシーンにたとえているのは「う~~ん???」でしたが(笑)CMに使えそうな画像も「第三・・・」にはマッチするように思いますよ。(^^
Commented by J-マッチ at 2011-05-14 13:59 x
ねこママさん、本当にお久しぶりです。
コメントありがとうございます。

>カメラに何かの操作をされました?

これは、単に画質が悪いだけなのですよ。(苦笑)
デジカメの特性として、人物や建物のように輪郭がはっきりしている被写体は得意なのですが、森とかこの藤の花のように重なり合って輪郭があいまいになっているものは苦手なのです。
でも、それが絵画的に見えたりすることもあります。

>CMに使えそうな画像も「第三・・・」にはマッチするように思いますよ。

確かに・・・
「第三の男は、ほぼ水平の角度で撮影されているし、奥行きがまっすぐですからね。


Commented by at 2011-05-14 18:30 x
あ~残念な事に、今日平尾台と北九州空港を走ってきて帰ってからフォトを拝見したところでした。
こんな所があったとは知らなく、綺麗なフォトでまた行く所が増えてしまいました。
Commented by J-マッチ at 2011-05-14 19:58 x
岬さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

いつも事前に紹介できたらいいのですが・・・・
来年は、ぜひ行ってみてください。
ここは、紅葉の名所でもあるので、秋にも行かれるといいです。
Commented by nekotamamako323 at 2011-05-14 20:56
そうなんですか!何も細工されてないんですね。
なのにすごく面白い写真になっているなあ、と感動してしまいました。
おっしゃる通り絵画的というか、油絵のような不思議な味わいですね。
画質の悪さ(?)もまた佳きかなです。
参考になりました。(^^
Commented by kao at 2011-05-14 21:22 x
うんわぁ~~すごいですねぇ~~
・・・しばらく 目がくぎづけでした。

それにしても よくこんなところを見つけ出すものです。
Commented by J-マッチ at 2011-05-14 21:23 x
ネコママさん、こんばんは。

>画質の悪さ(?)もまた佳きかなです

まさにそのとおりなんです。
藤は粒の集合体だから、絵画的になりやすいんです。
山桜の咲く山肌や麦畑も遠景で撮ると油絵のようなタッチになりやすいです。
Commented by j-machj at 2011-05-14 21:52
kaoさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

ここは、最近まであまり知られていなかったようですが、これからは超人気スポットになると思います。

それにしても、まだ見ごろでも地面は薄紫のカーペットになっていてベストタイミングでした。

Commented by kkoisan at 2011-05-15 09:54
美しい!息を飲むような・・・とはこんな形容でしょうね。あとから、あとから花はいろいろ楽しませてくれて、生きている幸せを与えてくれるようです。
藤の香りも素敵でしょう。
7月に又日光に行きます。ニッコウキスゲの咲く霧降高原に会いに行ってきます。地震の怖さもなんのその・・です。(笑)
Commented by J-マッチ at 2011-05-15 20:03 x
kkoisan さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

駐車場に着いた時から、良い香りが漂ってました。

羨ましいです。
ニッコウキスゲの咲く霧降高原いいですねえ。
高名な写真家の写真で見たことがあります。
Commented by pierre1228 at 2011-05-15 21:13
これは想像以上の凄さですね
やはり行けば良かったなぁって感じる藤棚ですね
これで、来年は行くこと確定です♪
Commented by J-マッチ at 2011-05-15 22:08 x
pierre1228 さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

こんなところがあるなんて、去年まで知りませんでした。
かなりユニークな花の名所ですね。
僕も、来年も絶対に行きます。