ブログトップ

九州ロマンチック街道

kariud.exblog.jp

趣味はドライブと写真撮影。愛車はMINIクーパー。ドライブや旅先で見つけた美しい風景を紹介しています。

出迎え

今度は、箱崎埠頭に豪華客船の入港を見に行った時のことでした。
一羽の鷺が、まるで船を出迎えているように、じっと海の方を見つめていました。

どうも、田舎の鷺は警戒心が強くファインダーを覗いただけですぐに逃げ出しますが、都会の鷺はまるで警戒心がないようです。
この写真は決して望遠撮影ではなくて、3メートルくらい離れたところから撮影したものです。
実は、この鷺さんは釣り人から、餌をもらおうと思って決して逃げようとはしなかったのです。
e0093903_20141756.jpg

e0093903_20185071.jpg

[PR]
by j-machj | 2010-06-19 20:14 | 動物 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kariud.exblog.jp/tb/12828981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Yu-1300 at 2010-06-19 23:20
こんばんは、写真を見て、びっくりですよ、こんな、風景を見るのは初めてです。
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2010-06-20 09:07
おはようございます。
楽しい写真ですね。
まるで人間のように見えてしまいます。
現代のイソップ物語が出来そうな感じもしますね。
Commented by J-マッチ at 2010-06-20 20:39 x
Yu-1300 はじめまして。
ようこそ当ブログへおいでくださいました。

これは偶然撮れたものです。
時間は朝7時で、かなり霞んでいて狙っていた写真は絶望的でした。
しかし、この鷺さんに救われました。

Commented by J-マッチ at 2010-06-20 20:41 x
TGokuraku-TOMBO さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

確かにそうなんです。
動物を擬人化しているわけではないけども、本当に動物が人間のように見えてきます。
Commented by fine88 at 2010-06-20 23:36
鷺ってこうして見ると愛嬌がありますね♪
豪華客船を眺める姿も哀愁を感じます^^
しかし豪華客船の存在感はすごいですね。
何かとコラボさせようっていうJマッチさんの心意気ってすごく好きです!
Commented by ブンブン at 2010-06-20 23:50 x
都会ではあるんですよね。
こちらでも何と! つがいのカルガモが
池袋駅前の公園の噴水に飛び込んだり、
おじさんに餌をもらっていました。
見物客や子どもが寄ってきても逃げなかったです。

豪華客船と鷺の組み合わせは面白いですね。
Commented by J-マッチ at 2010-06-21 19:51 x
fine88 さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

この船は65000トンありますが、さすがにこんなのが博多港に入ってきたら圧巻です。
霧の中から蜃気楼のように現れて、その存在をアピールしていました。
Commented by J-マッチ at 2010-06-21 19:54 x
ブンブンさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

何かの本に書いてありましたが、人間によって滅びていく動物もいれば、人間と上手く共存している動物もいるそうです。
人のいるところには、食べ物と明りがあるので、かならずなんらかの動物が澄みつくそうです。
Commented by kao at 2010-06-22 10:28 x
こんにちは
どこかの絵画のようにパラソルをもって立つ貴婦人のごとく。
餌をもとめるあたりは・・・・あまえ上手な鷺さん

ところで、下の写真が怖くて・・・ひゃぁっ気持ち悪い!ってこのブログを開けるのに、勇気がいりました。へびはまったく苦手なんです(><)
Commented by tee-photo at 2010-06-22 14:04
何とも不思議な組み合わせですね〜
>都会の鷺はまるで警戒心がないようです。
そうでしょうね〜
やっぱり人と同じで、動物にも地域性があるんでしょうね(^^
Commented by J-マッチ at 2010-06-22 21:06 x
kaoさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

鷺って、すらっとした姿が優美でしょう。
飛ぶ時も、ゆっくりと羽を羽ばたかせながら飛ぶところが優美ですよね。
Commented by J-マッチ at 2010-06-22 21:09 x
tee-photo さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

本来、豪華客船と鷺の組み合わせは思いつかないでしょう。
しかし、福岡市はどこにでも鷺がいて、どんな風景の中にでも溶け込んでいますよ。